「中秋の名月(十五夜)」の食べものとお供え|月のパワーをいただこう!

中秋の名月(十五夜)ですね。

子どもが喜ぶお団子はもちろんですが、かんたんな祭壇を整えて秋の実りを並べませんか。

季節と自然を感じて、すみきったお月さまのパワーをいただきましょう。

 

ここでは、中秋の名月の食べものとその意味、お供え、お月見のやり方についてご紹介します。

[toc]

スポンサーリンク

中秋の名月の「食べ物」

月を楽しみ、月に祈り、秋の収穫を感謝する中秋の名月。

十五夜ともよばれるこの夜は、空気が澄んでうつくしい満月を見ることができます。

 

この日に食べる月見料理

・月見団子
・秋の野菜・果物
・月見酒

など。これらはみんな、お供えにすることもできます。

1)月見団子

1なぜ団子?

団子は、平安時代より前から、神さまにお供えする神饌の一つ「しとぎ」という餅が、丸い形になったものといわれています。

もともと神さまに供えるものだったんですね。

庶民が、お団子をお供えして月見をするようになったのは、江戸時代半ばになってからだとされます。

 

月見団子は、地域によって意味と形が違います。

2いろいろな月見団子

江戸型:まんまる

東京や、特に昔からの月見団子の形がなかったり、東京から広まった地域ではこのまるいお団子が定番です。

団子の重ね方にはルールがあります。

中秋の名月(十五夜)は
15個3段重ね

子どもたちと一緒に手作りするのもいいですね。

するするすべったり、くっついたり、結構たいへん。楽しめますよ。

簡単「月見団子」の作り方と重ね方

 

ほかにその年の月の数だけ団子を飾るという風習もあります。

✔その年の月の数
:12か13

現代では月の数は12に決まっていますが、旧暦では3年に1回ほど閏月(うるうづき)があるんです。その年には1年が13ヶ月になります。

それで年によって12個飾ったり、13個飾ったりします。

*現代の、2月が29日ある閏年とは違います。旧暦カレンダーで確認なさるといいですね。2020年には4月が2回あります。

 

さて、もともと農民にとっては、里芋の収穫のお祝いでもあったお月見。十五夜を芋名月とよぶこともありますね。

名古屋、関西では里芋に似せたお団子を供えます。

里芋

名古屋:サトイモ型

↓かわいいですね。あんは入っていません。

関西:サトイモ型

↓里芋そっくり。あんこの部分が里芋の皮です(衣かつぎ)。

また、こしあんを腹巻のように巻いた月見団子も、関西で広く売られています。

 

2)月見酒

 

(さかずき)に映る月をぐいっと飲み干す月見酒。

これは、平安時代から。

貴族たちは、池の水や盃に月を映して愛でました。

家の中にいては月は盃には映ってくれませんが、ベランダに出たり、お庭があればトライしてみてください。

 

3)秋の野菜・果物

お月見は、月をめでる風習と秋の収穫を祝う風習が一緒になったもの。

里芋、かぼちゃ、なす、さつまいも、柿など秋の野菜や果物を食べたりお供えします。

(1)生の果物

秋は果物がいっぱい。お好きなものをどうぞ。

(2)野菜の煮物

野菜 煮物

野菜は、かぼちゃや里芋、きのこにごぼう、サツマイモなど。

芋煮などの煮物に限らず、てんぷら、シチューなど洋風もOKです。

(3)炊き込みご飯

栗ごはんや、ぎんなん、きのこの炊き込みご飯もいいですね。

(4)茶碗蒸し

きのこやぎんなんの茶碗蒸し。白だしでちゃちゃっと作れます。

(5)月見うどん、そば

卵の黄身がお月さまに似ているので「月見」と呼ばれるうどん、そば。

ふだんのハンバーグやカレーに、目玉焼きや半分に切ったゆで卵をのせても。

ちょっと手抜きですが^^忙しかったら、これでお月さまを「いただきます!」

中秋の名月の「お供え」

お供えは、神さまに食べ物(神饌)をさしあげるもの。

お供えされた食べ物には神さまの霊力が宿ります。

そのお供え(お下がり)を食べると、人間も神さまの霊力、パワーをいただくことができるとされています。

*ご祈祷を受けると、帰りにお下がりの神饌(お供え物)をいただきますね。削りガツオのパックやおせんべいなどが入っています。

お月さまにも団子やお酒などをお供えして、お月さまのパワーが込められたお下がりをいただきましょう。

 

1)祭壇を作ろう

名月のお月見には、祭壇をつくりましょう。

月にふさわしく、落ち着いた簡素で控えめな壇にします。

・月を眺める窓の近くに

・テーブルに白い布をかぶせたり、お盆を置きます

 

月が見えない部屋なら、壁やカーテンに丸い白い紙をはって月に見立て、部屋を暗くしてランプやキャンドルをつけましょう。

ろうそくの明かりは、より自然に近くて、日常とは違う雰囲気をつくり出してくれます。

 

2)お供えするもの

中秋の名月の食べもののほかに、ススキや秋の草花を供えます。

祭壇に飾るお供え物

・お団子
・酒
・秋の野菜、果物
・ススキや秋の花

 

お団子は三方かお皿に

お団子は三方(さんぼう)か皿に、半紙を敷いて供えます。

三方は、神饌をのせる台です↓*仏教では三宝と書きます。

この上に敷き紙を敷いたり、半紙を斜めに折って置き、団子をのせます。

お団子はくっつくので、紙の上に白玉粉をまいたりラップを敷くのを忘れずに。

 

✔子どもには、お団子の盗み食いをさせてあげましょう!

中秋の名月(十五夜)の意味と由来2018ー「お月見泥棒」

 

野菜は生が基本

神さまには、生のもの丸ごとお供えする(サツマイモとか)ことが一般的です。

神社の祭壇には生の米、野菜や果物、ときには鯛が置いてありますね。

野菜や果物をそれぞれ3種類か5種類ずつ、いろどりよく、かごや鉢にのせましょう。台の大きさに合わせて、果物だけでも構いません。

 

また、伝統的に調理したものをお供えする神社も、伊勢神宮などたくさんあります。

お月さまにも、煮た野菜を差し上げても大丈夫です。

 

ススキ、秋の花もお供えに

お月見の日には、ススキや秋の花がスーパーでも売られています。

ススキは、神さまの依り代(よりしろ:神さまが依って宿るもの)とされていますし、秋の七草のひとつでもあります。

お月見にはぜひ飾りたいですね。

でも手に入らなかったら、ほかの秋らしい花や草でも構いません。

 

3)お供えの並べ方

 

基本の並べ方

・すすき:お月さまに向かって右側。(お月さまから見ると左側。)
・お団子:真ん中
・野菜:月に向かって左側

 

・・・お団子はお米のかわり。お供えでは一番大事なものです。

テーブルや台が小さければ、お団子を奥に置き、残りを手前に並べます。

 

また「お月さまから見て左に自然のものを置く」という考え方が基本です

が、絶対ではありません。

下の写真では、お団子が月に向かって右側、果物がまん中、すすきが左側にかざってありますね。

お月見はもともと月を愛でて夜遊びするもの。

テーブルや台の大きさに合わせて、きれいで収穫の喜びが感じられるように自由に飾りましょう。

お月見の作法

中秋の名月のお月見に決まった作法はありません。

でも神道にならって、少していねいなやり方にすると、心が静まりますよ^^

以下のやり方をご参考に、ご家庭でアレンジしてお楽しみください。

お月見の直前までに
・祭壇をつくる
・お供え物を並べる

 

・・・お月さまへのお供えなので、祭壇を整えるのは日が暮れるころからならいつでも。

お月見の直前でも構いません。*月は、東京で夕方5時半ころには出ています。

日が沈んでから

・家族みんなそろったら、手を清めて(洗って)祭壇の前に座りましょう。

・月に2回おじぎをして柏手を2回打って、感謝や願い事をしましょう。

・また1回おじぎをしてお終いです。

 

お供え物は
・お祈りが終わったら、団子などは下げてみんなで食べましょう。・寝る前には祭壇も片付けてしまいます。

 

・・・神社のお祭りやご祈祷にならえば、お供えは、お祈りが終わったら片付けます。

月の神さまと一緒にみんなで月見料理を食べたら、寝る前に祭壇を片付けましょう。

終わりに

中秋の名月は、月を楽しみ、月に祈り、秋の収穫を祝うおまつりです。

月見団子に月見酒、秋の野菜やくだものを月の神さまに供えて、月のパワーをいただきましょう。

楽しいお月見になりますように。