「太宰府天満宮」の梅2018!見頃と開花状況、アクセスは?

更新日:

太宰府天満宮には梅があるのが当然。

菅原道真を慕って、梅が京から飛んできた場所ですから。

いつ行ってもいいところですが、やはり梅が咲いているととても太宰府らしくて嬉しいものです。

 

ここでは、

太宰府天満宮

・梅の開花時期と見頃
・拝観時間・アクセス・駐車場

・梅酒まつりなどイベント
・おみくじ、お守り
・参道の梅ヶ枝餅

など梅とそれ以外のお楽しみについてご紹介します。

 

Sponsored Links

見頃と開花状況

約200種、6,000本あまりの白梅・紅梅が咲く太宰府天満宮。

ご神木の「飛梅」、境内の梅の見頃は1月下旬から3月中旬です。

飛梅

 

飛梅の見頃

ご神木の飛梅は早咲きの白梅です。毎年境内で一番に開花。

飛梅2018年

開花:2月13日
満開3月上旬
見頃2月末~3月中旬

2018年は2月13日に開花宣言。史上2番目の遅さでした。

寒かった今年の冬。全国的に梅の見頃は遅くなりました。

飛梅、現在の開花状況

3月7日

✔3月10日 飛梅はそろそろ散りはじめたようです。

飛梅に少し遅れる境内の梅は、きれいな見頃です。

 

境内の見頃

早咲きの梅は1月下旬~2月上旬が見頃ですが、全体の見頃は2月中旬以降。

境内の梅

開花 2月中旬
満開 3月上旬
見頃   2月末~3月中旬

境内:現在の開花状況

3月11日 満開

 

最新の梅の開花状況は

・公式サイトで太宰府天満宮からのお知らせ

・社務所に問合せ
092-922-8225(9時~17時)

 

拝観時間・アクセス・駐車場

開門・閉門の時間が季節や月によって変わります。春分の日から変わるとか、いかにも神社らしくていいですね。

拝観時間など

春分の日の前日、3月20日までは、

開門:6時30分

閉門:18時30分
*金曜・土曜は20時閉門

*春分の日3/21から6時開門。*4月から19時閉門

 

拝観料:無料

授与所:開門時間中

おみくじやお守りの授与所は、開門されている間ずっと開いています。

 

■基本情報■

【住所】太宰府市宰府4丁目7番1号
【地図】こちら
【問合わせ】092-922-8225(9時~17時)
【公式サイト】太宰府天満宮

■アクセスと駐車場■

 

電車で

西鉄大牟田線「二日市駅」下車
太宰府線「太宰府行き」に乗り換え
---(5分)---終点 徒歩5分

 

車で

九州自動車道
・「太宰府I.C」から約6Km(約15分)
・「筑紫野I.C」から約5Km(約20分)

都市高速道路2号線
・「水城I.C」から6km (約15分)

 

駐車場

太宰府駐車センター

太宰府市宰府1丁目12-8
・普通車850台 500円
・バイク15台 250円
8時~17時

太宰府パーキング

太宰府市宰府3丁目3-37
・普通車48台:最初の1時間400円、後30分ごと100円
8時~17時

 

Sponsored Links

梅以外の楽しみ

1)イベント

全国梅酒まつりin福岡

全国数カ所、梅の名所で開かれるこのお祭り、若い女性にも大人気です。

梅酒、おいしいですものね。

期間と時間

3月16日(金)10時~19時
3月17日(土)10時~17時
3月18日(日)10時~17時
3月19日(月)10時~16時

*入場は終了の30分前まで。
全国梅酒祭公式サイト

 

曲水の宴

満開の梅のもと、毎年3月第1日曜日に催される「曲水の宴」。

平安時代の貴族たちの歌会の再現ですが、境内で梅の木をバックに舞われる「白拍子の舞」など、本当に美しくみやびです。

 

【期日】3月4日
料金】無料 【受付】11時ころ~
*当日受付のみ

 

観覧席は1,100席。当日受付のみなので早い者勝ちです。

着物を着て観覧する女性もいます。いいですね。

【スケジュール】

12時  社務所出発
12時20分 本殿参拝
13時  曲水の宴
15時頃 終了

 

2)おみくじ・お守り

‐ふつうのおみくじ

自販機で買うふつうのおみくじは、春の梅にちなんでピンク色になりました。

 

‐鷽鳥(うそどり)みくじ

1月7日の「うそかえ神事」で「替えましょ 替えましょ」と交換する、鷽(うそ)という鳥の形をした木彫りのおみくじです。

このおみくじは、授与所でしかいただけません。

うそどりみくじの「うそ」

うそかえは、鷽(うそ:雀の仲間)を嘘にかけて「これまでの悪かったことを嘘にして吉に取り替える」という神事。

でも「うそ」って本当は口笛のこと。

嘘つきのうそではありません。鳴き声が口笛みたいなので口笛という意味の古語「うそ」と呼ばれたそうです。

 

↓かわいい鳥なのでご紹介

 

‐学業御守

やっぱり大宰府天満宮といえばこれ。

いろいろな種類があります。おみやげにどうぞ。

-夢守り

願いをかなえたいなら「夢守り 叶糸(かないと)」というお守りがおすすめです。

ひかえめなのにしっかり主張してる感じで、頼りになりそう。さりげなくつけられますね。

↓叶糸。

-竈神社のお守り、ゲット!

楼門を入ったすぐ右手に、竈神社のお守り授与所があります。

竈神社までは歩いて30分くらい、バスも走っていますが、太宰府天満宮でお守りやお札を手に入れられるなんてうれしいですね。

*本殿参拝のときに、心の中で竈神社の神さまにもごあいさつしておきましょう。

 

祭神の玉依姫命(たまよりひめのひこと)は、魂(玉)と魂を引き合わせる神さま。

縁結びのお守りがいろいろあります。天満宮の叶糸の縁結び版「恋守り むすびの糸」もあります。もちろん、赤い糸^^

異性とのご縁だけではなくて、仕事や仲間、よい出来事とのご縁も結んでくれます。

↓四ツ葉のクローバーお守り。

 

3)参道では

やはり、梅ヶ枝餅。あつあつがおいしいですよね。

参道にお店がたくさんあるので、行き当たりばったりに入ってもそれなりにおいしいです。

でも、ランキングによると「かさの家」「きくち」「やす武」がベスト3のようです。1個ずつ買って食べ比べても?

梅ヶ枝餅

 

終わりに

道真を追って飛んできた飛梅。今も、境内で一番初め、1月に開花します。今年は昨年よりぐっと遅れて1月下旬になりそうです。

・・・見頃は2018年は2月下旬から3月上旬

でも1月下旬からは早咲きの梅が見頃。3月下旬、桜が咲き始める頃にもまだ咲いている梅もあります。

よい梅見になりますように。

「神社の参拝作法」!正しい参り方でご利益ゲット!


Sponsored Links

おすすめ記事

-寺と神社

Copyright© hana's , 2018 AllRights Reserved.