ねこの短歌『猫のいる家に帰りたい』~ほっと共感したいとき

『猫のいる家に帰りたい』は、猫歌人、仁尾 智(にお さとる)さんによる、ねこをめぐる短歌集です。

短歌の紹介

が来る
ほめてほめてという顔で
何か不穏なものをくわえて

うちの猫さんも、こうもりを捕まえました。・・・こうもりという生き物に、初めて見てさわって、怖かったです。

 

おしっこに行きたい僕の 膀胱の辺りで
がふみふみをする

わかります。動きたい、でもせっかくのふみふみが嬉しくて、じっと我慢する…。

想像すると、ちょっと笑ってしまいますが、とってもわかりますね。

 

おすすめ

イラストは、小泉さよさん。

やさしいタッチで、ほんのちょっとした猫の表情をとらえて、とても親しみやすい絵です。

歌には、作者の仁尾さんのエッセイが添えられています。猫を大切に思う気持ちが伝わって、読みながらほっとします。

 

誕生日すらわからないなので
命日くらい見届けるのだ

猫のいる家に帰りたい

作者の仁尾智さんが、迷い込んできた病気の猫の世話を始められたときの歌です。

猫を飼っている誰もが、覚悟する最後の日。

そろそろ高齢のうちのねこさんも、仁尾さんのように見届けてあげられますように。