「立夏」とは2020! 暦の上では夏、気温も初夏!

「立夏(りっか)」きれいな文字、きれいな響きですね。

立夏は立春と同じ暦の上で季節を表す言葉。暦の上ではこの日から夏になります。

「暦の上では春ですが、厳しい寒さが…」と言われる立春。「立夏」はどうなんでしょう。

 

この時期は、ちょっと暑くて夏と言ってもおかしくない日もあります。

暦は正しい?

 

ここでは

・立夏の意味
・「立夏の候」はいつ頃?
・立夏の頃の気温
・風習や食べ物

についてご紹介します。

スポンサーリンク

立夏の意味と読み方

立夏の意味
「夏の気配が現れる頃」
*季節を表す二十四節気の一つ
読み方
「りっか」

日にち
5月5日
*立夏の期間:5/6~5/19

 

立夏は、これから少しずつ暑くなっていくという意味です。

*「立春」も、春というには寒すぎる2/4ころ。意味は「寒さの底」で、その後少しずつ気温が上がっていくという意味です。

 

この季節の区分は、中国古来の「二十四節気」。

1年を太陽の高さで24等分したものです。江戸時代から日めくりの暦に書き込まれているため、「暦の上では」と言われます。

暦の上での夏

立夏5/5~立秋の前日8/6まで
*立秋8/7

 

「立夏」は旧暦でも同じ日!

旧暦は太陰太陽暦。日付は月の満ち欠けで決まり、二十四節気は太陽の高さによって決まります。

二十四節気は旧暦の太陽暦部分です。そこで、新暦でも旧暦でも立夏は同じ日になります。

*2020年の立夏は、旧暦では4月13日(新暦の5/5)。

 

「立夏の候」はいつ頃?

さて、立夏は5月5日ですが、立夏は次の季節「小満」までの期間も表しています。

手紙やビジネス文書で「立夏の候」を使うときは、この区分に従います。

立夏の期間

5月5日~5月19日

 

立夏の期間はさらに3つの「候」に分けられています。これらも農作業の目安として暦に書き込まれていました。*24節気×3候で72の区分があり「七十二候」といいます。

 

✔立夏の三候

初候:5/5~5/9頃

カエルが鳴き始める頃
西日本では5月上旬頃から鳴き始めます。
次候:5/10頃~5/14頃みみずが地上に這出る頃
みみずが地上に出てくるのは、土の中の温度が高くなったり水浸しになった時
末候:5/15頃~5/19

たけのこが生えてくる頃
たけのこの旬は4月・5月

 

立夏の頃、気温は夏?

立春の頃はまだとても寒いですね。でも、立夏は暑くなります。

ゴールデンウイークの頃には、例年、夏日(最高気温25℃以上)が!

まだ体が暑さに慣れていないので、特に暑く感じます。

 

立夏の頃は暑い!

5月上旬、平年では東京22.2℃と過ごしやすい気候のはずですが…暑くなることが多いです。

東京では、2018年は5月1日~3日と、3日続けて夏日でした。

2019年は、平年並みの予想が出ていますが、平均しての予想なので、もしかしたら夏日があるかもしれませんね。

*夏日:最高気温が25℃以上の日

5月は、気温、体感では、もう初夏です。

スポンサーリンク

立夏の食べ物・風習

立夏の頃は、農作業にとっては大切な時期。まだ作物をだめにする霜が降りる可能性がある頃です。

しかし、霜への備えをうながすためには「八十八夜」という雑節が別に決められ暦にも書き込まれていました。*2020年、八十八夜は5月1日。

そのためか、残念ながら立夏には特別な風習はありません。

 

そこで、立夏の頃の風習や旬の食べ物をご紹介します。

八十八夜:5/1

:茶摘み、新茶

八十八夜は立春を初日として88番目の日の夜。

最後の霜、遅霜がおりて農作物をだめにしてしまう危険がある時期なので、注意喚起のために暦にのせられていた雑節です。

お茶のための日ではないんですよ^^

端午の節句:5/5

:柏餅、しょうぶ湯

立夏の日5月5日は子どもの日。端午の節句でもあります。

 

旬の食べ物

新じゃが
グリーンピース
初鰹(はつがつお)
さくらんぼ

 

✔おすすめ「豆バターごはん」

アツアツの豆ごはんに、バターを少し入れてかき混ぜるだけ!

すごくおいしくなります。

 

終わりに

立夏の時期、5月初めはGWのころ。とても暑い日もあり、またGWのうちどこか1日は必ず雨が降ります。

その後はしばらく暑さは落ち着いて、すばらしい初夏の気候に。

ピクニックやお出かけに最適の季節です。新しい令和の始まり。故郷に帰ってあげたり、新しい仲間たちと一緒に出かけましょう。

タイトルとURLをコピーしました