「人魚姫」のあらすじをわかりやすく!無私の愛と、永遠のたましい

だれでも知っている「人魚姫」。

でも、子どものときに読んだ本は短くしてあったり、アニメや映画の内容も原作とは違うこともあります。

 

子どもから「人魚姫は、泡になって死んじゃったの?」と聞かれたときなど、

お母さま自身のことばで答えてあげられるように、もともとのお話を確認しておきましょう。

 

ここでは、アンデルセンの「人魚姫」のあらすじを、簡単にわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

あらすじ

シーン1 王子さまとの出会い

ー海のお城での暮らし

人魚姫は、海の底のお城に、おばあさま、王であるお父さま、そして5人の姉たちと暮らしていました。

人魚は15歳になると、海を上がって外の世界をみることが許されます。

末っ子の人魚姫は、姉さまたちから聞く外の世界のようすに、あこがれをつのらせていました。

ー王子さまとの出会い

ようやく15歳になった人魚姫。海面に上がった姫は、船の上で誕生パーティをしている美しい王子を見ます。

そこに嵐がきて船は沈み、人魚姫は、遭難した王子を助けて砂浜に寝かせ、誰かが来るのを待って隠れていました。

やがて目を開いた王子は、人魚姫には気づかず、砂浜にやってきた美しい娘に助けられたのだと思ってしまいます。

 

ー王子さまと不死の魂へのあこがれ

人魚姫は、王子に恋をします。

おばあさまは、姫に「人間と人魚の違い」や「人間になる方法」を教えます。

・人魚は300年生きるけれど、死んだら「海の泡」になる

・人間はすぐに死んでしまうけれど、「不死の魂」があって死んだら天国に行く

・人魚も、人間に深く愛され「結婚の誓い」をすると、魂を分け与えられる

 

シーン2 海の魔女の家

美しい王子へのと人間だけが持つ不死の魂へのあこがれ。人魚姫はそのためなら、思い切って何でもやろうと決心します。

そして、おそろしい海の魔女の家へ。

海の魔女は、人魚のしっぽを美しい足に変えるための魔法の薬を与えます。

でも相手は魔女ですから、厳しい魔法の薬のルールがありました。

①いったん人間になると、もう人魚に「戻ることはできない」

②王子が「ほかの女と結婚したら」、人魚姫は翌朝には死んで海の泡になってしまう

③魔法の薬の「見返り」は、人魚姫の美しい声

きれいな足と軽やかな足取りを手に入れた人魚姫ですが、もう話すことはできなくなりました。

 

 

シーン3 王子と暮らす人魚姫

魔女からもらった薬で、人間の姿かたちになった人魚姫。浜に流れ着いたところを、王子に見つけられました。

それから、王子は人魚姫を妹のようにかわいがり、姫は幸せな日々を過ごしました。

 

ただ、王子は自分を助けてくれた(と信じている)少女を忘れられずにいます。

でも、口がきけなくなった人魚姫は、王子に本当のことをうちあけることができません

王子が人魚姫に求愛することはありませんでした。

 

シーン4 王子の結婚

親の勧める王女さまに会いに出かけた王子は、その王女が、自分を助けてくれた少女だと知って、結婚を決めます。

人魚姫が、結婚式の翌朝には海の泡になることを知った姉さまたちは、姫に海の魔女からもらった剣を手渡します。

 

その剣で王子の心臓を刺せば、人魚姫はふたたび人魚にもどることができるのです。でも、姫は、どうしても剣を突き刺すことができませんでした。

 

シーン5 空気の娘たちと、いずれ天へ

次の朝、死んで海のあわになった人魚姫。でも、お日さまに照らされると、からだが軽くなって空中に浮いていきます。

姫は空気の精の仲間になったのでした。

空気の精になった人魚姫は、王子の妃にキスをして祝福します。

空気の精には、魂を与えられ天国にはいるための「試みの期間」があります。

世界中をめぐって涼しい風をおくったり、人々が幸せになるようないいことをすると、300年後には人間と同じ不死の魂をさずかることができるのです。

 

人魚姫が、天国に行けるのはいつ?

風になって、いいことをすると、300年で魂を与えられ天国へ。

〇期間を短縮するには
:いい子を見つけると、300年から1年が引かれます。

△期間が長くなるのは
:お行儀の悪い子、いけない子を見ると、1日のびてしまいす。

 

スポンサーリンク

「人魚姫」の背景とメッセージ

背景

アンデルセンがこの話を書いたのは、自分の片思い真っ最中のとき。

 

ある女性を深く愛していましたが、自分が彼女より一回りも年上なこと、結婚して家族を養う経済力がないことから、愛を告白することはありませんした。

・・・話せなくなった人魚姫と同じですね。

 

メッセージ

心に残るメッセージは、読んだ人それぞれで違うもの。でも多分、共通するのは、無私の愛ではないでしょうか。

 

 

王子への想いを伝えられずに苦しみ、不滅の魂にあこがれた人魚姫は、神へ近づく道を与えられました。

執着する想いをあきらめて(超えて)、王子の妻となった王女を心から祝福した人魚姫。

うらやましいです。

 

ここまで想いを昇華する(より高い次元のものに変える)なんて、なかなかできませんよね。

アンデルセンも、「人魚姫」を書くことで、想いを秘めた自分を癒したのでしょうか。

お話を読んだ後では、心が洗われたようで、前よりも少しだけいい人間になる、なりたいと思ったりします。

*最後の「試みの期間」のルールは、そこだけみると何だか教訓的。でもお話の中で読むと、教訓臭さなんてまったく感じさせないんですよ。

こんな物語だから、200年近くも愛され読みつがれてきたのでしょうね。

いいことをしたら、人魚姫や空気の精たちを、はやく天国に行かせてあげられるかも?

 

大人の読み直しにおすすめの本

原作に忠実に訳されて、省略がない大人向けの本をご紹介します。

・青空文庫 『人魚のひいさま』

<すぐに無料で読める>

無料で読める青空文庫。楠山正雄(1884~1950)訳。1955年発行(1938-39頃初版)。昔のことばも多いですが、美しい日本語です。

 

・岩波文庫 『完訳アンデルセン童話集 1 (岩波文庫 赤 740-1)

<いちばん美しく引きこまれる>

大畑末吉(1901~1978)訳。大畑さんは、アンデルセンの本を日本で初めてデンマーク語から直訳しました。少し古いですが、引きこまれる美しい訳です。1984年改版。*改訳初版は1963年。

 

・評論社『あなたの知らないアンデルセン「人魚姫」

<単行本、漢字も多めで読みやすい>

長島要一(1946-)訳。コペンハーゲン大学教授。デンマーク語からの直訳です。新しく見つかったアンデルセンの本ということではありません^^2005年発刊の最新の訳です。

 

↓読み聞かせ向け:アンデルセンのお話いろいろ

 

↓日本のアニメ(アマゾンプライムで無料のことがあります)

 

↓ディズニーの創作アニメ。リトルマーメイドの続々編。
リトル・マーメイドIII/はじまりの物語(吹替版)

 

終わりに

かわいそうな人魚姫。

でも、神さまは、人魚姫の無私の愛を愛でられたのでしょう。最後に救いがあって、読み終わるころには涙です。

「人魚姫」は、かわいくてきれいなおひめさまが主人公ですし、お子さんの豊かな心の成長を助けてくれるおすすめの名作です。

アニメでも絵本でも、いっしょに楽しんで、お母さまのプラスアルファの感想を伝えてあげてください。

 

「親指姫」のあらすじ|きっと最後はハッピーエンド!
...
「マッチ売りの少女」のあらすじ!格差と革命の時代に
...