「中秋の名月(十五夜)」とは|意味と由来、お月見するのはなぜ?

中秋の名月になりました。

いつもスーパーやコンビニのお団子の販売で名月に気づくのですが、日にちが決まっていませんね。

中秋の名月」ってどんな意味でどんな由来があるんでしょう。なぜお月見するのかな。十五夜とはどう違うの?

 

ここでは、中秋の名月について

・意味、十五夜
由来
・十五夜、十三夜、芋名月、栗名月との違い
・風習:月見、お月見泥棒

についてご紹介します。

スポンサーリンク

1中秋の名月とは

中秋の名月とは
旧暦8月15日の月
十五夜のこと

中秋の名月とは、旧暦8月15日の月のこと。

また、月の満ち欠けも15日目にあたるので「十五夜」ともいいます。

 

中秋の名月とは :旧暦8月15日の月

1)「中秋」の意味

旧暦の秋の真ん中の日が、中秋です。

中秋(ちゅうしゅう)とは

旧暦の秋の中日(ちゅうにち)
真ん中の日

旧暦の「秋」は7月・8月・9月。

・・・この「真ん中」は8月。8月の「真ん中」は15日

そこで、8月15日が中秋になり、その夜の月が中秋の月になります。

*「秋」は旧暦8月全体をさすんですよ。旧暦では、7月が初秋、8月が仲秋、9月が晩秋です。

 

2)旧暦8月15日っていつ?

旧暦の日にちは、新暦に直すと毎年変わります。

2019年の旧暦8月15日は
9月13日(金)

 

名月の日が毎年変わるのは、旧暦は1ヶ月が29日、新暦は30日か31日だから。

旧暦では毎年8月15日と決まっているのですが、これを新暦になおすと毎年違う日になってしまいます。

旧暦は太陰太陽暦。日にち部分は太陰暦で、月の満ち欠けの周期(29日くらい)を1ヶ月とします。

新暦は太陽暦。地球が太陽の周りをまわる周期(365日くらい)を1年として12で割ったものです。

 

中秋の名月とは :十五夜

1)いつも十五夜

中秋が、旧暦8月15日ですから、この日は常に「十五夜」になります。

旧暦での日にちの数え方は、月の満ち欠けから。

↓右端が新月:月の初め(1日)

1日:新月(月がまったく見えない
3日:三日月(爪の先くらい)
13日:十三夜(満月までもう少し)
15日:十五夜(満月)
16日:十六夜(ちょっと欠け始め)
十五夜は、毎月あるのですが、お月見する旧暦8月15日だけを、特別に「十五夜」と呼んでいます。

2)十五夜だけど、満月じゃない!

中秋の名月(十五夜)の月は、まんまるに見えます。でも実は、満月ではないことが多いんです。

 

お月さまの軌道は楕円。満ち欠け速度が一定しません。だから、13日目に満月になったり、16日目に満月になったりするんです。

たとえば、今年2019年は、9月13日(十五夜)の月齢は13.8日。満月になるのは、14日から15日にかけてです。*月齢はお昼12時の大きさ。夜にはもう少し大きくなっています。

 

ぴったり15日目の満月という年は、実はなかなかありません。

たいていの十五夜では、月はちょっと欠けてるんですね。

 

2中秋の名月の由来

中秋の名月のお月見には、その由来から

「月を楽しむ」
「月に祈る」
「秋の収穫を祝う」

といった意味があります。時代を追って、由来をみてみましょう。

 

中秋の名月(十五夜)の由来

古代ギリシャ神話の月の女神など、古くから、月は神秘的なもの、信仰の対象とされていました。

日本でも縄文時代から、満月をめでる風習はあったとされます。

中秋の名月として、月を鑑賞するようになったのは、中国で唐(618年~)の時代ころから。

宋の時代(960年~)になると、庶民から上流階級まで月見の宴を楽しんでいました。

 

平安時代には日本にも伝わって、貴族たちが、和歌をよみ雅楽をかなで、お酒を飲んで、盛大にお月見をするようになりました。

貴族のお月見は、月を直接見るというより、盃に映る月影や、船に乗って川面にうつる月の影を楽しむという雅びなものでした。

和歌 

 

でも室町時代には、お月見には、月を拝み、お供えをしてお祈りするという宗教的な要素が加わってきます。

この時代は、南北朝の争いや、ききんで一揆が起こったり、応仁の乱へと続くと隣り合わせの生活。

お月見も、簡素で月に祈る行事に変わっていきました。

*月の神さまは日本神話では月読命(つくよみ)です。月読は「夜の国」と「食べ物」をつかさどります。

 

江戸時代に入ると国は安定し、お月見は一般庶民にも広がります。

日本では、もともと8月15日(十五夜の日)には、里芋の収穫を祝って里芋を食べる慣習がありました。

そこで十五夜には、芋を煮て夜遊びを楽しむようになったんです。(今もお月見のお祭りや屋台では、芋煮が出ることがありますね。)

芋煮

 

江戸時代半ば頃から、十五夜には文机を祭壇にして団子を供えるようになり、今に続いています。

秋の収穫を祝って、月を楽しみ、月に祈る…

中秋の名月のお月見は、子どもたちにも大切に伝えていきたい和の行事ですね。

スポンサーリンク

秋の真ん中:「名月」に好条件

季節的にも、中秋の名月のころには、空気が乾燥。清く澄みわたった月を楽しめる、お月見にぴったりの条件になります。

秋は空が澄んでいる

春は、黄砂が飛んだり「春がすみ」で、空がぼやっとしています。

夏は、湿度が高い太平洋高気圧が、日本をおおいます。水分(水蒸気)は光をさえぎるので、遠くが見えにくくなります。

でも、秋になると、大陸の高気圧が力を増して、空気は冷たくカラッと乾燥。夜空の月が、くっきり見えるようになります。

各地の月の出の時間は、国立天文台の暦計算室「各地のこよみ」でチェックできます。

 

3十五夜・十三夜、芋名月・栗名月の違い

「中秋の名月」「十五夜」「十三夜」、「芋名月」に「栗名月」。

どう違うんでしょう?

中秋の名月・十五夜・芋名月

中秋の名月
=十五夜
=芋名月

中秋の名月は、十五夜と同じでしたね。

ほかにも、この時期に収穫した里芋をそなえることから「芋名月」と呼ぶこともあります。

十三夜、栗名月

十五夜は満月ですが、十三夜には、まだ月は少し欠けています。

この欠けたところが、日本の美意識ではよい、美しいとされてきました。…お茶の器でも、欠けたもの、ゆがみのあるものが名品とされますね。

十三夜は、また「栗名月」とも呼ばれます。

十三夜
栗名月

十三夜は旧暦の9月13日。2019年は、10月11日(金)にあたります。

十三夜は例年10月で、ちょうど、栗の実がおいしくなって、地面に落ちてくる時期。

栗の実を供えてお月見するので、栗名月といいます。

 

お月見の風習

中秋の名月(十五夜)の風習といえば、お月見。でも、お月見するのは、中秋の名月のときだけではありませんね。

また、地域によっては、子どものための特別なお月見の風習があります。

 

お月見の風習

お月見ですること

中秋の名月(十五夜)には、

収穫祭だから
:秋の果物や野菜、草花をお供えします。
月を楽しむから
:団子を食べたり、月見酒を飲んでお月見します。
月に祈るから
:祭壇をつくります。

簡単「月見団子」のつくり方と重ね方!おいしい白玉団子を作るコツ

中秋の名月の食べものとお供え|月のパワーをいただこう!

秋の七草の由来と覚え方!秋を愛でる野の花たち

お月見は2回できる

お月見するのは
:中秋の名月(十五夜)と十三夜

・・・もともと中国では、お月見は、中秋の名月(十五夜)の1回だけ。

でも日本では、十三夜の欠けた月も風流とされ、中秋の名月(十五夜)と十三夜の2回、お月見するのがよいとされました。

*平安時代には貴族が、十五夜と十三夜にお月見していました。

*江戸時代には吉原の遊女たちが、十三夜にも客に通ってもらえるように「片月見」は縁起が悪いとして、2回のお月見をする風習があったそうです。wikipedia

 

子どものための「お月見泥棒」!

「お月見泥棒」って楽しそうな名前ですね。

これは、縁側にお供えしてある月見団子を、地域の子どもが盗み食いしてよい、という風習です。

・・・呼び方はいろいろですが、名古屋市北区、名東区など愛知県の一部から近県、また長崎、東北などに残っています。もとは全国的な風習だったのかもしれませんね。

 

お供えしたものを食べるのは、「神さまの力をいただく」ことですから、子どもには良いこと。

また子どもは、お月さまの使いと考えられていたようです。

そこで、たくさん盗み食いされる家ほど縁起がよい、とされていました。

 

子どもたちに教えてあげたら、きっと大喜びですね!

現代では、月見団子を盗むのではなく、「お月見ください」といって家々を回って、お菓子をもらうことが多いようです。

ハロウィンみたいです。

 

終わりに

私たちの大昔の祖先にとっても、月は満ち欠けする神秘的な存在でした。

中秋の名月(十五夜)は、子どもたちにもお月見の意味や由来を話してあげて、いっしょに自然を感じるとてもいい機会ですね。

おうちの中で、お月見泥棒もさせてあげて^^よいお月見になりますように。

タイトルとURLをコピーしました