南禅寺の紅葉2022|見頃の時期とライト・アップ、周辺紅葉スポット

禅宗のお寺「南禅寺」。京都五山の別格として上に置かれた、日本で最も格式の高い禅寺です。

境内には水路閣や三門、周辺には「蹴上インクライン」「哲学の小道」と観光スポットも多く、祇園や清水寺へも、歩いていくことができます。

今年2022年もライトアップはお休み。

でも、南禅寺の三門水路閣天寿庵の紅葉は捨てがたい美しさです。

南禅寺で昼の紅葉を堪能した後、おとなりの「永観堂」ライトアップにまわられたらいいですね。

ここでは、南禅寺の

紅葉の見頃
ライトアップ
・永観堂など周辺の紅葉スポット

についてご紹介します。

1紅葉の見頃

1)見頃の時期・時間

京都気象台のかえでの紅葉(大部分が赤く色づく)は平年11月20日。南禅寺も同じ頃です。

秋の葉の色づきは、気温の影響を受けます。寒いと紅葉が早まり、あたたかいと遅くなりがち。

気象庁の1カ月予報では、京都の11月中旬の気温は「平年並より高い」確率が70%。19日から25日も「高い」が60%です。*11月26日からの予想は「低い」が40%になります。

・・・今年の見頃も、11月中頃からか少し遅めでしょうか。

2022年見頃の時期
11月12日(紅葉と緑が入り混じり)~12月3日

色づき始め
:11月初め
落葉
:11月末~

11月末から落葉が始まり、12月に入ると、紅葉がきれいに地面に散り敷きます。

12月上旬は、まだ木に紅葉も残っていて、秋の終わりの美しさがつづきます。

 

―2022年現在の情報

11月15日
見頃です。紅葉まっさかりにはもう少しですが、みどりから黄色、赤へのグラデーションがきれいです。燃えるように真っ赤に色づいたところもあります。

 

最新の紅葉情報は

・南禅寺公式Twitter
Twitter でみんなの声を
JRおでかけネット紅葉だより*500mほど離れた永観堂の紅葉情報があります。

 

2)紅葉がきれいな所

紅葉スポット
・門を入って→三門→法堂まで
・水路閣から南禅院の周囲

入り口の中門から三門をぬけ法堂の裏まで。三門に上ると、境内の紅葉を見渡せます。おすすめです。

もう一か所は、水路閣から南禅院の周囲です。

・南禅寺「境内案内図」

3)紅葉を見る時間

境内には、いつでも無料で入れます。

南禅寺の拝観時間と所要時間

おすすめの時間帯は、お日さまの光が斜めにさす、朝か夕方。紅葉が、くっきりと美しくみえます。

 

三門・方丈庭園・南禅院は、有料。11月は拝観時間が変わります。

三門・方丈庭園・南禅院

平日
8時40分~17時
(受付は16時40分まで

土日祝日*祝日は3日・23日
8時40分~17時15分
(受付は16時55分まで

 

✔人出のピークは?

今年はたくさんの人が訪れています。久しぶりですね。

一番きれい・一番混雑
11月
19日(土)
20日(日)
23日(水・祝)
11月20日~23日がピーク

人出のピークは、例年11月23日「勤労感謝の日」前後の連休です。

 

2ライトアップ

天寿庵は、南禅寺を開山した無関普門(大明国師)の塔頭(たっちゅう)。師の死後、その徳をしのんで建てられました。

↓昼間の天寿庵!

 

例年は、ライトアップは天授庵だけ。庭園がライトアップされます。

南禅寺天寿庵ライトアップ

2022年は、中止です。

 

おとなりの永観堂は、今年2022年も夜間ライトアップが実施されます。

南禅寺の天寿庵は、昼間でも紅葉が美しいところですから、昼から夕方に、南禅寺で紅葉狩り。

その後、かるく湯豆腐でも食べて、永観堂のライトアップへどうぞ。

永観堂など:周辺の紅葉スポット

-永観堂

南禅寺のおとなり(北側)の永観堂のライト・アップは、特に混雑します。

開門時間に入れるようにと並んで待つと、1時間以上待つこともあります。

早く行って並ぶか、または遅め行きましょう。

永観堂 お昼の拝観(秋の寺宝展期間中)
【期間】11月5日(土)~12月4日(日)
【開門時間】9時~17時(受付16時まで)
【拝観料】一般1000円 小中高生400円

 

永観堂 ライトアップ

期間
11月5日(土)~12月4日(日)
時間
1730分~21時
20時30分受付終了)
拝観料
:中学生以上 600円

 

永観堂 「お知らせ」

-清水寺

南禅寺とはまた趣の違う、迫力のある清水寺の紅葉ライトアップもいかがでしょう。

南禅寺から清水寺までは3.5km。バスと徒歩で40分、徒歩で1時間ほどです。

まとめ

今年の南禅寺の紅葉の見ごろは、平年並みに11月中旬から。人出は、19日・20日から、いちばん多くなるでしょう。

楽しい紅葉狩りになりますように。