2020年「夏の暑さ」|7月後半から8月、また猛暑に

今年2020年の夏は、6・7・8月を平均すると「平年並みか高い」気温の予想。

ただ、夏の後半(7月後半~8月)には、太平洋高気圧、チベット高気圧が張り出してきて猛暑になる可能性があります。

 

ここでは、2020年「夏の暑さ」について、気象庁の暖候期予報、3カ月予報、1カ月予報などからご紹介します。

暖候期予報から

6月~8月の夏の天候を予想する、気象庁の暖候期予報。

夏を平均しての予想で、2月下旬に発表されます。3カ月から半年前なので、毎月の予報は出ませんが、夏の傾向を教えてくれます。

2020年の夏、平均すると

平均すると「平年並みか高い」予想です。

6~8月の平均気温は

「平年並み」の確率:40%
「平年より高い」確率:40%

平年並みか高い理由

まず、ずっと続いている傾向として、全球的気温が高いと予想されています。

さらに、夏の後半には、偏西風が平年より北を流れます。暖かい太平洋高気圧が、南から、日本に張り出してきます。

 

*今年は夏を暑くする(ことのある)ラニーニャや、冷夏にする(ことがある)エルニーニョ、は、発生していません。気象庁エルニーニョ監視速報

 

夏の後半は暑い

夏の後半(7月後半~8月)は

・太平洋高気圧が、平年より北に張り出す
・チベット高気圧の日本への張り出しが、やや強い

ことから、平年より高温になる可能性があります。

太平洋高気圧の張り出し

下の図の右側、い部分が、夏後半の太平洋高気圧です。

赤い点線が、平年の太平洋高気圧の位置。

今年は、平年よりも北に、西に広がっていて、関東から北陸東海近畿、四国から九州南部にかかっています。

この地域は、夏の後半(梅雨明けころから?)平年より高温の可能性があるんですね。

チベット高気圧も張り出す

さらに、

夏の後半は、上空にあるチベット高気圧の日本付近への張り出しやや強く、偏西風は日本付近で平年よりやや北を流れる見込みです。-気象庁

とのこと。

このチベット高気圧も、日本を暑くします。

大陸から日本に張り出してきて、もし、一部が太平洋高気圧と重なると、日本は暖かい布団を2枚重ねた状態に。

2018年は、この状態になって、7月は酷暑。記録的な高温となりました。

1か月・3カ月予報から

3カ月予報では、まだ7月の予報までしか出ていません。

6月は平年より高温、7月は平年並みの予想になっています。

6月

北日本は「ほぼ平年並み」。ただし、高い確率は40%です。

東日本・西日本は「平年並みか高い」。平年並み、平年より高い確率ともに40%です。

1カ月予報でも、6月上旬、東・西日本は「平年並みか高い」予想になっています。

7月

沖縄・奄美が「平年並みか高い」ほかは、全国的に「ほぼ平年並み」。

ただし、平年より高い確率が40%。平年並みや平年より低い確率はそれぞれ30%です。

今年の暑さ、今のところ

気象庁の区分で夏(6~8月)になっていなくても、日本は5月には初夏。暑い日もあります。

5月前半までの夏日

夏日(最高気温25℃以上)東京 5月:10日間
名古屋 5月:8日間
大阪 5月:8日間*5月15日現在

今年は、4月までの夏日は、東京・名古屋・大阪では、ゼロ。5月に入ったとたんに増えました。

東京は15日までに10日間。

・・・5月前半の2/3が夏日で、日中は初夏らしい暑さになりました。マスクがうっとうしくなってきます。

真夏日(最高30℃以上)東京 5月:なし
名古屋 5月:1日間
大阪 5月:なし*5月15日現在

名古屋は、5月2日に30.8℃の真夏日となりました。

5月後半からの夏日

気象庁の2週間気温予報では、18日(月)から23日(土)ころまで平年より低温か平年並みで、その後27日(水)まで、平年並みの予想が出ています。

東京は、平年で5月中は夏日はありません。

名古屋は平年で5月24日から、大阪は平年で5月22日から最高気温が25℃になります。

・・・平年並みの予想でも、5月下旬には夏日が多くなりそうですね。

 

まとめ

2020年の夏は「平年並みか高い」予想。ただ、6月から8月を通しての猛暑になるわけではないようです。

東・西日本は、6月は「平年並みか高い」で、7月は「ほぼ平年並み」。8月の予報はまだ出ていません。

暖候期予報によると、7月後半の梅雨明けころから、太平洋高気圧の日本への張り出しとチベット高気圧の張り出しによって、猛暑を迎える可能性があります。

コロナのもと、初めて体験する夏の暑さ。情報を集めて、安全にお過ごしください。