春はいつから!暦で気象庁で生物で、暖かさで?

更新日:

「暦の上では春ですが」って、どの暦?

お正月には「初春のお慶び」といい、4月ころの黄砂を「春霞み」と呼んだり。春って一体いつからいつまでなんでしょう。

 

小学校3年位までは「今の季節は何?」とたずねると

1月初めには自信を持って「春!」
その後、寒いので「冬」に戻り
2月節分が終わった頃にも「春!」

と答えてくれます。*テレビで、お正月にも立春にも「春」というため。

 

ここでは、季節の春がいつからか

1)の上で、旧暦で、気象庁の区分

2)実際の春の天気、気温の変化

3)「桜の開花」や「うぐいすの初鳴き」など自然の変化(生物季節観測)

についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

春はいつから

暦の上での春
:立春~立夏の前の日まで

気象庁の春
:3月~5月

旧暦の春
:旧暦1月~3月

 

1「暦の上」での春とは

「暦の上」での春は、

立春~立夏の前の日まで
2019年は
2月4日~5月5日

*季語の春もこれと同じです。

 

-暦って?

昔の暦(今の日めくりにも)には、日付だけでなく、干支、六曜(大安・仏滅などの運勢)、二十四節気などが書き込まれていました。

この二十四節気の春が「暦の上での春」です。

-二十四節気(季節)とは?

二十四節気は、中国古来の季節の区分です。

・・・立春・春分・夏至・冬至など

日本でも江戸時代ころから使われてきました。太陽の高さで1年を春夏秋冬にわけ、さらに細かく24に分けたものです。

これが暦に書き込まれていたので、「暦の上では春ですが...」と言い継がれています。

いつもちょっと恨みがましい響きがありますね^^

 

✔立春がとても寒いわけ

でも、どうして寒さ厳しい2月4日頃を立春なんて名付けたんでしょう。実際の季節感と違い過ぎますよね。

これは「立春」の定義が、私達の「春の始まり」というイメージと大きく違うからなんです。

「暦便覧」によると立春は

「春の気立つを以ってなり

とされ、春=寒さが増さなくなった時期とされています。*一番寒いのは、全国的に1月下旬。

立春は「冬の寒さが底をうった日」なんですね。寒いわけです。まだ当分寒さは続きます。

 

✔立春の気温は?

2019年立春の頃の気温は平年より高い可能性があります(寒候期予報)。

・・・東京は、平年で最高気温9.7℃、最低気温1.1℃です。

次の日は、最高9.8℃最低1.2℃と、ほんの少しずつ上がっていきます。

 

2気象庁の春

気象庁による春は、

3・4・5月

 

気象庁の春は、私たちの季節感に大体合っていますね。ただ、5月になると夏日もあって、体感としては初夏と言ってもいいほどになります。

 

3旧暦の春

旧暦の春は、

 

旧暦1月~3月

2018年は
2月16日~5月14日まで

 

旧暦の春は新暦に置き換えると、2月から4月くらいで毎年変わります

旧暦の1月は立春に近いことが多く、そこから新年を「初春」と呼ぶようになりました。

*立春などの二十四節気は太陽暦です。旧暦は、日付は太陰暦、二十四節気部分は太陽暦でした。

 

春の天気・気温

春の天気の特徴は「変わりやすさ」です。

1春に三日の晴れなし

「春に三日の晴れなし」といわれるのは、2月終わりころから4月、晴れの日はあまり続かず、天気が日替わりで変わるからです。

春に天気が変わりやすいのは移動性高気圧のため。

高気圧と低気圧がほぼ1週間で交互に日本を進んでいくので、お天気は、晴れ→くもり→雨→くもり→晴れと周期的に変わります。

 

2菜種梅雨

それでは「3日続く雨」もないのかというと、そうではなく、春の長雨が。「菜種梅雨」と呼ばれます。

3月上旬から4月上旬にかけて、梅雨のように雨やくもりの日が続くことがあります。菜種(なたね:菜の花)が咲く頃に降るので菜種梅雨と呼ばれるようになりました。

卒業式や終業式の頃、またお花見の頃も、よく曇って(花曇り)雨になりますね。

 

3春一番

立春から春分までの間に、初めて南から強い風が吹いて気温が上がると、各地の気象台から「春一番」が発表されます。

立春を過ぎて、天気が荒れると「春一番か?」と期待しますが、よく吹くところと吹かないところが。・・・東京や北陸はほぼ毎年吹きますが、東海地方は3年に1回くらいです。

・「春一番」の意味と定義!2019年はいつ?よく吹く地域はどこ?

 

春一番に限らず、春は大風が吹きます。ドアの開け閉めなど、急に手を挟まれたりすることも。

 

4快適な気温になるのはいつ?

寒いと暖かいの分かれ目:15℃

15℃を超えると、厚手のジャケットだけでも過ごせるようになります。

冬の天気予報などで「春の陽気」というときは、大体この15℃以上。東京では、平年で3月下旬の最高気温です。

ただ朝はまだ寒いですね。

気温はいつ頃どう上がる?

1月下旬
全国的に一番寒い時期。

2月
東京は、2月いっぱいは最高気温が11℃以下。ダウンなしではいられません。

3月
10日過ぎ・・・13℃
23日春分の日の頃・・・14℃
28日ころ・・・15℃を超え、昼間はジャケットでも過ごせるようになっていきます。

 

4月
上旬は昼間は16℃くらいですが、朝晩はまだ寒く最低気温は6~7℃。

・・・花冷えの頃。日によって最高気温が2月頃の8~9℃にまで下がります!夜のお花見にはダウンのベストがぴったり。

中旬には20℃
月末には21℃を超えます。

 

5月
どんどん暖かくなって、GWの頃には初夏の気候になります。暦のうえでも、5月5日が立夏。

*昨年2018年も暑く、東京では5月に最高気温25℃以上の「夏日」が19日間もありました。

スポンサーリンク

 

春の生物季節観測:開花・初鳴き

1生物季節観測って何?

気象庁や各地の気象台では、季節の始まりを告げる虫や鳥、花や木を観測しています。

全国で、またその気象台で気候の経年的な変化を比較するためです。

ニュースで「ウグイスの初鳴きが観測されました」とかやっていますね。

ここには、気象庁が定めている花や生き物だけをのせていますが、この他にも気象台によって、トカゲやトノサマガエルなど独自に観測しています。

気象台の職員の方が、時期になると、毎日気象台から半径5km圏内を歩きながら耳をすませ、目視。

ご苦労さまです。

 

2うめ・さくら

開花日の平年値です。

うめさくら
札幌5/15/3
仙台2/274/11
新潟3/154/9
東京1月下旬3月下旬
名古屋2/23/26
大阪2/103/28
広島2/63/27
福岡2/23/23

札幌って、梅とサクラが同じときに咲くんですね。たんぽぽの開花が4月29日で、GWに札幌は一斉に春!

 

3モンシロチョウ・ウグイス・ツバメ

モンシロチョウとツバメは初見日(初めて見た日)、ウグイスは初鳴きの平年値です。

モンシロチョウウグイスツバメ
札幌5/2ーーーー
仙台4/83/94/11
新潟4/83/274/10
東京ーー3月上旬4月上旬
名古屋3/233/113/27
大阪3/31ーー4/4
広島3/263/103/26
福岡3/173/43/24

*東京のモンシロチョウ、大阪のウグイス、札幌のウグイス・ツバメは、気象台近くでは観測されないため、対象になっていません。

冬眠した虫やカエルの目覚めは
・春に目ざめる虫たち!どこで冬眠、いつ出てくる?

 

ウグイスは、メジロに比べるとぐっと地味な鳥。

春の繁殖期には、オスはきれいな鳴き声で自分の縄張りを主張、メスにアピールします。

*お住まいの地域の開花・初鳴きについては、気象庁の生物季節観測の情報をご覧ください。

 

終わりに

春は、気象台の区分では3月~5月。2月はまだ寒くて「暦の上での春」です。

3月近くになると、晴れた日に虫が姿を見せ始めます。

暖かい春までもうしばらく。お元気でお過ごしください。


スポンサーリンク

関連する記事と広告

-天気・自然

Copyright© hana's , 2018 AllRights Reserved.