「二百十日」は台風の日?風鎮めの祭りと災害への備え

投稿日:

二百十日(にひゃくとおか)って何?

二百十日は台風が来る日といわれ、9月1日ころには各地で防災訓練が行われます。本当に台風がくるのでしょうか。

さらに、二百二十日という日もあります。

 

ここでは、二百十日と二百二十日の

意味とねらい
台風が多い時期特異日
「風鎮め」のまつり
・自宅で二百十日

についてご紹介します。

Sponsored Links

二百十日と二百二十日

意味と日にち

二百十日、二百二十日とは

1)季節の区分「雑節」の一つ
2)農家の「三大厄日」
3)立春から数えて210日目、220日目

 

1)季節の区分「雑節」の一つ

「雑節」は、農業や人々の暮らしに重要な節目を定めたもの。

中国伝来の「二十四節気」(立春、夏至など)だけでは表しきれない、日本独自の季節の区分です。

*その他の雑節:八十八夜、土用、彼岸、入梅、節分など

2)農家の「三大厄日」

二百十日、二百二十日は、農家にとっては、台風などで稲穂が被害を受ける時期。

それぞれ三大厄日の一つとされています。

農家の三大厄日

・二百十日
・二百二十日
・八朔(はっさく)

 

*「八朔」は、旧暦の8月1日です。新暦では8月下旬から9月下旬のどこかになり、毎年変わります。*2018年は9月10日。2019年は8月30日。

もともとは厄日ではなく、室町時代から、稲の初穂や唐物、馬などを恩のある人に贈る風習がありました。現代でも、京都の松尾大社など各地で「八朔祭」がおこなわれています。

台風の頃と時期が重なるため、厄日の一つとされたようです。

 

*果物の「ハッサク」の名の由来は、八朔のころから食べられたからともいわれます。今は12月~2月に収穫。

3)日にち:立春から数える

二百十日
立春の日から数えて210日目
(9月1日か8月31日)

二百二十日
立春の日から数えて220日目
(9月11日か9月10日)

立春の日にちは年によって違います。

そこで二百十日も8月31日のこともあれば9月1日のこともあります。

*立春は太陽暦なので、旧暦(太陰太陽暦)でも日にちはかわりません。2018年の二百十日は旧暦の7月22日、新暦では9月1日です。

 

意義とねらい

二百十日、二百二十日は、「台風の被害に備える時期ですよ」と農家に注意を喚起するために設けられました。

一般に稲は8月に穂がでて、40~50日ほどで収穫になります。

8~9月は稲穂にでんぷんがたまって実が充実していく、米ができていく時期です。

*銘柄によって穂が出る時期はいろいろ。こしひかりやあきたこまちは早くて8月上旬ころから。

この大事な時期に台風にうたれると

・稲が倒れたり
・穂に実が入らないままスカスカになったり
・病気になったり

それまでの苦労が水のあわになってしまいます。

 

そこで農家では、台風襲来に備えて、田んぼの水を深くして稲が倒れるのを防ぐ、などの対策をとらなければなりません。

 

二百十日、二百二十日が暦に加えられたのは江戸時代。国民の大部分が農民だった時代で、農業は国の基盤でした。

米が不作になると、農民だけでなく藩も幕府も大打撃です。

二百十日、二百二十日は、台風被害への備えを喚起する、とても大切な雑節だったんですね。

台風が多いのはいつ頃?

さて、二百十日や二百二十日に、本当に台風が多いのでしょうか。

太古の昔からの台風の記録はありませんから、気象庁の最近の統計をみてみましょう。

過去30年ほどは、8月の台風が一番多くなっています。

 

1)日本に上陸する台風が多いのは

気象庁の平年値では、上陸は8月が一番多く、次に9月、接近も8月が一番多くなっています。

*平年値:1980年から2010年までの平均

上陸した台風
8月 0.9個
9月 0.8個

接近した台風
8月 3.4個
9月 2.9個

 

台風が接近しただけでも、地域によっては大きな被害をもたらします。

台風の被害に備えるには、二百十日ではちょっと遅いかもしれませんね。

二百十日、二百二十日、八朔で、台風への注意を再三うながし、できるだけ台風シーズンをカバーするというところだったのでしょうか。

 

2)台風が存在することが多い日は

地球上に台風が存在した個数が最も多い日は、1951年から2010年の60年間の平均では、8月31日9月1日ころということです。北本 朝展 @ 国立情報学研究所(NII)

平均すると、毎年この頃には、太平洋上やアジアに1個以上の台風が存在していたことになります。

日本に上陸した数ではありませんが、くしくも二百十日に一致しています!

 

3)台風の特異日

「何故かわからないけど台風がよく来る」とされる日が、台風の特異日。

科学的な根拠はありません。台風が上陸するのは平均で年に2.7個。もとの数も少なくて、統計的に有意とかではないのです。

でも、なぜかその日に気象庁が「〇〇台風」と命名するほどの大きな台風が多かったんです。

台風の特異日

・9月17日ころ
・9月26日ころ

バイオウェザーサービス お天気豆知識

 

戦後、気象庁が命名した台風は、昭和時代のものだけ。

平成になってからは、命名されるほどの被害の大きい台風はありません。

 

ただ、命名台風ほどでなくとも、大きな被害をもたらした台風はたくさんあります。

・「昭和54年台風第20号」は、10月19日に日本に上陸、本州を縦断した北海道に再上陸。死者は110人でした。

・「平成18年台風第13号」は、九州に上陸、中国・四国・北海道に影響し、被害総額は490億円。激甚災害に指定されました。

 

特異日にとらわれず、警戒要ですね。

 

二百十日の行事、イベント

二百十日にあたることの多い9月1日は「防災の日」。各地で、国や自治体主催のイベントがあります。

また、二百十日の前後に、各地の神社などで「風を鎮めて豊作を願う」祭りが行われています。

防災の日:9月1日

-由来:関東大震災

9月1日は、関東大震災が起こった日。

大正12年9月1日、午前11時58分頃に発生した関東大震災では、およそ190万人が被災。東京・神奈川を中心に10万5千人あまりの死者・行方不明者が出ました。

首都機能は麻痺。流言、暴行もあり、行政権・司法権の一部を軍にゆだねる「戒厳令」も施行されました。

 

↓靖国神社にも仮設住宅

 

関東大震災以降、9月1日には犠牲者の慰霊祭が行われてきました。

そして1960年(昭和35年)、9月1日は台風のシーズン中で二百十日に当たることも多く、災害への備えを啓蒙するのにふさわしいとして、「防災の日」に制定されました。

*前年の1959年9月26日には「伊勢湾台風」が、愛知・三重を中心に5,098人の死者・行方不明者を出していました。

 

防災の日は、

広く国民が、台風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波等の災害についての認識を深めるとともに、これに対する備えを充実強化する 昭和57年5月11日 閣議了解

日です。

 

-防災週間イベント

防災の日(9月1日)を含む1週間は防災週間。

各地でさまざまな行事や訓練が行われます。

会社で避難訓練をしたり、自治体主催の防災セミナーに派遣された方もいらっしゃるでしょうね。

 

「風鎮め」のまつり

備えはできても、防ぐことのできない台風や豪雨。

昔の人は、風や雨をつかさどる神さまを鎮めるまつりを編み出してきました。

有名なものをいくつかご紹介します。

 

おわら風の盆:富山県

元禄時代から続く、越中八尾のおわら風の盆。

9月1日~3日の3日間、収穫前の稲が被害にあわないよう「風を鎮め豊作を祈願する」お祭りとして踊りが舞われています。

編み笠をかぶってたおやかな動き。男踊りも女踊りも見飽きません。

町内で踊る「町流し」は、9月1・2日は午後3時から午後11時まで(5時~7時休憩)、3日は午後7時から11時までです。

夜の踊りは幻想的。深夜の1時2時にも、有志の方の町流しがあります。

おわら風の盆行事運営委員会

 

伊和神社「油万燈」:兵庫県

兵庫県播磨一宮の伊和神社では、「五穀豊穣と風水害のないこと」を祈って、毎年8月26日に、風鎮祭(油万燈祭)が行われます。

かわらけ(土器)に油を注いで点灯し、灯明を奉献します。心落ち着く静かな祭事です。

・兵庫県神社庁サイト:伊和神社

 

龍田大社:奈良県

風の神さま、奈良の龍田大社では、毎年7月の第1日曜日に「風鎮大祭」が行われます。

夜9時からのの花火奉納は、ふつうの打ち上げ花火ではありません。手に持った手筒花火から3~5mの火柱が上がります。

神さまの荒々しさを感じさせられますね。希望する人は花火を持たせてもらうこともできます。

・公式サイト:風神 龍田大社

その他

・熊本県 高森町 風鎮祭
・山形県西村山郡河北町沢畑 風祭り太鼓
・千葉県横芝光町 大宮神社風祭り 中台梯子獅子
・栃木県下野 星宮神社かかし祭
・京都市 千本ゑんま堂 風まつり

など。

自宅で二百十日

台風は夏から秋に来て、天気予報で大体の時間も予想できます。

でも、地震はいつ起きるかわかりません。この機会に、地震など災害への備えをチェックしましょう。

地震への備え

現在のところ、地震の予測は不可能です。

地震の件数は、日本はインドネシアについで世界第2位。

さらに、世界で発生するマグニチュード6の地震のうち、20%が日本で起きています。

 

大震災の死因

一番多かったのは
・関東大震災で焼死
・阪神・淡路大震災では圧死
・東日本大震災では溺死

 

✔自宅でチェック

・ベッドやいつも座るソファに、たんすや棚が倒れてこないか

・津波が起きたらどこへ避難するか

・避難グッズ、ペットグッズの準備

・家族の所在をどうやって確認するか

など、家族みんなで確認し合いましょう。

災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!首相官邸

 

 終わりに

長い稲作の経験からもうけられた二百十日、二百二十日。

さらに、関東大震災、伊勢湾台風などの大災害の体験もあって設けられた防災の日。

・・・一生大災害に会わないことも多いので、いつもはのんびり暮らせていますが、数百年・数千年に一度の噴火や地震もあります。

この機会に、人災を防ぎ、生き抜くための準備をしておきましょう。


Sponsored Links

おすすめ記事

-伝統行事、風習

Copyright© hana's , 2018 AllRights Reserved.