60代の母親に財布をプレゼント!使いやすい財布ですか?

お母さまの誕生日に、母の日にお財布をプレゼント。きっと、とても喜んで使ってくれるはずです。



でも、お財布は失敗しやすいプレゼントの一つ。

特に60代の女性に選ぶのは難しくて。



私も、60代の誕生日に母にあげたお財布は、二つとも使ってもらえませんでした。



シックで上品だったのに、何が間違っていたんでしょう?今、自分が60代が目前になって、理由がわかります。



大人の年代にふさわしくと思ったのですが、シックすぎました^^



ここでは、60代のお母さまに喜ばれる

・60代の女性がなりたいイメージ
・視力や指先の動きのお衰え合わせた選び方のポイント
・参考にする人気のブランド
などをご紹介します。

誕生日や母の日のプレゼントなど、ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links






60代お財布選びのポイント

60代のお財布を選ぶ時には、まず一般的なポイントをクリア。

さらに、

・お母さまが「なりたい」と思っているイメージに合っているか
体の変化に対応できているか

が大切になります。

1)基本のポイント

お財布を選ぶ基本のポイントは

・質
・使いやすさ
・色、デザイン

2)母親が、望むイメージかな?

いい財布の条件を満たした後、最後の決め手になるのは、

・自分のイメージ
・自分がなりたいイメージ

に合っているかどうか。

ブランドのお財布を持ちたいのも、そのブランドのイメージ・コンセプトが気に入っているからですよね。

お母さまのお財布も、

お母さま自身のイメージや、お母さまが「こうありたい」イメージで選んであげましょう。




親子でズレる60代イメージ

子どもから見ると親はずいぶん年上。

明るい色は派手すぎかも、これは年齢にふさわしいかしらと気になります。

お店でも、若い店員さんにたずねると地味目の財布をすすめられたりしますし。

・・・でも、本当にそうなんでしょうか。

若い世代から見ると60代は落ち着いた大人の年齢。



60代本人のイメージでは時間とお金を使いたいこと(アンケートから)

1趣味・旅行
2夫と過ごす
3健康

健康については気をつけていますが、子どもは育ち上がり、夫も定年退職。これから楽しみたい年頃です。

趣味に旅行に、外出の機会も多い60代。

明るい気持ちやイメージに合った、明るい財布を選んであげましょう。

(もし老親の介護をなさっていたら、なおさら)
私の失敗(その1)
財布 62歳の誕生日に。イラストよりずっと!きれいでした。紺にベージュの小花が型押しされたシックで上品な長財布。自信の選択でした。
でもどうやら地味すぎたらしく。たんすにしまわれていました。今思えば90歳くらいなら似合ったかなぁ。



最近、筆者も60代になりました!

買った小銭入れがこれ。明るい色でしょう?持っていて気持ちがとても明るくなります。

今思えば、私はなぜ母にあんな地味な財布をあげたのやら。



この小銭入れは日常使い。ボックス型ではありません。まだ2~3年はこれでも大丈夫ではないかと思います。きれいなボックス型は高いです。やっぱりプレゼント用ですね。


3)60代使いやすい財布かどうか

おすすめ!こころと体の変化に合わせる

心のためには、明るいイメージ。体についてはどうでしょうか。
✔60代の体の変化は
・重いものを持ちたくない
・暗い小銭入れの中で10円玉と100円玉の区別がつきにくい
・指先が前ほどスムーズに動かない
レジで100円玉を出したつもりが10円玉だっということはよくあります。結構がっくりします^^

お財布は長く使うもの。

70代になっても使いやすい、体の変化にも対応した財布にしてあげましょう。

チェックポイント

明るい色
・値段
小銭いれ
・軽さ
・手ざわり
1)明るい色
持っていて明るい気持ちになる色に。


2)値段:高すぎず安すぎず
高すぎる財布をプレゼントすると、母親は子どものお財布の中身の方が気になるもの。

「こんな高いものを買って」と叱られないように、1万~3万円くらいにおさめましょう。


3)とにかく小銭入れ:ボックス型がいい!
硬貨がよく見えて、取り出しやすいカパッと広がるボックス型の小銭入れがおすすめです(ギャルソンタイプともいいます)。

・・・初めに衰えを感じるのは、100円玉のつもりで10円玉を出してしまった時。財布の中は暗くて、硬貨の色が見きわめにくいんです。

・・・それに、指先の動きが衰えてきて、財布から小銭を取り出すのは少しずつ大変になります。

レジで後ろの人を待たせることになるのはつらい。

お金 トレイ

✔70代になっても困らないように
お財布は70代まで使うかも

・・・70代以上になると、小銭をバラっと店員さんに渡して数えてもらっている方もいます。

なかなかいい感じです。

でも後ろに並んでいる人は仕方なく待っています。

できればいくつになっても自分で取り出せたらいいですね。

ボックス型(ギャルソンタイプ)小銭入れがついた長財布を探しましょう。
*ネットなら「長財布 ボックス型小銭入れ」「長財布 ギャルソンタイプ小銭入れ」で検索下さい。

Sponsored Links
Sponsored Links
4)軽いか
年を取ってくると重いものは持ちたくありません。

少しでも荷物が軽くなるように、お財布も軽いものを。


5)手触りは?
手ざわりって、精神状態に関係しますよね。

ペット療法がお年寄りに効果があるのも、暖かくやわらかい手ざわりが理由の一つだそうです。

私の失敗(その2):がま口はダメ
がま口
ちょうどいいイラストがなくて…。プレゼントしたのは若草色にクリーム色の押し型模様のついた、上品で素敵ながま口でした。

でも、お札は折りたたまないといけないし実用的でなくて、使われず。

・・・母が亡くなった後、遺品として私が使ってみました。やっぱり使いにくかった(涙)


人気ブランドを参考に

人気ブランドで、プレゼントする財布のイメージをつかんでおきましょう。

ロエベ:6万~8万

年を取って持つ赤は、とてもきれい。

Sponsored links↓ファスナー下の生地はピンク。財布を開くと明るく、横から見ると落ち着いた色合い。

Sponsored links
ボッテガヴェネタ:7万~

フラミンゴ色が女性らしい。
Sponsored links
プラダ:9万円~

高級な財布は、微妙な色を出せます。

上品だけど地味じゃなく、でも派手でもないという絶妙な出来上がりに。

Sponsored links
ノイ・インテレッセ

Sponsored links

コーチ:1万~

お友達とのお出かけに気軽に使ってもらえます。

コーチを持っている60代は多いです。手頃な価格で使いやすいですよね。
Sponsored links
フルラ:3万円~

これくらい明るい色もOK。

Sponsored links
↓裏は、表の下と同じ渋いダークワインレッド

Sponsored links

デパートで選びましょう!

選ぶなら、デパートなどのお財布売り場。

プレゼントに手頃な値段で、きれいな上質のものを選べます。

キタムラ:1万7千円~

横浜、元町生まれのブランド。「やさしく、かわいらしく、上品」がコンセプト。

通販サイトもありますが、大手デパートに入っています。

Sponsored links

他に、ケイト・スペードなどもっと若い人向きのブランドにも60代にぴったりのものが。

品質、手触りをチェックして、お母さまに良さそうなものをお選び下さい。



Sponsored Links




通販で選ぶとき

微妙な色合いや手触りがわからないのがネック。

でも、お仕事や子育てで忙しくて、デパートまで出向けないことも多いですね。



✔ネットで買う時のチェックポイント

小銭入れがついているか、重さはどうか確認して、口コミをしっかりチェック。

たまに偽ものもあるようです。

60代の方の良かった!という感想がたくさんあったらGo!



それでは!ここまでご覧いただき、どうも有難うございました。

気持ちも体もまだまだ若い60代。80代から見るとヒヨコだそうです。

・・・でも、ビタミン・ミネラル不足などから、うつ傾向も出始める年頃。

持っただけで気分が明るくなるお財布を選んで差し上げて下さい。

そして、70代が近いようなら小銭が見やすく取り出しやすいボックス型の小銭入れ付きを。

お母さまに、喜んで使っていただけますように!

Sponsored Links

 

シェアする

フォローする