「二百十日」とは|2019意味と日にち、台風の特異日?

二百十日(にひゃくとおか)は台風が来る日といわれ、9月1日ころには各地で防災訓練が行われます。

台風は、実際にこの時期に多いのでしょうか。特異日がある?

さらに、二百二十日(にひゃくはつか)という日もあります。

 

ここでは、二百十日と二百二十日の

・意味と日にち
・台風が多い時期と「特異日」
・風鎮めのまつり

についてご紹介します。

スポンサーリンク

意味と日にち

1暦の上での「雑節」
台風に備えるべき時期

2農家の「三大厄日

立春から数える

 

1)意味とねらい

雑節の一つ

二百十日、二百二十日は、暦の上での「雑節」の一つです。

「雑節」は、暦(旧暦:太陰太陽暦)のなかで、特に農業や人々の暮らしに重要な節目を定めたものです。

二百十日、二百二十日は、「台風の被害に備える時期ですよ」と農家に注意を喚起するために設けられました。

稲の実(こめ)ができていく時期

一般に、稲は7月下旬から8月に穂がでて、40~50日ほどで収穫を迎えます。

8月から9月は、稲穂にでんぷんがたまって実が充実していく時期、「こめ」ができていく時期です。

この大事な時期に、台風にうたれると

・稲が倒れたり
・穂に実が入らないままスカスカになったり
・病気になったり

それまでの苦労が水のあわになってしまいます。

そこで農家では、台風が来ても被害が少ないように、田んぼの水を深くして稲が倒れるのを防ぐ、といった対策をとらなければなりません。

 

二百十日、二百二十日が暦に加えられたのは江戸時代。国民の大部分が農民だった時代です。

米が不作になると、農民だけでなく藩も幕府も大打撃です。

二百十日、二百二十日は、台風被害への備えを喚起する、とても大切な雑節だったんですね。

2)農家の「三大厄日」

二百十日と二百二十日は、農家の「三大厄日」のうちの二つ。

農家の三大厄日
・二百十日:9/1頃
・二百二十日:9/11頃
・八朔(はっさく):8月下旬~9月下旬

 

農家の「三大厄日」はすべて、8月から9月に集中しています。

米づくりの正念場で、一番大事な時期。そして、台風がよく来て一番危険も多い時期だったんですね。

 

八朔ってなに?

三大厄日のうち、「八朔(はっさく)」は、八月朔日(ついたち)を省略したもの。

旧暦(太陰太陽暦)のうち、太陽暦部分にあたる「二百十日」とは違って、「八朔」は太陰暦部分にあたります。

旧暦8月1日のことです。新暦では、毎年8月下旬から9月下旬のどこかになります。

*2019年は8月30日。2020年は9月17日。

 

「八朔」は、もともとは厄日ではありませんでした。室町時代から、恩のある人に贈り物(稲の初穂や唐物、馬など)をする風習がありました。

台風の頃と時期が重なるため、厄日の一つとなったようです。

 

*果物の「ハッサク」の名の由来は、八朔のころから食べられたからともいわれます。今は12月~2月に収穫されるので、お店でみかけるのは2月ころですね。

 

3)日にちの数え方

立春から数えます。

立春の日にちは年によって違います。そこで二百十日も年によって変わります。

例年、210日目は8月31日か9月1日、220日目が9月10日か9月11日にあたります。

二百十日
立春の日から数えて210日目
(8月31日か9月1日)
2019年は9月1日、2020年は8月31日

二百二十日
立春の日から数えて220日目
(9月10日か9月11日)
2019年は9月11日、2020年は9月10日

 

*立春は旧暦(太陰太陽暦)の太陽暦部分なので、旧暦でも日にちはかわりません。2019年の二百十日は旧暦の8月3日、新暦の9月1日です。

 

台風が多い時期と特異日

さて、二百十日や二百二十日に、本当に台風が多いのでしょうか。

気象庁の最近の統計をみると、過去30年ほどは、8月の台風が一番多くなっています。

1)台風が多いのは8月

気象庁の平年値では、日本への上陸は8月が一番多く、次に9月、接近も8月が一番多くなっています。

*平年値:1980年から2010年までの平均

上陸した台風
8月 0.9個
9月 0.8個

接近した台風
8月 3.4個
9月 2.9個

 

台風が接近しただけでも、地域によっては大きな被害をもたらします。

台風の被害に備えるには、二百十日ではちょっと遅いかもしれませんね。

二百十日、二百二十日、八朔で、台風への注意を再三うながし、できるだけ台風シーズンをカバーするというところだったのでしょうか。

 

2)地球上の台風が一番多かった日は

地球上に台風が存在した個数が最も多い日は、1951年から2010年の60年間の平均では、8月31日9月1日ころということです。北本 朝展 @ 国立情報学研究所(NII)

平均すると、毎年この頃には、太平洋上やアジアに1個以上の台風が存在していたことになります。

日本に上陸した数ではありませんが、くしくも二百十日に一致しています!

 

3)台風の特異日

「何故かわからないけど台風がよく来る」とされる日が、台風の特異日。

科学的な根拠はありません。台風が上陸するのは平均で年に2.7個。もとの数も少なくて、統計的に有意、とかではないのです。

でも、なぜかその日に気象庁が「〇〇台風」と命名するほどの大きな台風が多かったんです。

台風の特異日

・9月17日ころ
・9月26日ころ

バイオウェザーサービス お天気豆知識

 

戦後、気象庁が命名した台風は、昭和時代のものだけ。

平成になってからは、命名されるほどの被害の大きい台風はありません。

 

ただ、命名台風ほどでなくとも、大きな被害をもたらした台風はたくさんあります。

・「昭和54年台風第20号」

10月19日に日本に上陸、本州を縦断した北海道に再上陸。死者は110人でした。

・「平成18年台風第13号」

九州に上陸、中国・四国・北海道に影響し、被害総額は490億円。激甚災害に指定されました。

 

台風シーズンは、特異日にとらわれず、警戒要ですね。

スポンサーリンク

防災と風鎮めの祭り

二百十日にあたることの多い9月1日は「防災の日」。

また、二百十日の前後に、各地の神社などで「風を鎮めて豊作を願う」祭りが行われています。

防災の日:9月1日

9月1日は、関東大震災が起こった日。

大正12年に起きた関東大震災では、およそ190万人が被災。東京・神奈川を中心に10万5千人あまりの死者・行方不明者が出ました。

↓靖国神社にも仮設住宅

そして、1959年9月26日。「伊勢湾台風」が、愛知・三重を中心に5,098人の死者・行方不明者を出しました。

翌1960年、関東大震災、台風シーズン、二百十日なども考慮して、9月1日が「防災の日」に制定されました。

 

風鎮めの祭り

昔は、豪雨や台風、地震や津波は、人知を超えた神によるものと考えられていました。

現在も、各地で、風や雨をつかさどる神さまを鎮めるまつりが行われています。

富山の「おわら風の盆」が有名ですね。

元禄時代からつづく、収穫前の稲が被害にあわないよう「風を鎮め豊作を祈願する」お祭りです。9月1日~3日の3日間。

ほかにも、兵庫県伊和神社の「風鎮祭(油万燈)」、風神をまつる奈良県龍田大社の「風鎮大祭」(7/1)などがあります。

 

まとめ

長い稲作の経験からもうけられた二百十日、二百二十日。

さらに、関東大震災、伊勢湾台風などの大災害の体験もあって設けられた防災の日。

・・・一生大災害に会わないことも多いですが、大き目の地震はよく起きます。数百年・数千年に一度の噴火や地震は、いつ起きるかわかりません。

この機会に、人災を防ぎ、生き抜くための準備をしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました