「節分」豆まきのやり方!まく場所の順番と豆まき係

更新日:

冬から春へと「季節が変わる」とき、節分。

季節の変わり目には邪鬼が生じるとされて、平安時代から邪気を払う「追儺(ついな)」が行われてきました。

この追儺の儀式が今の豆まきとなりました。

 

ここでは、

・豆まきの伝統的なやり方
・豆をまく順番
・家族の役割分担(豆まき係など)

についてご紹介します。

Sponsored Links

1豆まきのやり方

初めに、すべての戸や窓を開けておきましょう。

豆まきは奥の部屋から始めて、順番に玄関へ向かいます。最後に玄関から鬼を追い出したら豆まき終了!

玄関まで終わった時には、すべての外へ向かう窓や扉は閉められていて、もう鬼は入って来ることができません。

■まく場所の順番■
1)一番奥の部屋から窓に向かって「鬼は外」と豆をまく

閉めきり係はすぐ窓を閉める

室内に向かって「福は内」と豆をまく

2)玄関の方へと部屋を進んでまいていく

3)最後に玄関から外に豆をまいて玄関を閉める

setsubun_line_character

✔マンションでは

窓から外へまくと下に人がいたり車が停まっていると危険です。

床に向かって思い切り強く豆を投げつけましょう。鬼は迫力に負けて逃げていき子どもは喜びます

■役割分担■
豆まき係
:家長(父)または年男・年女

閉めきり係
:誰でも

鬼係
:パパ?*なくてもよい

1)豆まき係

家長か年男(現代では年女も)が豆をまきます。

家長(世帯主)

豆まきの原型である追儺式(ついなしき)を主催したのは天皇や親王。そこで、家庭でも家長が豆で鬼を払うことになりました。

年男

2018年なら、戌(いぬ)年生まれの年男。

「その年の干支生まれは吉運」とする考え方があり、年男には鬼を追う力があると考えたようです。

現代では、年男・年女ともに、豆まき係をやって家族に幸運を招きます。

力士 豆まき

2)閉め切り係

豆をまいて鬼を追い払ったら、戻ってこれないようにすばやく窓をしめていきます。

大人や、落ち着いたお兄ちゃん・お姉ちゃんがいいのですが、小さい子も面白がってやりたがるかもしれませんね。

3)鬼の係

-1鬼役はいてもいなくてもいい

伝統的に、豆まきに鬼役はいません

鬼は季節の変わり目に生まれる邪気(人間にはどうにもできない災厄)なので、形がないんですね。

鬼

 

-2鬼役をするなら大人が

鬼役は豆を投げつけられる損な役回り。そんな役は子どもには人気がありませんね。

 

鬼は強く!

パパやママは鬼役になったら、つよ~い鬼のパフォーマンスをしてあげましょう。

・・・京都吉田神社、廬山寺などの鬼たちは、初めに雄叫びをあげ金棒を振り回して強さを誇示します。

 

*鬼は怒り(赤鬼)悲しみ(青鬼苦しみ(黃鬼)を象徴しています。

鬼役は、やられる時も派手にやられましょう。

子どもにはこわいものをやっつけるという疑似体験になり気持ちが晴れ晴れ。

 

鬼のお面ダウンロード

ちびむすドリル:けっこう本格的な鬼の面です。塗り絵あり。

ぬりえやさん:かわいめのお面です。塗り絵。

setsubun_akaoni_mame

 

-3「鬼がいない豆まき」も経験させよう

お子さんが小さい家庭では、鬼役がいたほうが楽しいです。

でも「誰もいない夜の窓に向かって豆を投げる」という経験も、少し大きくなったらさせて上げてくださいね。

full-moon-460316_640

鬼のいない豆まきは「ちょっとこわい、よくわからないもの」を追い払うというもの。

お子さんが、自分の心の中の暗いもの、怒りや憎しみ・不安などこわいことに打ち勝つという疑似体験になります。

不安やゆらぎを安全な形で体験できて心を安定させますし、勇気や忍耐力にもつながります。

Sponsored Links

豆まきの時間、用意するもの

1)時間は夜

邪気が生じるのはです。

でも神社や寺の節分会も昼に行われたりしますから、お家の都合のよいときで構いません。

ただ、夜のほうが雰囲気はありますね。

2)用意するもの

1福豆

豆は炒り豆。神棚など高いところ(本棚でも)にしばらく供えましょう。

神さまの気が入って「福豆」になるとされます。

setsubun_mamemaki

2鬼の面・金棒

鬼役になる人がいるようなら、用意しましょう。

金棒は新聞紙をグシャグシャに巻いて作ります。・・・そのまま巻くととても硬くなってしまいます。

ぐしゃぐしゃにしてから巻くと鬼に向かってきた子どもにぶつかっても痛くないやわらかい金棒ができます。

鬼

終わりに

節分の日は、小さい子ほどパパやママに豆を投げて楽しみます。

年齢が上がると乗ってこなくなりますね。

その時は、鬼のいない豆まきを体験させてあげましょう。鬼がいないと、直接、不安や災厄と対峙する気分がかすかながらします。子供には貴重な体験になりますよ^^

*節分や豆まきの由来、豆まき以外の風習についてはこちらをどうぞ。⇒」の由来!豆まきやいわし、おばけの風習は?


Sponsored Links

おすすめ記事

-季節の行事、風習

Copyright© hana's , 2018 AllRights Reserved.