「初詣」の意味、期間はいつまで?やり方は?

更新日:

明けましておめでとうございます。

初詣、行きたいけど人が多そうですね。いつまでなら大丈夫なんでしょう。

元旦だけ?3日まで、それとも1月いっぱい?

 

ここでは、初詣の期間(いつまで)と意味、神社とお寺で違う参拝の作法服装などについてご紹介します。

スポンサーリンク

 

1初詣はいつまで

初詣の期間

初詣の期間に決まりはありません。そこでいろいろな考え方があります。

・・・その年に初めて参拝するならそれが初詣だ、とか1月中のお参りならいい、とする方も。

でもやはり一般には3日までが初詣で、3日までに行けなかったら15日までを初詣とすると良いようです。

 

初詣:一般に1月3日まで。15日までは初詣ということができる

 

1)一般に

お正月三が日と考える人が多く、違和感もないようです。

一般に お正月三が日
:1月1日~3日まで

 

2)神社庁では

神社庁の見解はありません。

でも神社庁の方によると

小正月まで
:1月15日までとする人が多いようだ

 

1月15日は小正月(こしょうがつ)と呼ばれ、お正月の終わりとされていた日です。

神社庁によれば、東京の方も松の内の7日までに行けなくても15日までなら初詣と考えていいようですね。

正月飾り

3)地域の松の内によれば

松の内の期間は地域によって違います。

地域の松の内

東日本~北日本
1月7日まで
西日本
1月15日まで

 

*地域性は大まかな傾向です。現代では同じ地域でも7日と15日が入り混じっていたり家庭によって違ったりします。

 

✔地域によって松の内が違うわけ

もともと江戸時代の初めまで、松の内は小正月の1月15日まででした。

ところが幕府が江戸城下の松の内を1月7日までと決めたため、これが東日本・北日本へと広がり、1月7日までを松の内とするように変わりました。

 

→一方、江戸時代初めは上方(大阪・京都)の方が文化が発展していました。そこで西日本は江戸の影響を受けず松の内の期間は1月15日のまま変わりませんでした。

舞妓

 

屋台や露店はいつまで?

屋台や露店はお正月三が日が中心。人出が多い神社・寺だと4日以降も出店していますが...。

c5ed20decfc1b8815841f1437a3fb519_s

一般的な営業時間

1日:午前0時~深夜まで
2~3日:朝から夜まで
4日以降:なし/昼だけまたは夕方からだけ

*長くて6日くらいまで。

 

2初詣の意味

「詣でる」は「参拝する」という意味です。

初詣とは
:年が明けてから初めて寺や神社に参拝すること

 

もともとは年籠り(としごもり)という慣習から。

・・・年籠りでは、一家の家長が12月31日おおみそかの夜から1月1日元日の朝まで氏神さま(地域の神社)にこもって、「過ぎ去った1年を感謝」「新しい年の無事と平安」を祈りました。

明治始め頃まで行われていました。

今では、元日に新年の無事と平安を祈る部分だけが、初詣として残っています。

神社 

3初詣のやり方

初詣参拝の作法
:神社 二拝二拍手一拝
:寺 一礼一礼

 

1神社での作法

神社では二拝二拍手一拝です。「拝」は腰を90度くらいに曲げる深い礼です。

東京神社庁の映像をどうぞ。

 

2寺での作法

お寺での初詣には、神社ほどはっきり決まった作法はありません。

門を入るときに一礼し、本堂でお参りするとき初めと終わりに一礼します。

 

1)山門の前で、一礼(軽く頭を下る)

2)手水舎で左手・右手・口・左手・ひしゃくを清める

お灯明をともす:ろうそくに火をつけて台に立てる(しない人も多い)

香炉に線香を上げる(有料)

↓浅草寺の常香炉 線香は一束100

浅草寺

3)お参り

お賽銭をあげる

鈴・鐘があれば鳴らす

一礼する

お祈り

一礼:終わり!

3初詣の服装は?

神社や寺への参拝は、本来は神さま仏さまに敬意を表してきちんとした服装をするもの。

初詣も、カジュアルながらも少しだけきちんとした服装で行きましょう。

着物は正装。目にも嬉しいですね。黒っぽいダウンが多いお正月の境内を明るく華やかにしてくれます。

初詣 着物

終わりに

初詣は、できればお正月三が日の間に行きましょう。

でも三が日を過ぎてしまった方、混雑を避けて参拝したい方は、神社庁の方による15日まで大丈夫です。

よい一年になりますように。


スポンサーリンク

関連する記事と広告

-季節の行事、風習

Copyright© hana's , 2018 AllRights Reserved.