「三寒四温」の意味と時期!気象庁で季語で、体感に合わせて使おう

学校で習った三寒四温。

寒い日が3日暖かい日が4日、と暖かさ・寒さが交互にやって来るという意味でしたね。

「三寒四温をくり返しながら春になっていく」と聞いたような気がしますが、どうだったんでしょう。



今は春先だけでなく秋の変わりやすい天気にも使われています。「三寒四温をくり返しながら冬になっていく」という言い方も。



そうだったのか!あれれ?

ここでは「三寒四温」とは何か、本来の意味時期気象や現代人の感覚に合った時期、挨拶文や英語での使い方についてご紹介します。




Sponsored Links





1本来の意味

気象庁の定義


「三寒四温」とは

冬期に3日間くらい寒い日が続き、次の4日間くらい暖かく、これが繰り返されること。中国北部、朝鮮半島などに顕著な現象。

ー気象庁

時期は冬

気象庁の冬は12月から2月

こたつ

実は外国の現象だった?

中国北部・北朝鮮に顕著」な現象。

もともとは、この地方での「シベリア高気圧からの寒気が7日くらいの周期で強くなったり弱くなったりする現象」を示すことわざだったそうです。

厳しい冬の寒さの中でも、寒気がゆるむ日、強まる日があってそれがくり返されるという意味だったんですね。



北京・平壌くらいだと、日本では東北地方から北海道?

アジア 地図
ところが、日本にはそのままあてはまりません。

・・・北京・平壌はアジア大陸。シベリア高気圧の影響をそのまま受けます。

でも日本は日本海があり太平洋にも面していて、世界でも天気予報が難しいと言われる地域

シベリア高気圧からの寒気の吹き込みだけで気温や天気が決まりません。



そこで、日本で三寒四温と呼べる天気になるのは年に1度あるかないか!ということです。*冬限定なので。

う~ん、そうだったのか。

でも今、私たちは「三寒四温」という言葉をよく使っていますね。




2現代人の感覚では時期はいつ?

今、日本では「三寒四温」は
「冬から春への季節の変わり目、2月から3月(早春)に暖かい日と寒い日が交互に現れること」
といった意味で使われています。



本来の定義とは違いますが、気象としても、暖かい日と寒い日が周期的に現れるのは日本では早春。

気象予報士さんも、またテレビなど報道でも2月から3月によく使われますし、現代人の感覚には一番合っているのではないでしょうか。


-気象として

まず、本当に2月3月には「三寒四温」なんでしょうか。体感としてはそのとおりですが、実際にも?

・・・東京の過去5年間の2月・3月の最高気温を見てみると3月は確かに寒暖がくり返されています。2月ははっきりせず早いうちから始まる年もあれば終わり頃からの年もありました。



正確ではないのですが、やはり2月から3月にかけて「三寒四温」になっているようです。


-気象庁では

気象庁では、天気予報では使いませんが報道発表などで使います。*定義に従って冬の時期に。


-気象予報士、報道では

春一番が吹いた後、寒暖をくり返して春になっていくので、2月から3月にかけて耳にすることが多いですね。

気象予報士さんは、厳密に冬である2月にしか使わない方もいますが、もっと実際的に現代の感覚に合わせて2月から3月にかけて使う方も多いです。

気象予報士
*天気予報は気象予報士の判断に任されています。4月上旬になって「三寒四温」を使う方もいらっしゃいます。


-季語として

「三寒四温」は冬の季語なのですが、早春に使われることが多くなっているそうです。

感覚をこめてよむ俳句ですから、実際の体感に合わせたほうがしっくり良い句になるのでしょうね。




Q将来は秋にも?

若い人たちの間では「三寒四温」は秋の変わりやすい暑さ寒さにも使われるようになっています。



暑い日と涼しい日が交互に来るという意味で9月から「三寒四温」を使う人も。

熱中症
春と秋は、寒い冬と暑い夏の季節の変わり目。どちらも移動性の高気圧と低気圧が交互にやってくる時期があります。

「三寒四温」の「冬の」とか「早春の」といった季節の縛りをとってしまえば、秋にも使っていいのかもしれません。



今のところ、秋には使わないほうがいいように思いますが、言葉は生き物、30年後には「早春と初秋に…」と変わってしまっているかもしれませんね。



Sponsored Links


3使い方

1)ビジネスや文書、手紙では

三寒四温を文書や手紙の挨拶文で使う時は、本来の定義の冬に近く体感に合う時期にしましょう。

そこで2月から3月上旬くらいまで。

クロッカス

三寒四温の候、貴職におかれましては…

三寒四温の季節となり、日々の寒暖差も大きくなってまいりました。○○様にはお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。

・暖かかったり寒かったりの三寒四温の季節柄、お風邪を召したりなさいませんようどうぞご自愛下さいませ。




2)英語で言うと?


メールなら
a pattern of three cold days and four warm days marking the end of winter and the beginning of spring
わかりやすいきれいな英語で。(研究社 新和英辞典)

会話なら

In early spring, we have three cold days, and then four warm days,  then three cold days and four warm days again. (ここでお互いに笑いが^^)

That is the sign of spring. またはThe weather tells us spring is coming.

簡単な英語なら会話を長続きさせやすいですよ。





終わりに

「五月晴れ」は、昔は旧暦5月の梅雨の晴れ間のことだったんですが、今は5月初夏のさわやかな晴れの日をさすようになりました。

「三寒四温」も、本来は冬の気候。おまけに外国に多い現象です。でも、今は日本の気候に合わせて冬から春への季節の移り変わりの時期に使われています。

菜の花イラスト
三寒四温本来の意味で使うと日本ではあまり見られないなんて残念ですね。

日本の気候に合わせて、挨拶文などでは定義に近い2月から3月始め、会話などでふつうに使うには2月から3月でよいのではないでしょうか。



▶関連:「春」はいつから!暦で気象庁で生き物で、暖かくなるのはいつ?

2月4日が立春なのでそこから春?春分の日からかな?暖かかったり寒かったりで春はいつから始まるのかはっきりしませんね。やっぱり4月?

Sponsored Links

 

シェアする

フォローする