「節分」の由来!豆まき、いわしやお化けの風習は?

更新日:

節分は立春の前の日。2月3日です。

立春の方が大事そうなのに、なぜ節分の風習が立春よりたくさんあるんでしょう?

それは、季節の変わり目には邪気が生じるから。この邪気から逃れるために昔の人はいろいろ考えたんですね。

 

ここでは

・節分の意味と由来
・豆まきの由来
・節分の風習いろいろ

についてご紹介します。

Sponsored Links

節分とは

意味と時期

節分は、新しい季節に変わる前の日という意味です。

そこで時期は、冬から春に変わる立春の前の日。春から夏に変わる立夏、夏から秋への立秋、秋から冬への立冬の前の日をさします。

「季節を分ける」という意味から「節分」になりました。

しだれ梅

節分は本来は年に4回あるわけですね。

でも、江戸時代に入ると4つの節分の中でも立春の前の日を一番大切にするようになり、他の節分の行事はすたれていきました。

✔季節を分ける基準はなに?

「二十四節気」という中国から伝わった分け方です。太陽の高さで1年を24の季節に分けました。春夏秋冬がそれぞれ6つの節気で成り立っています。

節分の由来

平安時代に始まる

まだ科学が発達せず、災害や不幸は「怨霊」や得体の知れない物の仕業と考えられていた時代。

平安時代には、人々は陰陽道など呪い(まじない)で危難や不安を乗り切ろうとしました。

鬼

季節の変わり目、節分には特に邪気(鬼)が生じると考えられていて、宮中では大晦日と節分には「鬼払いの儀式」を行いました。

これが「追儺(ついな)」と呼ばれる儀式です。

*今も成田山吉田寺ほか豆まきをする全国のお寺や神社では、豆まきの正式名称「追儺式」です。

 

追儺式では、初めは鬼はいなくて、「方相氏」と呼ばれる鬼をはらう人だけがいました。

でも9世紀に入るといつの間にか、この鬼を追う方相氏が鬼として追われるようになって今の豆まきの原型が出来上がっていったようです。

吉田神社 追儺

吉田神社 追儺

豆まきは「鬼の目つぶし」から

上の吉田神社の絵にもあるように、初めは形式的に矢を射ましたが豆を投げたりはしませんでした。

豆を投げるようになったのは、平安時代の「鬼の目つぶし」の伝説に由来すると言われています。

これは、「鞍馬山の鬼が都に出てきてはまちを荒らすので、祈祷をして三石三升の煎り大豆で鬼の目をつぶし、災厄を逃れた」というお話。

鬼

「魔の目」を豆でつぶしたというごろあわせが「魔滅」(魔を滅する)。

鬼に豆を投げつけることで邪気を追い払い無病息災になる、として豆まきをすることになったとされています。

 

また、日本にもともとあった穀物には生命力・魔除けの力があるという穀物への信仰にもマッチして、豆まきが受け入れられました。

力士 豆まき

節分の風習

魔が生じる、鬼がやって来る日なので、その魔除けのためにいろいろな風習があります。

だから、立春より行事が多い!

豆まき

鬼

家庭でも寺や神社でも行われます。

鬼役はいなくても構いません。得体の知れない災厄が鬼。鬼役はいないほうが怖くて真剣に豆まきしてしまいそうです。

⇒「節分」豆まきのやり方!まく場所の順番と豆まき係

恵方巻き

巻きずし

歳神さま(方位の神さま)のいる方角は縁起がいいので、そちらを向いて願い事をしながら巻きずしを丸かぶりすると願いが叶うというもの。

新しく広がった慣習ですが、もう節分といえば豆まきするという人より恵方巻きを食べるという人の方が多くなりました。

⇒「恵方巻」の意味と由来!2018はどっち?

節分いわし

節分いわし

関西では、節分の日に魔除けとして節分鰯(いわし)を飾ります。

焼いた鰯の頭に柊を突き刺したもので、イワシの匂いや柊の尖った葉っぱが魔を寄せつけないとされています。

また、いわしを食べる風習もあります。

弱い魚の鰯を食べて陰の気を消すというものです。焼いて、その匂いで魔を遠ざけるともされるようです。

関西ではいわしは高評価です。

節分お化け

雪女

節分の夜に厄払いとして、普段と違う格好でお寺や神社にお参りします。

オバケではなくて、化けて鬼を惑わせて寄せ付けない仮装です。おばあさんが少女のような髪型にしたり、その逆とか。

ハロウィンとよく似ています! ハロウィンの仮装も、もともとは魔物と同じ格好をして魔物に仲間と思わせ、身を守るものです。

PX

節分お化けは、特に江戸末期から明治にかけて京都で盛んに行われていました。

今、東京台東区の吉原では「節分お化け」異装コンテストが開催されます。なかなかいいですよね。ご覧になりたい方はこちらで。

 

京都では、芸妓さんが時代劇の紛争をしたりスポーツ選手に扮したりしてお座敷に出てこられるそうです。

Sponsored Links

✔節分草

節分の頃にかれんな花を咲かせるセツブンソウ。花は直径2cm位。人気があって乱獲され、今は準絶滅危惧種に。

↓白い花びらに見えるのがガク。黄色い蜜がついているのが花びら。

節分草By Bunjii2 (Own work (本人撮影)) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

 

終わりに

立春の前の日、節分の方が立春より行事が多いのが不思議でしたが、節が分かれる日には魔が跋扈するんですね。

ハロウィンでも、もとは新しい年が始まる前の日で「この世とあの世の境界が薄れて魔物がやって来る」とされていました。新しい年や季節の前は、人間にとって何かしら怖いものだったのでしょうか。

節分の風習もおまじない。でも楽しいおまじないです。

よい節分、そしてよい立春をお迎え下さい。


Sponsored Links

おすすめ記事

-季節の楽しみ

Copyright© hana's , 2018 AllRights Reserved.