「建国記念の日」とは!意味、建国記念日との違いは?

2月11日は「建国記念の日」

この日に建国したのでしょうか。それに建国記念日だと思っていたのは間違いだったのかな?

日本は「建国記念の日」を制定するのに苦労しました。

 

ここでは「建国記念の日」について

・意味と制定の経緯
・建国記念日でない理由

についてご紹介します。

スポンサーリンク

「建国記念の日」とは

意味、定義

日本の建国を祝う日ですが、国民の祝日に関する法律では次のように規定されています。

建国記念の日
建国をしのび、国を愛する日

 

制定の経緯

もとは「紀元節」:神武天皇即位の日

建国の日は、戦前までは「紀元節」。

「紀元節」とは、神武天皇が即位した日を紀元の初めとしたものです。戦前まで祝日でした。

「古事記」や「日本書紀」によると、初代天皇の神武天皇が即位した日は、紀元前660年の1月1日とされていました。

明治時代に、これを新暦に換算して2月11日を「紀元節」としたのです。

「神武天皇」とは!子どもにもわかりやすい神武東征!

空 トビ

 

祝日に決まるまで戦後21年かかった

第二次世界大戦敗戦から3年、「紀元節」はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部:占領軍)により廃止されました。

その後、「紀元節」と同じ2月11日が「建国記念の日」として国民の休日とされるまでには、戦後21年の歳月がかかりました。

・・・これは「紀元節」の日を「建国記念の日」にすることについていろいろな意見があったためです。

 

1951年頃から、「紀元節」を復活させようとする動きが保守派の中に高まり、立法化の動きがありました。

でも当時は、天皇制に対して賛否両論。

紀元節を残したい自民党と天皇制に関わるものを極力排除したい社会党とは激しく対立。

なかなか意見がまとまりませんでした。

菊 花

「建国記念の日」を祝日とすることが決まったのは1966年

戦後20年以上がたっていました。日にちはその後で政令で定めました。

 

*「建国記念の日」は、もともと神武天皇が即位したとされる日なので、天皇誕生日と同じく日にちが固定されています。2月の第○月曜とかにはなりません。

 

「建国記念日」ではない理由

「建国記念の日」と「建国記念日の違い」

「建国記念日」は文字通り「建国の記念日」です。

「建国記念の日」は「建国を記念する日」。微妙に違いますね。

 

「建国記念の日」になったわけ

「建国記念日」と「の」がつくようになったのは、日本の建国の日がはっきりしないためでした。

たとえばアメリカなら、独立記宣言が交付された日を独立記念日とすることができます。

でも、日本ではいつが建国の日か、はっきりしません。

 

・・・最初の天皇、神武天皇は架空の存在です(神武天皇のように大和を統一した人はいたはずですが)。

大和朝廷という連合政権はいつからあったのか、また「国家」としての形が整った聖徳太子以降にすべきなのか。

それとも平和憲法を公布した日?

 

喧々諤々の議論になってしまいます。

そこで「建国記念日」という名前に落ち着きました。

建国記念の日

クリスマスもキリストの誕生日ではなくて「キリストの誕生を祝う日」です。もとからあった冬至の慣習にあわせて、キリスト教を受け入れやすくしたものでした。

 

終わりに

日本に比べ、アメリカ・カナダ・中国は独立・建国がはっきりしています。

日本の始まりは、はっきりしなくて「とにかく昔からず~っとある」という感じですね。

それで、「建国記念日」をつくることはできず「建国記念の日」に決まりました。

 

これまで日本では、時の権力者は、自ら天皇になることはせず、天皇という存在を利用してきました。

「天皇という重りがあるので、日本という船はずっと転覆しないできた。

中国は歴史の古い大国だが、何度も転覆してそのたびにまったく新しい国を築いてきた。」という日本観もあります。

 

憲法を頻繁に変える国も多いですが、日本では、新憲法が公布されて以後、まだ一度も変えられたことがありません。

「建国記念の日」が、神武天皇が即位した日とされる「紀元節」2月11日に落ち着いたのも、日本らしいことに思われますね。