初任給で親にプレゼント!おすすめ12選、予算とチェックポイントは?

就職おめでとうございます。

いよいよ初めてのお給料。この1ヶ月ほどの苦労が報われた気がしますね。



さて社会人1年目は、服をそろえたり勉強に付き合いにとお金がかかるもの。プレゼントは喜ばれるもの無理のない予算でおくりましょう。



ここでは、両親への初任給でのプレゼントについて、ランキングやネットで人気の贈り物からおすすめをピックアップ。

それぞれのプレゼントでチェックすべき点、喜ばれる渡し方やメッセージなどについてご紹介します。



何をあげても喜んでくれますが、より嬉しい贈り物になるといいですね。

Sponsored Links


1プレゼントランキング

gooランキング1~5位
1 高級レストラン・料亭などに招待
2 国内旅行のチケット
3 ケーキ
4 衣類
5 財布
その他ネット上の情報で人気なのは
・花束
・高級酒
・夫婦セットの食器
・劇場の鑑賞券(お芝居など)
・高級ホテル宿泊券
・Kindle(電子書籍)
・電化製品
・趣味に関するもの
・商品券
・現金

2予算の相場

親と同居しているかどうかで使えるお金が違います。
相場は・同居:1万円~3万円
・自活:3千円~1万円以下
初めての自分で稼いだお金でのプレゼント。

これまでムダ使いを控えてきた両親に、いいもの、高いものをあげたいところですね。

でも、あまり高いものをあげると「こんなに使って…」とかえって心配させてしまいます。



・同居 ~ 家にお金を入れ貯金した残りで大丈夫。自己投資や自分へのごほうびも確保しましょう。

・一人暮らし ~ プレゼントに回せるお金なんかごくわずか。でもその予算でOKです。メッセージをつけて送ってあげましょう。自活している子供の姿でご両親はさらに誇りでいっぱいに^^


3人気のプレゼントを具体的に

人気プレゼントランキングやその他ネットの情報から、おすすめのプレゼントを12にまとめました。

予算やお父さま・お母さまのお好みから喜ばれるプレゼントをお選び下さい。

1)食事

「一緒に食事」というのは、父の日・母の日の人気プレゼントでも常に1位に輝いています。「一緒」が嬉しいんですね。

お店選びは予算に合わせて。ホテルのディナーから、近場の新しい人気のお店まで。ご両親のお好みを優先しましょう。
✔予約のポイント
1)予約する時に「両親に初任給で食事をおごりたい」とおっしゃって下さい。

高級な店だと、主人があいさつに来たり従業員が声をかけます。「このたびはおめでとうございます。よい息子さん/娘さんですね」などと言ってくれてご両親の喜びはいや増します。

2)税・サービス料込みの価格であることを確認しましょう。食べた後で予算オーバーになったら大変。

お店で食事を始める時には両親にお礼の挨拶を忘れずに!

ホテルのディナー

一人1万円位~。折々に安くてお得なプランを提供しています。ネットでチェックなさって下さい。価格に税やサービス料が入っているかも確認を。予約した方が確実。

ホテルのランチ

お得なランチは平日のみ。平日に休みがある方で、ご両親の仕事の休みの日と重なったら是非。

料亭、和食店

料亭には一人4~5万円!がふつうです。高級な和食のお店やホテルの和食店にしましょう。一人1万円位から。予約した方がいい席をとれます。

寿司

:お寿司は時価です。1人前最低で5千円。1人万円くらいはみておきましょう。予約をする際に「合計◯◯円で」とお願いします。ビールや、税・サービス料込みの値段であることを確認しましょう。(「初任給なので」と言ったら恥ずかしくないですよ。)

そば

・1人3千円位から
ご両親がお蕎麦がお好きなら、そば店は狙い目

あまり高額になりません。
手打ちそばに天ぷら・ステーキなどをセットにした本格そば店、ふつうは行かない雰囲気のいい人気のお店が地域にありませんか。

きっと満足してもらえます。

地域の人気の店・新規オープンの店

・価格:いろいろ
新しくて人気のお店に連れて行ってあげましょう。年齢的に、焼き肉よりあっさり系のヘルシーなものを選んだ方がいいかも。
✔物より思い出!でも形に残そう
会食の様子や記念写真をその場でとってご両親の携帯にいれてあげましょう。ご両親が同僚やお友達に自慢できるように^^


2)国内旅行のチケット

とても人気ですが、実は制約も多く使い勝手があまりよくありません。

旅行券や旅のカタログギフトのいいところや今一つなところはこちらをご参照頂ければと思います。

[blogcard url=”http://hanasjoho.com/archives/3190.html”]

旅行なら、いっそ一緒に日帰り温泉はいかがでしょう。

✔日帰り温泉はいかが?

車で行ける距離に温泉はありませんか?

ただ旅行券をあげるのではなく一緒に出かけましょう。

仕事が本格的になると両親と旅行などできなくなるかもしれません。休日も仕事が入ったり休日は家でのんびり過ごしたくなったり。

今の内にちゃんとした温泉の旅館やホテルで日帰り入浴を楽しんでおくといい思い出になりますよ。
入浴と食事のセットで4時間、一人1万円位から。客室でなくホテルのレストランを利用するプランならもっと安くなります。


3)花・スイーツ

お花やケーキは手軽でいいですね。必ず喜ばれます。

でも5月8日(日)は母の日。花やスイーツはその日のためにとっておいても。
花束・アレンジメント
予算:アレンジメント千円以下でも小さいかわいい物が。花束なら千円以上。

お店の方にお母さまの年代を言って「明るい感じ」「やさしい感じ」などに作ってもらいましょう。
ケーキ(スイーツ)
家族みんなでいただきましょう。
あまり凝ったものよりふつうに人気のショートケーキなどを中心に。


4)洋服・財布・ハンカチ

洋服
予算:1着万円~

服を選ぶのは難しいです。プレゼントしても着てもらえないことも多い。そこでポロシャツなど外れない物を選びましょう。(お母さまにはスカーフでも)

遊びのあるデザインは誕生日などにあげることにして、初任給では定番のラルフローレンなど。色もオーソドックスな着やすいものにしましょう。




財布
Sponsored Links

予算:一つ5千円~

財布選びも難しい。また、二人分買うと3万を超えます。

・女性用は、2万円以下で手に入るコーチやキタムラ。

時間があればお母さまと一緒に選びましょう。デパートが一番品揃えが豊富です。



・男性用は仕事の取引先などにも見られるもの。質のよさがポイントです。

2万程度で買えるブランドはポーター。直営店やネットでの購入になります。お母さまとデパートに言った際にお母さまに良さそうな財布を選んでもらっても。


ハンカチ
予算:1枚500円~

予算少なめ、一人暮らしの方におすすめなのがハンカチ。ブランド物が500円台から手に入ります。

何枚かセットにして、遊びのあるものを1枚混ぜても。ハンカチならちょっと面白くても使えます。それに見るたびにあなたのことを思い出してニヤリなさるかも。

デパートでも通販でも3枚ほど選び、ギフト用にラッピングをしてもらいましょう。

5)高級酒

予算:1本5千円くらい~

お酒好きのお父さまならぜひ。お母さまにも^^

6月に父の日がありますが、みんな忘れがち。今、初任給で買ってあげてお相伴なさって下さい。

「飲んでみたいなぁ」とおっしゃっていたものを。わからなかったらお母さまにこっそり聞いてみましょう。


6)夫婦ペアの食器

夫婦箸
3千円くらい~

ネットで購入できます。名入れをしてくれる所もあります。使いやすいシンプルなデザインのものにしましょう。飽きずに使ってもらえます。
ペアグラス
5千円くらい~

ネットで検索下さい。特別なとき用のワイングラスもいいですし、日常的に冷たい麦茶が飲めるようなものでも。プレゼントしたものを使ってくれると嬉しいものです。
ペアカップ・夫婦茶碗
2千円くらい~

かわいい面白いものや、シンプルで飽きのこないものを。


7)劇場鑑賞券(芝居など)

予算:1万円以上(映画1800円)

お芝居やクラシックのコンサートなどはチケットが高くてなかなか行けないもの。もう子供が自立したのですから、楽しんでもらいましょう。

もちろん映画のチケットでもOK。一緒に行けたら付き合いましょう。


8)Kindle(電子書籍リーダー)

予算:9千円(プライム会員なら4千円引き)


ご両親が読書好きなら、アマゾンのタブレットKindleがおすすめです。

軽くて読みやすく、特に中年のご両親には文字の拡大機能がついているのが嬉しい。



*ふつうのKindleより画面が明るいPaper Whiteは時々キャンペーン価格になります。5千円以上安くなることもありますからチェックなさってみて下さい。



よくネットをみる方ならKindoke Fire HDがおすすめ。ふつうのタブレットで読書がしやすい! iPad mini位の大きさでバッテリーも長持ちします。


9)電化製品

予算:5千円くらい~

電化製品は夢はありません。でも、ご両親が誇らしく思うプレゼントの一つ。

・コーヒーメーカー:5千円~
・冷蔵庫や洗濯機:5万円~
・ロボット掃除機:3万円~

予算があれば、家庭で古くなったもの、あるといいものをプレゼントなさっても。使うのはお母さま。お母さまのご意見や希望に従いましょう。


10)趣味の品

お父さま、お母さまの趣味に関わる品物を。

ウォーキングシューズ、コーラスのドレススカートなどなど。


11)商品券・現金



食事や品物の方が喜んでもらえるかも。

でもプレゼントを選ぶ時間がなかったり、何を選んでいいかわからない時に商品券はいいですね。


1全国百貨店共通商品券

長所
全国の大手デパートで使えます。デパートなので格がある感じ。

短所
デパートの商品券カウンターでしか買えません。


2VISAやJCBのギフト券

クレジットカード会社発行商品券です。

長所
ネットで購入・配送可。

短所
せっかくのプレゼントが何となくの買い物に消えることも。

3その他

イーオン、アマゾン、JTBなどのギフト券があります。

[blogcard url=”http://hanasjoho.com/archives/3190.html”]

12)現金

現金を渡したい方もいらっしゃるでしょうね。毎月家に入れるお金と区別してのし袋にいれて渡しましょう。
金額の決め方
:3千、5千、1万、1万5千、2万、3万円に。結婚式やお香典に包まれる金額にならいましょう。四や九、偶数は使われません。(2万円は使われています)

のし袋
:簡易のし袋を。表に「お礼」「感謝」などと印字されたものがあるといいですね。下に自分の名前を書きます(苗字は不要)。

Sponsored Links

表書きでこれはダメ!
「寸志」
:目上の人から目下の人に渡す時の言葉です。
「心付け」
:寸志と同じです。また表書きには使いません。
「志」
:お葬式など弔事に使います。
実家に送るなら
現金は郵便局から現金書留でしか送ることができません。銀行の口座に振り込むことはできますがあまりに味気ない ^^; ちょっと面倒ですが現金入りのし袋を持って郵便局へ。

郵便局で

①現金書留の封筒を買う。簡易のし袋なら普通サイズに入るはずですが、購入する時に局員の方に「これ入りますか」と確認しましょう。

現金入りのし袋を入れて封をし所定の場所に苗字を書いて丸(サイン)。

③損害要償額(入れたお金の額)を書く。書かずに親をびっくりさせたいですね。書かなくても構いません。その際は賠償される額が1万円になります。

④窓口に提出、料金を払います。*ポストには入れられません。
新札?
シワシワでなければふつうのお札で大丈夫。

3挨拶メッセージが一番!

お父さまもお母さまも、もらって一番うれしいのは子供からのメッセージ。

プレゼントに添えるカード・メールをお忘れなく。

そして、一緒に食事する時やプレゼントを渡す時にはお礼の挨拶をおすすめします。

これからは、親戚の集まりなどでもちゃんとした挨拶を求められる場面が出てきます。

照れくさいでしょうが、ご両親にプレゼントするときも、新入社員歓迎会で挨拶したように改まって大人の挨拶をなさいませんか。

ご両親は「こんなに立派になって…」と涙ぐまれるかも^^
お礼の挨拶
食事を始める時、プレゼントを渡す時に

「お父さん、お母さん。

今日初任給をもらいました。


会社では早く仕事を覚えていけるよう頑張っているところです。


これまで育ててくれて有難う。今日は/これは僕/私からのお礼です。

どうぞ楽しんで下さい」

シンプルな挨拶で十分です。*もう少し個性を出したり面白くアレンジなさってくださいね。
メッセージ
親が一番嬉しいのは、いつも変わらず子供からの手紙です。

プレゼントにはメッセージ・カードをそえましょう。「お父さんお母さん、有難う。◯◯(名前)」で構いません。

もっと書けるなら書いて下さいね^^

一人で暮らしていたらメールを送りましょう。



それでは!ここまでご覧いただき、どうも有難うございました。

初任給は嬉しいものの、締めの関係で額が少なかったり、全額出てもいろいろ引かれるのでちょっとがっくりなさったかも。

両親へのプレゼントは無理せず、自己投資や貯金も忘れずに。その方がお父さまお母さまも喜んで下さいます。

メッセージや挨拶で泣かせましょう^^

Sponsored Links

 

シェアする

フォローする