淀川花火大会2019日程!おすすめの有料観覧席!

大阪の夏の花火といえば「なにわ淀川花火大会」。例年53万人の人出です。

始まりから終わりまで迫力満点!

ここでは、淀川花火大会の日程や見どころ、おすすめの有料観覧席、観覧船などの情報や注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

日程と会場、アクセス

日程

なにわ淀川花火大会

日程
8月10日(土)
時間
午後40分~8時40分

*雨天決行。荒天中止(台風など相当な風速のとき)。順延なし。

注意!
午後6時までには駅に着くようにしましょう。
6時以降に駅を出ると、開始の7時40分までに、会場に到着できないことがあります。

 

みどころ

淀川の花火は、打上げ場所が、川の真ん中。

川面をはうように花火が広がって見えたり、水中で爆発させて、上半分だけが見える水中花火があったり。

今年2019年は、オープニングの「10号玉5発一斉連続打ち上げ」とフィナーレの「10号玉五重芯変化菊打ち上げ」がすごいらしいです。

2018 なにわ淀川花火大会 オープニング、フィナーレなど

1時間の間に、2万発近くの花火が打上げられて、あっという間にフィナーレへ。

ぜひいい席で見たいですね!

打ち上げ場所

新御堂筋淀川鉄橋~国道2号線淀川大橋の間
・地図はこちら
・会場案内図:なにわ淀川花火大会

 

会場とアクセス

会場は、淀川の両岸。梅田側と十三側に分かれます。

梅田側

JR「大阪駅」から徒歩25分
阪急「梅田駅」徒歩25分
地下鉄「梅田駅」から徒歩25分

*阪神「野田駅」、JR「海老江駅」からも、徒歩15分ほどで梅田会場河川敷。ただ会場のはずれで、鉄橋の向こうに花火が上がります。

十三側

JR「塚本駅」から徒歩12分
阪急「十三駅」徒歩12分
阪急「南方駅」徒歩34分
地下鉄「西中島南方駅」徒歩34分

*阪急「十三」が近い。ただ混雑しています。
*混雑を避けたい方は「南方」駅へ。花火は遠いですが場所取りがスムーズです。

 

駐車場
なし

問合せ先
06-6307-5522(なにわ淀川花火大会運営事務局)
公式サイト なにわ淀川花火事務局

 

有料席のチケットと注意点

花火会場には、無料の「一般無料会場」と有料の「協賛観覧席」があります。

無料の会場は、会場図のグリーンの部分、有料席はオレンジの部分です。

会場案内図

梅田側の「凸版印刷」裏の河川敷は、今年度(2019)は立ち入りできなくなっています。

 

有料席の注意点

注意点

1入場は早めに
6時半以降は入場できないことがあります。払い戻しはありません。早めに会場に入りましょう!

2当日券あり
当日券は例年、塚本駅・十三駅、チケットぴあで販売されます。

観覧席の場所

有料観覧席(協賛観覧席)

・十三側 45,000席ほど
・納涼船 1700席
・梅田側 10,000席

・・・梅田側は、立ち入り禁止区域が広いため、席数が少なくなっています。

・協賛観覧席:会場図

料金比較

納涼船とステージシート以外は、すべて自由席です。

十三側大人前売り
納涼船18,000円
エキサイティングシート9,000円
アリーナシート7,000円
ステージシート9,000円
パノラマ ライトスタンド1~33,500円
パノラマ レフトスタンド1~33,500円
梅田側大人前売り
梅田会場4,500円
ダイナミックシート2,500円

前売り券の購入は、公式サイト協賛観覧席購入から。

 

その他の有料席

すべて十三側で、パノラマシート(レフト、ライトとも)よりも川側になります。

有料席大人前売り
夏ぴあシート5,000円チケットぴあ
イープラスシート5,000円イープラス
読売シート7,800円現地集合解散プラン)お弁当付き
JTBシート4,500円チケットぴあ

読売シートは、ほかに近郊からのバスツアーがあります。

・協賛観覧席:会場図

 

十三側(有料観覧席)

十三側が、梅田側よりも人気があります。

十三側からは、梅田のビル群がバックに見えて、花火がより美しく感じられるんですね。

また、屋台も、十三側にたくさん出ます。

ステージシートからみた花火のようすです。↓

なにわ淀川花火大会 ステージシートからの様子

堤防パノラマスタンド

こちらは断然おすすめ。

ライトスタンド・レフトスタンドとも

前売:3500円
(3才~小学6年生2,000円)
当日券:4,000円
(〃 2,500円)

おすすめ

パノラマスタンドは土手の斜面の席。入場するときにクッションシートをもらいます。

河川敷より高いので花火がすごく見えやすい。前に座っている人の頭が邪魔にならないのもいいですね。

人気の場所

レフトスタンド1が真ん中で一番人気。7/8にはもう売り切れています。

またレフトスタンドは打ち上げ会場からの煙が来ないので快適に花火を楽しめます。

✔注意

1)シートの持ち込みは禁止
2)打上げが始まったら途中退場不可
3)早い者勝ち

エリア指定。そのエリア内は自由席です。つまり早い者勝ち

16時の開場にはすでに人がいっぱい並んでいます。早めに行ってまず並びましょう。

打上げまで3時間近く。時間をつぶせるものを用意してお弁当も持ち込みましょう。熱中症対策もお忘れなく。

花火大会のお弁当!家族でデートで食べやすい人気のレシピ

 

-アリーナシートなど

河川敷のシートです。

アリーナシート
7,000円(3才~小学生4,000円)

エキサイティングシート
ステージシート
9,000円(3才から小学生は5,000円)

 

があってパイプ椅子に座ります。花火はパノラマ席ほどきれいには見えないのですがお弁当お茶付き。

年配の方には腰掛けて見れるのが一番。ご両親を招待する時などに喜ばれそうです。

 

梅田側(有料観覧席)

梅田側からは、梅田のビル群がバックに見えません。屋台も、例年出ていません。

でも十三側では、川のそばに行けるのは、納涼船、なつピアシート、エキサイティングシートなど、座席指定された高額なものが中心です。

梅田側は、全部自由席で、価格も手ごろ。花火の迫力や美しさは圧巻で、梅田側でしか見ないという人たちもいます。

 

梅田会場から見た花火のようすです。↓

なにわ淀川花火大会 梅田会場からの様子

梅田側には、パイプ椅子席の「梅田会場」とクッションシートで観る「ダイナミックシート」があります。

梅田会場

梅田会場は、川に向かって右側です。パイプ椅子の自由席で、早い者勝ち。

梅田会場
前売:4,500円
(3才~小学6年生2,500円)
当日券:5,000円
(〃 3,000円)

ダイナミックシート

川に向かって左側の河川敷です。入場するときに、クッションシートをもらいます。

こちらも、早い者勝ち。

ダイナミックシート
前売:2,500
(3才~小学6年生1,500円)
当日券:3,000円
(〃 2,000円)

開場は17時です。

船(川の上)で見る

1納涼船  

納涼船は、十三側の川岸に固定されています。

高額ですが、大人気。7月中に売り切れることがあります。1回はここから見たいですよね。

打ち上げは、目の前からで、花火が空から降ってきます。

納涼船 18,000円
(3才から小学生10,000円)

指定席です。テーブル・パイプ椅子に、お弁当・お茶つき。

チケット購入は、公式サイト納涼船経由で、オフィシャルシートやチケットぴあなどで。

スポンサーリンク

2淀川花火観覧船

料金:1人3万円
公式サイト: 淀川花火観覧船

淀川大橋から出航します。雰囲気を盛り上げる和太鼓の演奏にお弁当・お茶付き。

花火のきらめきが頭の上に降ってくるような感じです。

3万円の価値あり。家族や恋人との特別な日などに、ぜひどうぞ。

3船を借りて観る

淀川花火の協力船になると、打上げ中に淀川に入ることができます。

協力船になるには一口5万円以上の安全協力寄付金が必要。詳しくは公式サイトで。

淀川花火大会 2019|デートにもおすすめの穴場スポット5つ!
...

まとめ

今年2019年は、凸版印刷裏が立ち入り禁止になり、無料の一般会場が狭くなりました。

迫力と美しさを楽しむためにも、有料観覧席がおすすめです。

十三
:梅田ビル群の夜景をバックに人気。屋台もこちら側。

梅田側
:手頃で、気軽。十三側(十三駅、塚本駅)より、若干混雑少なめ。

どちらにも、固定ファンがいらっしゃいます。

どちらで観ても、思い出に残る感動を体験できますよ。

熱中症にならないように、水分もしっかり補給しながら、お楽しみ下さい!

タイトルとURLをコピーしました