子どもと映画を安く観る!お得で並ばなくていい券の買い方は?

大人の映画の料金は1800円。子どものアニメに払うには高すぎます。

親子ペアの前売り券がお得なようですが、本当にそうでしょうか。

 

また、ムビチケでない前売り券はネットでの座席指定ができません。

前売り券を買っても、当日座席指定してもらうためにチケット売り場に並ぶのも、小さい子と一緒では大変。

ここでは、チケットが安く買えて並ばなくてもいい方法をご紹介します。

*映画館によって、また映画によって小人の年齢設定が違ったり、料金も変わります。それぞれの映画館のサイトでチェックくださいね。

スポンサーリンク

映画を安く見るには

いちばん安く見れるのは、

・映画館の割引デー
・子どもは前売り券で見る

ことです。

料金比較

たとえば2018年「映画おかあさんといっしょ はじめての大冒険」をイオンシネマで見るなら

正規料金

一般
1800円
小人(3歳以上)
1000円
2,800円

 

高いのは大人の一般料金ですね。

そこで大人が割引になる月曜日「ハッピーマンデー」に、子どもは前売り券を買っておいて行くなら、

ハッピーマンデー、子供は前売り

一般
1100円(割引料金)
小人(1歳以上)⇒ふつうは3才以上
900円(前売り料金)
2,000円

正規料金より800円お得です。

前売り券にはキャラクターのシールなど特典がつくことが多いです^^

*「おかあさんといっしょ」は1才から料金がかかりました。正規料金が1才でも1000円になってしまいます。

 

ハッピーマンデー、子供は正規

一般
1100円(割引料金)
小人(3歳以上)
1000円
2,100円

正規料金より700円お得です。

 

 

親子ペアチケット

2200円(前売り料金)

正規料金より600円お得で、大人の割引デーより200円高くなります。

 

ただ、親子ペアチケットには、シールなどの前売り特典は一つだけしかつきません。

たとえば、「小人が3歳以上」に設定されている映画に、5歳と2歳のお子さん連れで行ったら、2才のお子さんは料金無料で特典なし。

5歳のお子さんだけ特典があるので、下のお子さんは涙の嵐になるかも。

 

前売り券は、大人1枚でも特典がつくことが多いです。

親子とも前売り券にして、特典をそれぞれ一つずつ、合計二つもらうといいですね。

親子とも前売り券

一般
1400円(前売り料金)
小人(1才以上)⇒ふつうは3才以上
900円(前売り料金)
2,300円

正規料金より500円お得ですが、大人の割引デーより300円高くなります。

 

映画館の割引デー

どの映画館にも、割引の日があります。

でも、館によって料金設定は違います。(たとえば同じイオンシネマでも、また同じTOHOシネマズでも、館によって料金設定が違います)

上映館のサイトで「料金、割引」といったページをご覧ください。

 

✔ネット予約も割引料金で

チケットは、2日前から映画館のサイトで割引料金で購入、座席指定できます。

*系列によって違いがあります。上映館のサイトでご確認くださいね!

たとえば月曜なら、大人の料金は自動的に割引料金になります。でも、特典によっては、画面上で確認などが必要になったりします。

 

イオンシネマの例
通常料金 
一般 1800円
小中学生1000円
幼児 900円

*幼児料金の対象になるのはふつう3才からですが、アンパンマンのように2歳から必要になる映画もあります。

イオンシネマの割引日(例)
*大人料金のみが割引です

ハッピーマンデー
一般割引 1100円
小人割引 なし
ハッピーファースト
毎月1日)1100円
ハッピーモーニング
平日朝10時台までに上映する映画)1300円
映画の日
12月1日)1000円
お客さま感謝デー
20日、30日。イオンクレカで購入で)1100円
イオンマーククレカ特典
(いつでも)一般通常料金から同伴の大人1人まで300円引き
ハッピー55
(いつでも)55歳以上は1100円

イオンシネマ

ハッピー55のほかにも、50歳以上の夫婦は二人で2200円(いつでも)といった割引もあります。おじいちゃん、おばあちゃんに連れて行ってもらうのもいいですね。

 

TOHOシネマズの例
レディースデー
(毎週水曜)女性は1100円

TOHOシネマズ

ほかに、イオンシネマと同じような割引日がいくつもあります。

並ばなくていい方法

映画の当日に、チケット売り場の長い列を見ると映画を見る前から疲れてしまいます。

前売り券を買うのでも、買わないのでも、映画館のサイトから座席指定すると当日並ばなくてすみます。

 

1前売り券を買う

-映画館で:特典つき

前売り券は、「紙」か「ムビチケカード」。

「ムビチケ」前売り券や「ムビチケカード」前売り券はネットでも購入できますが、前売特典をもらえるのは映画館での販売だけ。

前売りは映画公開の前の日までの販売ですが、特典は数量限定です。お早めに。

-ネットで:ムビチケオンライン

映画によっては、前売りの「ムビチケ(券の発行なし)」または「ムビチケカード(映画館と同じ前売り券、通販)」を購入できます。

どちらも前売り特典はもらえません。

*映画によって、販売されるものとされないものがあります。映画の公式サイトやムビチケオンラインのサイトで確認なさってください。

-コンビニで

コンビニでは、ムビチケカードに映画館の前売りとは違う特典がついてきます。料金は高いです!

映画館より発売が遅いことが多く、映画館で前売りが売り切れたあとでも、コンビニには残っていることがあります。

2座席指定の方法

座席指定の仕方は、前売り券のタイプによって違います。

1)前売り券がムビチケカードなら

一番ふつうの前売り券がムビチケカードです。

ネットで座席指定

①映画館で、子どもの前売りムビチケカードを購入。

②座席指定は、上映2日前から、映画館のサイトで。子どものムビチケカードの番号を入力すると座席指定できます。*座席指定は無料です。

③親のチケット購入・座席指定も、上映2日前から映画館のサイトで。(チケットはありません。予約だけ。)

・・・予約当日が割引日なら、2日前でも、ネットでそのまま割引料金で購入できますよ。*子どもの分とは別に手続きしないといけません。

④当日は親のチケットは、映画館の専用機で発券します。*購入番号・電話番号入力など。

発券機に人が並んでいることは、ほぼありません。

ハッピーマンデーなど割引日には少し増えますが、チケット売り場のように並ぶことはありません。

ネット予約ならスイスイですね。

 

2)前売り券が「紙」なら

紙の前売り券もあります。紙の前売り券は、ネットで座席指定はできません。

でも、2日前から映画館で指定してくれます。

その時親のチケットも買って、一緒に座席指定してもらいましょう。そうすれば、当日は映画館に行くだけです。

前売り券がなかったら

前売り券が売り切れてしまっていたら、映画館に時間のあるときに出向いて買うか、2日前からネットで買いましょう。

ネットでの購入、座席指定の方法

上映2日前から映画館のサイトで、親子ともにチケット購入、座席指定をすることができます。*座席指定は無料です。

②当日は映画館の専用機からの発券になります*購入番号・電話番号を入力など

 

 終わりに

映画によって多少変わりますが、

1)一番安いのは、子ども前売りを買っておいて大人割引の日に映画をみることです。
2)二番目に安いのは、大人割引の日子ども正規料金で行くこと。ネット予約したら一番楽な、並ばなくていい方法でもあります。
3)三番目に安いのが、親子の前売りペアチケット。割引の日に都合がつかないなら、これが一番安くなります。


少しのお金ですが、浮いたらお菓子代にしたりできますね。

楽しい映画になりますように。