2020年「夏の暑さ」|8月から猛暑、熱帯夜の気温も上がる

昨年と同じく、今年2020年も7月は低温。梅雨明けは遅れました。

8月は一気に真夏へ。太平洋高気圧、チベット高気圧が張り出して猛暑となっています。

 

ここでは、2020年「夏の暑さ」について、気象庁の暖候期予報、3カ月予報、1カ月予報などからご紹介します。

暖候期予報から

暖候期予報では、夏は「平年並みか高い」予想でした。

6月~8月の平均なので、実際の月ごとの気温とは違います。

実際の気温
6月:全国的に「かなり高かった」
7月:東日本の気温は「低く」、西日本は「かなり低かった」
8月(予想):全国的に「高い」

7月冷夏*で、8月は猛暑。*気象庁では、夏の3カ月を平均して平年より低かったときに冷夏とします。

9月になって、今年の夏を平均すれば、暖候期予報どおりに「平年並みか高い」という結果になるのかもしれませんね。

 

ただ日本は、5月から9月までが「夏」といってもいいくらい高温になります。

今年の9月も、残暑が続きそうです。

 

夏の後半は暑い理由

夏の後半(梅雨明け~8月)は

・全球的に気温が高い状態が続いている
・太平洋高気圧が、平年より北に張り出す
・チベット高気圧の日本への張り出しが、やや強い

1)全球的に高温

2)太平洋高気圧の張り出し

下の図の右側、い部分が、夏後半の太平洋高気圧です。

赤い点線が、平年の太平洋高気圧の位置。

今年は、偏西風が平年より北を流れます。暖かい太平洋高気圧が、南から、日本に張り出してきます。

平年よりも北に、西に広がっていて、関東から北陸東海近畿、四国から九州南部にかかっています。

 

3)チベット高気圧も張り出す

さらに、

夏の後半は、上空にあるチベット高気圧の日本付近への張り出しやや強く、偏西風は日本付近で平年よりやや北を流れる見込みです。-気象庁

とのこと。

このチベット高気圧も、日本を暑くします。

大陸から日本に張り出してきて、もし、チベット高気圧の一部が太平洋高気圧と重なると、日本は暖かい布団2枚重ねた状態に。

2018年は、この状態になって、7月は酷暑。記録的な高温となりました。

→今年2020年8月11日も、重なりました。1240人以上が熱中症で搬送されました。

1か月・3カ月予報から

8月

昨年は、8月は猛暑でした。今年2020年も「平年より高い」予想。猛暑になりそうです。

 

今年の暑さ、これまで

気象庁の区分で夏(6~8月)になっていなくても、日本は5月には初夏。9月もまで残暑です。

真夏日・猛暑日の日数

4月までの夏日は、東京・名古屋・大阪では、ゼロ。5月に入ったとたんに増えました。

最高気温25℃以上の夏日と、30℃以上の真夏日、35℃以上の猛暑日の日数を比べてみると…

 

東京 
5月:夏日17日間
6月:夏日16日間、真夏日7日間
7月:夏日19日間、真夏日7日間

8月(11日まで)
猛暑日:3日間
8/11最高37.3
真夏日:8日間

名古屋
5月:夏日22日間
6月:夏日12日間、真夏日15日間
7月:夏日11日間、真夏日13日間

8月(11日まで)
猛暑日:4日間
8/10 36.7
真夏日:7日間

大阪
5月:夏日20日間
6月:夏日15日間、真夏日13日間
7月:夏日17日間、真夏日12日間

8月(11日まで)
猛暑日:2日間
8/10 37.1
真夏日:9日間

最高気温が高いのは、名古屋

8/11まで、名古屋は、猛暑日が4日。6月、7月の真夏日も多かったです。

8月上旬の最高気温の平均は、34.2℃。猛暑日がない大阪の34.3℃より、ほんの少し低くなっています。

でも、週間予報(8/11)では、8/14(金)~8/16(日)は、最高気温が38℃の予想。

昨年2019年は、1度だけ38.0℃の日がありました(8/13)。今年はもっと暑い?

熱帯夜が暑すぎる!

チベット高気圧が太平洋高気圧に重なった猛暑。熱帯夜(最低気温25℃以上)の気温も上がりました。

東京 
8月(11日まで)
熱帯夜:6日間
8/10 26.9℃
8/11 27:0℃
8/12 28.0℃(未確定)

名古屋 
8月(11日まで)
熱帯夜:8日間
8/10 26.9℃
8/11 27:5℃
8/12 28.5℃(未確定)

大阪
8月(11日まで)
熱帯夜:10日間
8/10 28.5℃
8/11 29.7℃
8/12 27.8℃(未確定)

*最低気温は、その日が終わるまで確定されません。

大阪は、昼も夜も暑い

8/9まで、大阪は猛暑日ゼロ。10日には、いきなり37.1℃に上がりました。

大阪は夜も暑く、平年でも8月26日まで熱帯夜がつづきます。

最低気温が29.7℃では、1日中、真夏日のようなもの。冷房が苦手でも、そのまま寝たら熱中症になるかもしれません。

8月上旬の最低気温の平均も、大阪はぐんと高く、26.7℃。名古屋は25.5℃、東京は24.4℃でした。

秋の気配

三重県の津や長野では、8/3 えんまこおろぎが初鳴きしました。

昼間は、関西でもセミがワンワンと鳴いていますが、夜は虫の声が聞こえます。秋の虫ももう少ししたら…。

 

まとめ

2020年の夏は梅雨明けころから、太平洋高気圧の日本への張り出しとチベット高気圧の張り出しによって、猛暑を迎えています。

コロナのもと、初めて体験する夏の暑さ。情報を集めて、安全にお過ごしください。