知りたい楽しみたい生活と人生!

hana's

コナン2017「から紅の恋歌」!大岡紅葉とストーリー予想

更新日:

-「待っとれ 死んでも守ったる」-

名探偵コナン2017劇場版、公開まであと4か月ほど!

コナン公式Twitterによると

舞台は待望の大阪・京都です!

胸がキュッとなる”淡い恋のストーリー”にご期待ください!

特報画像はこちら。

 

大岡紅葉は平次にプロポーズされた婚約者だと言っています。そんなことが本当にあったのでしょうか。

殺人事件の被疑者にもなりそうな大岡紅葉。サンデー12/28にも出てきました。どんな子なんでしょう。敵か?味方か?

平次と安室さん「3人の探偵と百人一首」に紅葉の手先が!和葉に告白どころじゃない

 

さて、今度の脚本は作家の大倉崇裕さん。

コナンのアニメも手掛けたことのある方です。どんなストーリーを作る方なんでしょう。

「から紅」はどうなる?平次の告白は?

 

ここでは、今出ている情報から

・最新!大岡紅葉の個人情報
・平次のプロポーズは本当?
・紅葉は敵?悲劇のヒロイン?
・公開されているあらすじ
・脚本家とストーリー予想

 

について予想をご紹介します。

 

Sponsored Links

 

あの「忍ぶれどっちゅうわけか」から7か月。

和葉のライバル大岡紅葉がサブのヒロインになりそうです。

とても心配。

 

基本情報

題名
「から紅の恋歌」
(からくれないのラブレター)

公開
415日(土)
登場人物
コナン、服部平治
毛利蘭、遠山和葉
大岡紅葉公式サイト:www.conan-movie.jp/

 

1ライバル!大岡紅葉

1)大岡紅葉の個人情報

-1わかっていること

名前:おおおかもみじ
年齢:17歳?高2
住まい:京都

舞妓

・学校:京都泉心高校
・特技:かるた

 

全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会チャンピオン。

上の句の途中で次に来る音を読んで、爆速でかるたをとばす「ちはやふる」の世界。

頭が良くて、運動神経がよく、勝負にでる度胸や忍耐力もありそうです。

-2問題

・かわいい
・幼い頃に平次にプロポーズされたと信じている
・平次と結婚するつもり

結婚

とてもかわいくて「宿里村の鵺伝説」では哀ちゃんに似た感じでした。今回のビジュアルでは違っていますがやはり美人です。

問題は、平次を「ウチの未来の旦那さん」と思っていること!

 

サンデ-最新話12/28に紅葉が!紅葉個人に関する新しい情報はこちらで。

▶関連:平次の最新話「喫茶ポアロで謎解き」!大岡紅葉の手先が!告白どころじゃない!

 

2)平次のプロポーズは本当?

小さい頃のことなので、紅葉のかん違いや覚え違いかもしれません。それとも親が決めたいいなずけ?

でも、実際に平次がプロポーズしたことがあったのかもしれません。小さい子は(そこがかわいいんですが)当てになりません!

3才 女の子

 

3)紅葉は敵?悲劇のヒロイン?

今回の映画「から紅の恋歌」では、紅葉は殺人事件の現場にいたようです。被疑者になりそうです。

紅葉は敵ではなく、彼女自身が狙われていて罪を着せられそうになっている。

それを解決する平次やコナンに絡んで和葉や蘭が危ない!という流れかと思ったのですが、今のところ紅葉は敵のようです。

 

平次に振られることでは、紅葉は悲劇のヒロインになります(断言w)。

Sponsored Links

2ストーリー予想

1)和歌がストーリーを染め上げる

やっぱり百人一首の恋歌が、映画のストーリー・犯人の動機・大岡紅葉の思い、平次・和葉の危機、新一と蘭の関係のすべてを染め上げるのでしょうか。

・「から紅」の歌は、紅葉が川面をおおいつくすというもの。

・4月の「純黒」での予告。たった一つのセリフは「忍ぶれどっちゅうわけか」。

 

誰かのずっと心に秘めてきた想いが、すべてを染めつくすほどに大きく深くなってしまい、本人か他の誰かの犯罪につながってしまった、というような。

哀しい話かもしれません。

紅葉

 

大阪と京都で同時に事件が発生します。

コナンや平次たちがいたのは大阪。大岡紅葉もその場にいたようです。

しかし、同時に京都で発生した殺人事件には大岡紅葉の姿が録画されていました。

 

2)公開されているあらすじ

-1大阪でのテロ事件

大阪日売テレビ爆破事件

・大阪日売テレビで爆破事件が発生
・ビルには平次と和葉だけが取り残される
・コナンが駆けつけ二人は助け出される

 

このとき会場では百人一首界をけん引する「皐月会」による会見が収録されていました。でも犯人はわからないまま。目的もわかりません。

Oneで流れた特報

・コナン君(新一):「服部、死ぬなよ」
・平次が和葉に:「あきらめるのはまだ早いで(?)」

というシーンは、この日売テレビでの爆発のようですね。

 

↓「迷宮の十字路」の下敷き

このとき、コナンたちは大岡紅葉と出会います。

紅葉は「平次は幼い頃にプロポーズされたことがある運命の人」と主張するようです。

平次や和葉の反応はどうなるのでしょう。心配で、楽しみ^^

 

■USJでコナンと平次■
✔「から紅」の前日譚!

大阪USJのリアル脱出ゲーム「追憶の導火線」。から紅で上映される内容の前の話という位置づけです。この女の子が大岡紅葉!?

 

-2京都での殺人事件

大阪で爆破事件があった同じとき京都では殺人事件が。

皐月杯優勝者殺人事件

皐月杯優勝者が殺された
・モニターには大岡紅葉の姿が
・現場にはある「歌」が深々となり続けていて...

動機は?

殺されたのは皐月杯優勝者。でもチャンピオンなのかクイーンなのか不明です。どちらなのかによって犯人の動機は違いますよね。

トリックは?

大岡紅葉はこのとき大阪にいました。

ということは犯人ではない?それともこれが紅葉のトリック。または誰かが紅葉を陥れようとしている?

紅葉が同時に大阪と京都に存在するためのトリックは何なのでしょう。

 

現場に流れ続ける「歌」は「から紅」?

殺害現場に流れる「歌」は百人一首ですよね。その歌詞?は犯人の動機や犯人像に深く関わっているでしょう。

これが「から紅」の和歌?

それとも予告編でしっかり詠まれそうな「忍ぶれど」

 

-3「から紅」の「恋歌」とは

紅葉

✔「から紅」の和歌

紅葉が水面をおおいつくして、龍田川が真っ赤に染まって見える様子を歌っています。

千早(ちはや)ぶる
神代(かみよ)もきかず
龍田川(たつたがわ)
唐紅(からくれない)に
水くくるとは

 

【意味】
神々の時代の昔にも聞いたことがない。龍田川が(もみじで)川を深く鮮やかな赤い色に染めてしまうなんて!

*「くくる」くくり染め(=絞り染め)のためにひもなどでくくること。学校でやった方も?

*龍田川は奈良県斑鳩市を流れる川です。紅葉の名所。

 

作者は、平安時代の歌人、在原業平(ありわらのなりひら)。「古今和歌集」ですぐれた歌人として六歌仙に名を挙げられています。

イケメンだったらしいです^^

 

✔から紅ってこんな色
から紅です。深紅。

*機種によって色が違って見えることがあります。

 

✔「恋歌」ってラブレターのこと?

恋歌はラブレターのことではありません。でももちろん、ちっとも構いません^^

恋歌とは

・和歌の形式
・恋について歌った歌

 

✔「忍ぶれど」も恋歌!

平次が「純黒」の予告で言った「忍ぶれどっちゅうわけか」の「忍ぶれど」も恋歌。

*恋歌って「れんか」と読むのですね。和歌の形式の一種だそうです。

忍ぶれど
色に出にけりわが恋は
ものや思うと人の問うまでー平兼盛

 

【意味】
恋をしていることを隠していたけれど 表情や様子に表れてしまったようだ、人から「恋をしているの?」と聞かれてしまいました。

貴族

これはきっとラブレター。この歌を好きな相手に贈って、想いを伝えたのでしょうね。

3)脚本家から予想

ストーリーの原案からすべてを監修するのは原作者の青山剛昌さん。

そこで脚本家からストーリーは予想できないのですが、どんな感じの映画になるかはちょっと想像できるかも。

今回は新しい脚本家の方です。

脚本:大倉崇裕さん

-コナンでは!

アニメ829話「不思議な少年」の脚本を書いた方です。2016年8月13日放映のアニメオリジナル。

閉店したおもちゃ屋のおじいさんがブーメランを利用して金貸しを殺す話でした。

ブーメラン

 

-推理作家として

大倉崇裕さんはまたフジテレビで放映された「福家警部補の挨拶」の原作者です。

京都出身の推理小説家、脚本家、翻訳家で、創元推理短編賞の佳作や小説推理新人賞を受賞。

「落語シリーズ」「白戸修シリーズ」「福家警部補シリーズ」などたくさんの本を書いていらっしゃいます。

 

作風から予想?

★推理がしっかり

大蔵さんの小説は、東京創元社によると

「作風は多彩だが、丁寧なプロットの魅力と謎解きの面白さは常に一貫している。」

とのことです。

「福家警部補の挨拶」を読みました。特別に強い個性があって全作品を読破したいということはなかったのですが、くせがなくて読みやすかったです。

学習院大学法学部出身。最近のコナン映画に足りない!と言われる「推理」がきっちり描かれそうです。

 

✔大倉崇裕さんがTwitterに投稿されています。

 

4)監督から予想

監督は静野礼文さんで変わらず。静野監督はコナンは7作目。「純黒」で63.1億円(2016.7.15時点)をたたき出した方ですから続投は当然ですね。

「名探偵の推理がない」という批判もありますが、アクションあり感動ありで、推理力が今一つの筆者はとても楽しませてもらいました。

今回もスピード感のある展開でぐんぐん引き付けてくれるでしょう。

 

♥ラブもしっかり

2016年2月のコナン歴代映画人気投票では「迷宮の十字路」が1位になりました。「から紅」も同じメンツですから楽しみですね。

終わりに

サンデーに紅葉が出てきました。これは大変。

 ▶関連:平次の最新話「喫茶ポアロで謎解き」!大岡紅葉の手先が!告白どころじゃない

・・・少年サンデーでは、話が進んでいます。

▶関連:平次と和葉セリフでチェック!恋の進展

・・・平次と和葉のこれまで!


おすすめ記事

Sponsored Links

-コナンほか

Copyright© hana's , 2017 AllRights Reserved.