「喪中はがき」が届いた!返事や寒中見舞いはいつ?文例は?

いつも賀状を交換している方から届いた喪中はがき。

年賀状欠礼の挨拶が書いてありますね。どうしたらいいでしょう。

喪中はがきを受け取ったら、喪中見舞いを書く、年始状を出す、寒中見舞いを出す、何もしないといった対応があります。

相手の方とのお付き合いの程度やご不幸を知っていたかなどによって対応も変わってきますね。

いつ頃、何を、どんな文章で出せばいいのでしょうか。文例もご紹介します。




Sponsored Links






喪中はがきに対しては

1)喪中見舞い(12月)
2)年始状(1月1日以降)
3)寒中見舞い(松の内が開けて)
4)何もしない

という選択肢があります。


1)年内に喪中見舞い

どんな人に?

どんな場合でも喪中見舞いを出すことができますが
・喪中はがきが来て相手にご不幸があったことを初めて知ったとき
年賀状を出した後だった場合


はすぐに返事として喪中見舞いを出しましょう。

相手を大切に考えている気持ちが伝わります。相手の方は返事を書く必要がなく、こちらも改めて寒中見舞いを出す必要がないのでお互いに楽ですね。

ポイント

【はがき】郵便局の通常はがき(胡蝶蘭)を使いましょう*切手の部分に胡蝶蘭が印刷されたもの

【書き方】
・句読点は打ちません。拝啓や敬具といった頭語、結語は必要ありません。

・文章は定型的なものにして、相手の悲しみを気づかう部分は自分の気持ちを込めて書くとよい見舞い状になります。


文例

相手方の不幸を知っていたなら

喪中お見舞い申し上げます

ご丁寧なご挨拶状をいただき有難うございます
お父様が亡くなられてまだ三月ほど
まだまだ悲しみはいえぬままかと存じます
どうぞお身体を大切に新しい年をお迎えになられますよう心よりお祈り申し上げます



相手方の不幸を初めて知ったなら

喪中お見舞い申し上げます

ご丁寧なご挨拶状をいただき有難うございます
お父様のご逝去を存じ上げず失礼いたしましたことをお許し下さい
お悔やみ申し上げますとともにお父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます
まだまだ悲しみはいえぬままお過ごしのこととお察し致します
どうぞお身体を大切に新しい年をお迎えになられますよう心よりお祈り申し上げます



先に年賀状を出してしまっていたら

喪中お見舞い申し上げます

ご丁寧なご挨拶状をいただき有難うございます
お父様のご逝去を存じ上げず失礼いたしましたことをお許し下さい
お悔やみ申し上げますとともにお父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます
実は先日賀状をしたため投函致しました
賀状を受け取り◯◯様の悲しみが増すようなことにならないかと誠に申し訳なく思っております お許し下さい
まだまだ悲しみはいえぬままお過ごしのこととお察し致します
お身体を大切に新しい年をお迎えになられますよう心よりお祈り申し上げます




2)年始状を出す

年賀状に代えて年始状を使うことができます。

どんな人に?

特に年が開けてすぐに顔を合わせる方に最適


会社の同僚や上司から喪中はがきをもらったら、12月受け取った時点でそのことを話題にしているでしょう。

そのまま何もしなくてもいいのですが、特にいい印象を持ってほしいとか大切に思っている方には年始状を出すといいですね。

仕事始めには顔を合わせますから寒中見舞いでは遅すぎます。年始状は元旦に届いても失礼に当たりません。


ポイント

【出す時期】1月1日以降松の内の間(東日本1/7、西日本1/15が一般的)

【はがき】年賀はがきでないふつうのもの
【絵柄】淡いパステルカラーを地色にすると喪中の方に失礼にならない程度に新年らしさを出すことができます*家族写真は使わないようにしましょう。

【文章】
・「おめでとう」「謹賀」といった表現を避けます。
自分の方の慶事、嬉しいことなどの報告はしません

定型文を使って、相手の悲しみをねぎらい健康などを祈る言葉をそえましょう。


文例


新年の御挨拶を申し上げます。

お静かに新年をお迎えのことと存じます。
お父さまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。




3)寒中見舞いを出す

どんな人に?

返事も年始状も出していない方
には、寒中見舞いを出しましょう。喪中はがきに対して「何もしない」に続いて一般的な対応です。


寒中見舞いの時期

「松の内」が開けてから「節分」までの間に出します。

寒中見舞いは小寒(1月5日頃)を過ぎてから出すもの。でも喪中の方を相手にする場合は、慶賀の意味が無くなってからがよいでしょう。

お正月(松の内)が終わってからにしましょう。



松の内は東日本1月7日、西日本1月15日が基本ですが、地域でまた家庭で入り混じっています。

1月15日頃に相手方に届くように出すとどの地域の方にも失礼になりません



*郵便が届く予定日は郵便局のサイトで郵便番号で調べることができます。

ポイント

【はがき】ふつうのもの
【絵柄】
・冬らしいものや春の気配を感じさせるもの。ネットでダウンロードできます。
家族写真は使わないようにしましょう。

【文章】
・相手は喪中なので自分の慶事、嬉しいことなどの報告は控えましょう

・定型文を使って、相手の悲しみをねぎらい健康などを祈る言葉をそえましょう。


文例

亡くなったことを知っていたら

寒中お見舞い申し上げます。

ご服喪中でいらっしゃるので
新年の御挨拶は遠慮させていただきましたが
◯◯様にはいかがお過ごしでしょうか。

お父様が他界されてまだ三月ほど
まだまだ悲しみはいえぬままかと存じます。

これから一層寒さが増して参ります。
くれぐれもご自愛くださいませ。



亡くなったことを初めて知った時
(喪中見舞いを出していない)

寒中お見舞い申し上げます。

お父様のご逝去を存じ上げず失礼いたしました。
お許しくださいませ。
お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お父さまが亡くなられてまだ三月ほど。
まだまだ悲しみはいえぬままお過ごしのこととお察し致しますが
◯◯さまにはどうぞ本年もお健やかに過ごされますよう心よりお祈り申し上げます。



✔自分の慶事は我慢

子どもの写真や家族の写真は例年通りのせたいす、またもし赤ちゃんができたなどいいことがあったら一言知らせたいですね。

・・・でもぐっと我慢。

相手の方は大事な方を亡くして喪に服していらっしゃるところ。悲しみを気づかった文面にして、自分が嬉しいことは控えましょう。

いいことは暑中見舞いなどに書き添えるといいですね。



Sponsored Links




4)何もしない

喪中はがきが来ても何もしないというのが一般的です。

喪中はがきを出した方も反応を期待していないので特別に失礼に当たることはありません。

また、もし亡くなられて間もない時なら、相手の方にとっては寒中見舞いの返事を書くのも荷が重いものです。



でも、何ヶ月もたっていて相手が大切な方なら返事や年始状・寒中見舞いなどを出しましょう。喪中の方は年賀状がもらえないので寂しい思いをされています。とても喜ばれるでしょう。



終わりに

喪中はがきを受け取ったらすぐに喪中見舞いを書くのが一番楽なようです。年始状も相手にも負担がなくていいですね。

ただどちらも新しい慣習なので、何もしないまま年が開けてしまったという方も多いかと思います。

その時は、1月15日頃に届くように寒中見舞いをお送りしましょう。

梅 うぐいす
喪中見舞いも年始状も寒中見舞いも、定型文を使って自分の気持ちを書き添えるやり方ならあまり苦労なく書けます。

出来上がりもきちんとした心がこもったものになりますよ。

気楽にお書き下さい^^

▶参考:「お正月飾り」はいつまで!松の内っていつのこと?

寒中見舞いは松の内が開けたら出すもの。でもこの松の内が地域で違い、入り混じった地域もあります。

何日と考えたらいいのか迷うようでしたらご参考になさって下さい。

Sponsored Links

 

シェアする

フォローする