知りたい楽しみたい生活と人生!

hana's

「ハロウィン」男の子の仮装!0才のベビーがかわいいのは?

更新日:

まだ赤ちゃんでもハロウィンの雰囲気を味あわせてあげたいですね。

それにママ友とハロウィンパーティがあると子どもも仮装しなければなりません。

0才のベビーでもできる仮装ってどんなものがあるんでしょう。

 

Sponsored Links

 

1)かぼちゃの帽子

かぼちゃのぼうしで簡単にハロウィンの雰囲気に。

来年は着られませんから、100均のアクリル毛糸で編んではいかがでしょう。下のおくるみは大人の帽子のサイズを参考にしてお子さんの体に合わせましょう。

こんな風におとなしく眠ってくれないかもしれませんが、かわいいですよね。

・・・かぎ針編みもいいですが、柔らかい感じが出るのはメリヤス編み。ほっこりする出来上がりになりますよ。

*ベビー帽子の編み方はこちらのサイトをご参考に。

 

ミッキーの帽子にしても

よその子と集まるならミッキーマウスの耳が目立ちそうです。

 

 

2)バスタオルお化け

真っ白いバスタオルで作るお化けです。

作り方

1)バスタオルを半分に折る
2)子どもの頭が通るくらいの穴をあける
3)横を縫い合わせて正面にフェルトの目や口を軽くぬいつける。

 

おばけ

ハロウィンが終わったらほどいて元に戻せますし、お風呂あがりにちょっと着せることもできますね。

 

3)ロンパースかぼちゃ

ロンパースの形そのものがジャック・オ・ランタン向きです。でもオレンジのロンパースって見かけません。

オレンジ色の布を買ってバスタオルお化けと同じように作って上から着せてもいいですね。

おむつの丸みがかわいさのポイント。股はマジックテープでとめましょう。

4)かぼちゃパンツ

大きめのオレンジ色の短パンを買いましょう。しばらくしたらはけるようになります^^

ウエストと足の部分をちょっとしぼってかぼちゃパンツにします。

ハロウィンの日だけなので裾を糸でざっくり縫ってしぼりましょう。黒のフェルトで目を作ってはりつけたらジャック・オ・ランタン風に。

はいはいのお子さんならおしりに目や口をくっつけませんか。とってもかわいいですよ。

 

5)男らしくスーパーマン

コスチュームを買うと3千円ほどかかってしまします。

でも、生地を選べばハロウィンが終わってもパジャマとして使えますよ。

ベビー服 ロンパース スーパーマンコスチューム マント付き(取外し可)

6)男のバンダナ

8月頃から100均ではハロウィン用品がいっぱい。かわいいバンダナを見つけましょう。

男の子らしいですよね。

お座りできて、お兄ちゃんのお古の麦わら帽子があったらカウボーイになります!

 

7)悪魔のつの

赤ちゃんの柔らかい頭にカチューシャは無理。

オレンジ色のぼうしを編んだら赤や黒のフェルトで角を作って軽く縫いつけましょう。

もともと持っているぼうしでも角がつくと悪魔っ子らしくなります。

バンダナもすると、いかにもいたずらそうです!

 

8)わが子はエンジェル

悪魔なんてとんでもない^^という方は天使に。

白い服の背中に天使の羽をくっつけましょう。

 

つかまり立ちができるならダイソーで天使の羽を買って背負わせましょう。

小学1年生のランドセルみたいに羽が大きいですが、かわいいですよ。

もっと小さいベビーなら手作りしましょう。

初めに
1服にマジックテープを縫いつける
2羽の台になる白い長方形の布を用意、マジックテープを縫いつける

 

羽の作り方

1)画用紙を羽の形に切る。
2)画用紙に木工ボンドをぬって羽根*をはりつける。
3)出来上がった羽を長方形の白布にはりつける。

 

羽根がついた布を服の背中(首の下あたり)にとめます。

長くきれいにつけてはいられませんね。パパが帰ってからつけたり、パーティでは先に写真をとってしまいましょう。

はりつける羽根も100均で売っています。もしなかったら、クッションなどに入れる化繊のわたをはりつけてもらしくなりますよ。

Sponsored Links

9)バンパイアのマント

マントをひるがえして走るにはまだ1年ほど年が足りませんが、マントってはおるだけでハロウィンっぽくなります。

お座りできるお子さんなら、黒の布でバンパイアのマントを作ってあげましょう。

作り方はとても簡単。

・・・布の四方を縫って、一方をリボンを通すために二度縫うだけです。

首の後ろが立ってバンパイアっぽくなるんですね。

https://www.youtube.com/watch?v=-cF7UMBKxiI

リボンはオレンジや赤でもすてき。

✔はいはいするとマントがからまって転びます。家族でマントを楽しんだら外してあげましょう。

 

終わりに

ハロウィンは10月31日の一日限り。衣装は使い捨てになりそうです。

費用をかけずにかわいい楽しい仮装にしましょう。

[blogcard url=”https://hanasjoho.com/archives/4497.html”]

お母さまも、ネイルだけとかちょっと仮装したりしてハロウィンの雰囲気をお楽しみさい。

ハッピー・ハロウィンになりますように。
[blogcard url=”https://hanasjoho.com/archives/4497.html”]


おすすめ記事

Sponsored Links

-季節の楽しみ

Copyright© hana's , 2017 AllRights Reserved.