ラニーニャをわかりやすく!夏は暑く冬は寒くなるメカニズム

更新日:

日本に暑い夏と冬の寒波をもたらすラニーニャ。

エルニーニョと並んで天気予報でよく耳にする言葉ですが、どういう意味なんでしょう。

どうして夏がより暑く冬がより寒くなるのでしょうか。

Sponsored Links

 

ラニーニャってなに?

  • 言葉の意味
  • 日本の天気がどう変わる?
  • 夏暑く冬寒くなるのは何故?

エルニーニョとの違いは?

  • 基本的な違いと日本への影響

1ラニーニャとは?

1)ことばの意味

ラニーニャ:女の子(スペイン語)

エルニーニョは男の子。ちょうどクリスマスの頃に発生するのでイエス・キリストの誕生にちなんで男の子(エルニーニョ)と呼びました。

Image courtesy of digidreamgrafix at FreeDigitalPhotos.net Image courtesy of digidreamgrafix at FreeDigitalPhotos.net
ラニーニャはエルニーニョの反対の現象だから女の子と呼ばれます。

 

現象の意味

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が....平年より低い状態が1年程度続く現象  -気象庁

2)日本への影響

夏:暑い 集中豪雨も
秋:暖秋
冬:寒波 ところにより大雪
春:寒春

3)日本の天候に影響するメカニズム

ふつうの状態

ラニーニャのとき東風(貿易風)が強い

 

東風が強く吹いて暖かい海水が太平洋の西側(インドネシア・フィリピンなど)にたまります

そしてフィリピン海の海水温が上昇

対流が活発になって気圧が低下

フィリピン海の気圧が低くなったので

⇒夏には、日本の東にある太平洋高気圧が張り出してきて暑くなります。

⇒冬には、大陸にあるシベリア高気圧の勢力が強くなります。一方アリューシャン低気圧は平年より西寄り(日本の東側近海)に発生。

日本にとって西高東低の気圧配置が強まり寒くなります。

躍る 女の子

2エルニーニョとのちがい

エルニーニョとラニーニャは男の子と女の子のように反対の現象です。

でもどちらも世界的に異常気象をもたらします。

1)基本的な違い

エルニーニョ:東太平洋の赤道付近(ペルー沖)の海面の水温が平年より高い

出典:気象庁 出典:気象庁

ラニーニャ:東太平洋の赤道付近(ペルー沖)の海面の水温が平年より低い

出典:気象庁 出典:気象庁

2)日本の天候への影響

エルニーニョ ラニーニャ
意味(スペイン語) 男の子 女の子
ペルー沖海水面の温度 高い 低い
夏の天気 冷夏/猛暑 猛暑
秋の天気 暖かい 暖秋
冬の天気 暖冬・雪が少ない 寒波・大雪

エルニーニョとラニーニャは、今年2016年のように続けて起きることもあれば、1年位お休みしてどちらか一方が始まることもあります。

*天気は大体の傾向です。

[blogcard url=”https://hanasjoho.com/archives/3443.html”]

・・・2015年はエルニーニョの影響で世界の平均気温が過去最高になりました。日本も5月は異常に暑かったですね。

でも、夏は、エルニーニョらしく西日本は冷夏、8月下旬から全国的に冷夏になり過ごしやすくなりました。

 

✔もしラニーニャが発生したら

東日本では11月~1月は平年より有意に気温が低くなります。

統計的に有意な差がでることは滅多にありません。暖秋の予想ですがその後本当に寒くなる!可能性が高いです。

 

 

ラニーニャの影響でお天気は?

2016年は11月頃に発生するラニーニャ。

日本はどんな天気になるんでしょう?

ラニーニャの天候は極端。夏はより暑く冬はより寒くなります。

ラニーニャでの日本の天気

・夏:猛暑
・秋:暖秋
・冬:寒波、ところにより大雪
・春:寒春

2010年は 猛暑、暖秋

春にエルニーニョが終息。夏にラニーニャが発生。

この年はそれまでの観測史上最高の猛暑となりました。

・熱中症で2万3千人以上が救急車で搬送。923人が亡くなっています。
・9月は上旬が記録的な高温。
・・・ふつう8月にしかない猛暑日が9月にもあり各地で記録を塗りかえました。

そのまま暖秋となり10月いっぱい平年より高温でした。

熱中症

2013年は 寒春、猛暑

エルニーニョは冬に終わり春からラニーニャに。ラニーニャの影響で春はひどく寒く夏が猛暑でした。

体温なら41℃って意識不明かも?

・全国143地点で最高気温の記録を更新
・高知県四万十市:日本最高の41.0℃
東京:8/11最低気温が30・4℃

 

2015年1月は冬の寒波と大雪

ラニーニャで寒波が。京都にもお正月3が日で20cmの雪がつもりました。

 

 

後記:2016年ラニーニャの発生は8月

 

今年2016年は春にエルニーニョが終わって8月にラニーニャが発生。

9月は残暑が続き、10月中旬まで暖かく暖秋になりました。

その後、ラニーニャでは東日本は特に寒冬になる可能性がありそうです。一方、寒候期予報では西日本が寒くなる予想が出ています。

 

季節本来の暑さ寒さを極端なものにするラニーニャ。

2016年1・2月は暖冬でした。今年2017年は冬らしい冬になりそうですね。


おすすめ記事

Sponsored Links

-天気・自然

Copyright© hana's , 2017 AllRights Reserved.