メガネ世代向け格安パソコンは「レノボideapad15.6型」!ASUSよりこちら!

更新日:

レノボジャパンの15.6型ノートパソコンを買いました。

ideapadシリーズの300 です。

これまでに購入したASUSやVAIOのノートパソコンよりコストパフォーマンスが抜群!

 

パソコンが壊れたりして新しく購入をご検討なら、価格も安くてぜひおすすめです。

読書用メガネをかけ始めた45+世代なら画面の大きい15.6型を。何時間画面を見ていても疲れません。

Sponsored Links

 

レノボideapad300 15.6型がおすすめなわけ

格安ノートパソコンといえば、ASUSかレノボ。

ASUSの格安タイプは11.6インチ。レノボは15.6インチがあります。

レノボジャパン 15.6型ノートPC
[Win10 Home・Celeron・HDD 500GB・メモリ 4GB]
Lenovo ideapad 300 エボニーブラック 80M300NLJP
(2016年12月モデル)
34800円(2017年5月)

 

1)安い!

たったの3,4800円。*価格は変動しますが3万円台です。

ASUSよりは高いですが、日本のふつうのパソコンよりは格安ですよね。

DVDプレイヤーも内蔵です。

VAIO:14万円台

画面も音も美しいVAIOですが、高い。15万円近くしました。

それなのに、数カ月で液晶画面に傷をつけてしまった私。

傷は日に日に伝染し(ストッキングの破れのように伝染します!)ついに画面は傷だらけに。

 

修理に出すとその間パソコンを使えません。

また、気軽に買い替えることのできる価格ではないので、新しくASUSパソコンを買うことになりました。

*修理代も5万くらいかかるのでそのまま大切に放置しています。

 

2)動作が安定

レノボより安いASUSのノートパソコン。

キーボードが小さくで女性には使いやすく、オフィスの代替ソフト(KNGS OFFICE?)も入っています。

問題は、突然シャットダウンしてしまうこと。

 

買って間もなくから時々突然画面が消えてしまって。

バッテリーが切れれば、治ることが多いのでバッテリー切れを待っていたら7時間くらいかかって。

英語の仕事ができないので、とりあえず予備としてアマゾンKindleのFire (タブレット)を購入しました。(なんてお金がかかってるの?)

 

ASUSのノートでは、よくシャットダウンが起こるようでネットに起動しなくなったという口コミをたくさん発見。

起動ボタンの長押しで対処できるようになりましたが、だんだんひんぱんに起こるようになって、半年後に週に5日間シャットダウンするようになってしまいました。

シャットダウンからの復活にも回数と時間がかかるようになって。

 

レノボのパソコンは、初めから安定感があります。

まだ使い始めて1週間程度。

先のことはわかりませんが、レノボの動作性についてはネット上に特に悪い情報はないので大丈夫なのではないかと期待しています。

 

ASUS:2万6千円台

格安パソコンASUS。11.6インチで、当時26813円。

価格は最高に安いです。


ASUS ノートブック E200HA ゴールド
( WIN 10 64Bit / Atom x5-Z8300 / 11.6インチ / 1.44GHz ) E200HA-GOLD
24800円(2016年11月)

 

レノボの ideapadはASUSのノートより8千円高いだけ。

日本製のふつうのパソコンが10万前後の価格であることを思えば大した違いではありませんよね。

3)DVDプレーヤー付き

ASUSではDVDを観たりCDをウォークマンに転送するには、外付けDVDプレイヤーを買う必要がありました。

4千円程度ですが、Lenovoを買ったら不要になりました。

 

4)Windows10が簡単に入る

ASUSには容量不足でインストールできませんでした。メモリを追加するとできそうなのですが、どうしていいかわからなくて。(追加用のメモリは買ってとりつけたのですが)

レノボはさくさくと(Windows10なので何時間もかかりましたが^^)インストールできました。

これだけでも感動でした。

5)画面が大きくて見やすい

こちらはサイズの問題です。どのパソコンでも15.6型(15.6インチサイズ)なら大丈夫だと思います。

15.6インチのPCの画面はよこ:34.5cm、たて19.4cm。デスクトップの画面くらい大きいです。

PCそのものは幅およそ38cm、奥行き27cmくらい。

この大きさのおかげで、1日に12時間以上PCを使っても疲れません。

小さいサイズだとモニターなどで高くつく

一方、ASUSの格安PCは11.6インチ。画面が小さくて頭が疲れるのでモニターを別に買って取り付けました。

モニターと接続機器で2万円くらい。

結局、かかった費用は外付けDVDも含めて全部で5万円くらいになってしまいました。

 

レノボのイマイチなところ

1オフィスは入っていません

マイクロソフトオフィスは入っていません。

ワードやエクセルを使う方は、また標準装備のPCを買うか、レノボ用に新しく購入しなければなりません。

*Office Premiumが標準装備のPCはお買い得な気になりますが、そのPCが壊れるとオフィスをほかのPCでも使うことはできません。

 

オフィスを使う方はいっそOffice Home and Businessのインストール版を購入して、格安PCにそれを使っていくという考え方もあります。

私は2010年のオフィスのCDーROMを持っていたのでそれをインストールしました。古くても大丈夫^^

 

ASUSにはキングズオフィスというマイクロソフトオフィスの代替品が入っています。これはASUS のいいところ。普通にワードやエクセルを使う分には全く問題ありません。ただASUSの画面が大きいタイプは日本のふつうのPCと同じくらいの価格になります。

2大きくて持つと重い

PCとしての動きは軽いです。重量が重いんです。

左がレノボ、右がASUS。*ASUSの格安PCは11.6インチ。

 

画面が大きいのでPCは大きいです。重さが2.9kg

スタバへの持ち歩きなどほぼできません^^外の仕事でパソコンを使う方には不向き。自宅用です。

 

終わりに

パソコンのスペックなどはほとんどわからないしろうとなので、自分が買って使った製品だけの比較になりました。

 

今、壊れたVAIOは押し入れに行き、ASUSはスカイプ用に使っています。

ふつうに記事を書いたりネットサーフィンはLenovoです。

PCが2台あるのはちょっと便利です。スマホではやはり検索しにくいですよね。

 

安くてコスパのいいレノボはおすすめです。

そしてメガネ世代には15.6型!

パソコンでたくさん情報収集・情報発信して楽しみましょう。


おすすめ記事

Sponsored Links

-贈る・使う

Copyright© hana's , 2017 AllRights Reserved.