「年越しそば」の意味と由来! いつ食べるのが正しいの?

年越しそば、毎年いつ食べていますか。

夜12時の新年に向けてつるつる?おいしいお蕎麦屋さんで家族で混雑を避けて昼前?

そもそも何でおそばを食べるんでしょう?

ここでは、年越しそば意味と由来、食べるべき正しい時間についてご紹介します。




Sponsored Links





年越しそばの意味

「年越し」は古い年が終わって新しい年が始まること。大晦日の夜をいいます。



年越しそばとは

大晦日に食べると縁起がいいとされるそば



年越しそば

年越しそばの由来

1)由来

18世紀から19世紀(江戸時代)には、大晦日にそばを食べる風習が江戸にも大阪にも根付いていたようです。



初めは商家の三十日蕎麦

初めは江戸の商家が毎月最後の日(三十日)に三十日蕎麦(みそかそば)といってそばを食べる習慣があったんです。



*商家では、月末には掛売り(後払い)のお金を集金したり棚卸しをしたりと奉公人は大忙し。そこで仕事が終わったら主人が奉公人たちにそばをふるまっていました。

これが広まって庶民も大掃除やお正月の準備をすませた大晦日の夜にそばを食べるようになったそうです。

edo_decchi
栄養があったので人気を後押し

そばには栄養があって、その頃苦しむ人の多かった脚気(かっけ)という病気に効いたことも人気が定着した理由でした。

food_men_soba
*脚気はビタミンB1が足りないと起こる病気。末梢神経に障害が出て脚がしびれたり心不全で死亡したりしました。

当時はビタミンなどわかりませんでしたが、そばを食べると脚気が良くなっていくので漢方では療養食とされていました。

そばの実
↑そばの実

*江戸では庶民も玄米ではなく白米を食べていたためビタミンB1不足になっていたんです。そばはビタミンB1を豊富に含んでいます。


年越しそばを食べる正しい時間は?

実は、決まりはありません。でも、できるだけ年越しそばらしい食べ方をしたいですね。

「年越し」の意味「年越しそば」のご利益からは、大晦日のが正しい時間といえそうです。



正しい時間

大晦日の夜
ただし午前0時を過ぎてはいけない

5ea8af523c104c4d3f8b0c7e75f46e95_s

1)「年越し」の意味から:夜


年越しとは

旧年を越して新年を迎えること。
大晦日の夜、また節分の夜をいう。広辞苑



世界中で、大晦日の夜には家族や親族が集まってパーティをしたり花火をしたりします。

・・・日本でもあちこちでで新年のカウントダウンをしますし、花火も上がります。

やはり年越しは夜です。


2)「年越しそば」のご利益から:夜

年越しそばのご利益(意味)を考えても、やはり大晦日の夜に食べたほうがよりご利益がありそうです。



年越しそばのご利益

一年の厄を断ち切る



そばはそば粉が多いほどぼろぼろと切れてしまいます。

この切れやすさ一切の厄を断ち切る!とされて多くの人に好まれました。

もし年こしそばを早く食べ終えたら、新年を迎えるまでにまた厄を寄せ付けてしまうかも!?

できるだけ真夜中近くがいいかもしれませんよ^^

 

3)年を越してしまってはいけない

年越しそばは縁起物。年内に食べないと縁起が悪いとされます。

12時までに食べ終えましょう。

そばを残すと新しい年は金運に恵まれず小銭にも苦労するといった言い伝えもあります。食べ物は大切しましょう^^



まとめ:年越しそばの正しい時間

年越しそば 年越しそばは大晦日の夜に食べます。

世界で年越しの食事はディナー(晩ごはん)。年越しそばも夕食で食べてもいいですし、年が変わる直前の11時半過ぎに夜食としてたべるのも年越し感があっていいですね。

ただし、今年の内(午前0時まで)に食べ終えましょう。



Sponsored Links





✔「年越しそばのご利益」ほかにも!

「厄を断ち切る」というほかにもいろいろな縁起があります。

・「五臓にたまった毒を取り除く

・「延命・長寿を願う」そばは細く長いから。

・「金を集める縁起物」昔は金箔を作る時にそば粉を使っていました。

・「健康の縁起物」雨に叩かれても日をあびれば元気になるから。

そば畑


終わりに

年越しそばは大晦日の夜に食べるもの。夕食や夜食ででいただいて今年の厄を断ち切りましょう。午前0時を過ぎてはいけないので11時過ぎくらいからでしょうか。

カウントダウンで外出したり、神社やお寺に午前0時に初詣に出かける方は、年越しそばは遅くには食べられませんね。

hatsumoude_title
その時は何時に食べても構いません。年越しの行事や初詣はそれ自体が年越しそばに代わる立派な縁起物です。

良いお年をお迎え下さい。

Sponsored Links

 

シェアする

フォローする