伏見稲荷できつねのランチ!きつねうどん、いなり寿司のおいしい店

伏見稲荷ならやっぱり稲荷にちなんだいなり寿司、きつねうどん、すずめの姿焼きですね。

ここでは、京都伏見稲荷大社でランチする時におすすめの人気の店を

・稲荷山・JR稲荷駅近く(裏参道)
・京阪伏見稲荷駅近く

ご紹介します。

また、京都のきつねうどんの東京などとの違いや特徴、すずめの姿焼き由来や味についてもご紹介しています。

おいしい伏見稲荷になりますように!

Sponsored Links





伏見稲荷の人気メニュー

1)いなり寿司と稲荷神

稲荷神は農業の神さま
ご利益は五穀豊穣・商売繁盛など。

きつねは稲荷神のお使い(眷属)です。


✔油揚げとキツネの関係
キツネ
昔は、きつねの好物はねずみの油揚げ!だと思われていました。

でも神さまのお使いに、ネズミの油揚げをお供えするわけにはいきません。

そこでかわりに豆腐の油揚げをお供えしました。



ここから油揚げで包んだ寿司を稲荷寿司、油揚げが入ったうどんをきつねうどんと呼ぶようになりました。

*油揚げの色合いが狐の毛色と似ているからという説も。




2)ここが違う京都のうどん!

-1うどんの名前と中身が違う

うどんの名前と中身は、東京・大阪・京都では違います

東京では、油揚げが入ったらきつね、天かすだとたぬきですね。


京都の「きつね」と「たぬき」


京都では、きつねとたぬきの違いは、だし汁がさらさらか、あんかけかの違いです。

きつねにもたぬきにも短冊切りの油揚げ!が入っています。
きつねうどん:油揚げ、さらさら出し汁のうどん
たぬきうどん:油揚げ、とろみのついた(あんかけ)うどん
きつねそば:油揚げ、さらさら出し汁のそば
たぬきそば:油揚げ、とろみのついた(あんかけ)そば
*「たぬき」と呼ぶのは:きつねが「どろん」とあんかけに化けたから。

*天カスのうどん・そば:ない。あっても天かすがサービスで置いてあるか位。

↓短冊切りの油あげ

-2 京都のうどんは柔らかい

京都のうどんは、コシのないやわらかいうどんです。

やわらかい麺には、出しつゆがしみ込みやすいからとのこと。

・・・やや甘めの上品な出し。出しで食べるうどんです。是非召し上がってみてくださいね^^




3)すずめの姿焼き!食べられる?

食べてみたいような怖いような^^

寒雀(かんすずめ)を甘辛いたれで焼き、山椒をふりかけた姿焼きが名物です。
a.何故すずめ?


雀
すずめは稲の穂を食べ荒らすから、焼いて食べて退治します^^

稲荷神は、豊作の神さまですね。

せっかく育てた米をすずめに盗られたら大変!ということで、焼き鳥に。


b.すずめは冬だけ、うずらは1年中
雀の狩猟期間は11/15~2/15だけ。他の時は獲ってはいけません。

そこですずめを食べられるのは11月半ばから3月位まで。うずらの姿焼きは1年中出ています。


c.お味は?食べられる?
試しに挑戦という方が多く、おいしかった!という人はそう多くはありません^^

・頭(脳!)の部分は、レバーやフォアグラのパテのような食感。
・うずらのの部分やたれおいしい

すずめ:14~15cm。18~27g
ほとんど骨(!?)
鶏皮のような感じでバリバリ食べられます
うずら:20cm。90g
雀より大きいので肉が多い
骨ごとばりばりとはいきません

目次にもどる


1稲荷山で

稲荷山には、石段や山道のちょうど疲れたあたりに茶店が散在しています。

にしむら亭(仁志むら亭)

■にしむら亭■
【住所】伏見区稲荷山官有地四ツ辻
・・・本殿から千本稲荷をすぎ稲荷山へ登ります
【所要時間】本殿から最短20分
【営業時間】9時~17時(甘味9時~、食事9時半~、ラストオーダー16時)
【休み】第3・4・5金曜日
【tel】 075-641-2482
きつねうどん700円。いなり寿司6個850円。ソフトクリーム350円。かき氷500円。


場所がいい!

伏見稲荷本殿から石段を登って疲れた頃、見晴らしの良い四つ辻にあります。

俳優の西村和彦さんの実家。西村さんは高校卒業まで、ここが通学路!お母さんとお兄さんがお店をやっています。


[blogcard url=”http://hanasjoho.com/archives/104.html”]


2裏参道で(JR稲荷駅近く)

JR稲荷駅からまっすぐ本殿に向かうのが表参道。

裏参道へ行くには、本殿を背にして楼門右の石段を降り、右へ進みます。


祢ざめ家(ねざめや)

■祢ざめ家■
【住所】伏見区深草稲荷御前町82
【地図】こちら

【所要時間】本殿から4~5分。JR稲荷駅まで2~3分。
【営業時間】9時~18時
【休み】不定休
【tel】 075-641-0802
きつねうどん670円。いなり寿司1個150円。うずらの姿焼き720円。


【おすすめ】いなり寿司雀(うずら)の姿焼き

太閤秀吉の正室ねねの「祢」が名前の由来。

ここは、うなぎ、鯖寿司も人気。
ねねうなセット(1,240円)では、いなりもうなぎも鯖寿司も少しずつ食べられます。




目次にもどる

道八

■道八■
【住所】京都市伏見区深草祓川町15
【地図】こちら

【ルート】伏見稲荷本殿から 裏参道をまっすぐ下って、川を渡って川沿いの道を左に入ります。
【所要時間】本殿から6~7分位。
【営業時間】10時30分~売り切れまで
【休み】金曜日
【tel 】 075-641-1951
いなりうどん620円。わらび餅330円。(いなり寿司はありません)


【おすすめ】きつねうどん。わらび餅

わらび餅がおいしいと有名なお店です。人気があるので、少し待たされたり売り切れていたり。

mapを見ながら行って下さい。距離は近いのですが初めてだとわかりにくい所に。


目次にもどる


稲福(いなふく)

■稲福■
【住所】京都市伏見区深草開土町2-4
地図】こちら
【所要時間】本殿から4~5分。JR稲荷駅まで2~3分。
【営業時間】9時~17時
【休み】第2・3・4火曜日(1月から初午まで無休)
【tel】   075-641-1138
いなりうどん900円。いなり寿司7個910円。寒雀一串500円。うずら一串700円~。


おすすめ:いなり寿司雀(またはうずら)の姿焼き


目次にもどる


伏見庵

■伏見庵■
【住所】伏見区深草稲荷御前町82
【地図】こちら

【所要時間】本殿から5分位。
【営業時間】9時~18時(水曜は16時まで)
【休み】無休
【tel】   075-641-6803


おすすめ:いなり きつねうどん


目次にもどる

Sponsored Links


3京阪伏見稲荷駅近く

けんどん屋

■けんどん屋■
【住所】京都市伏見区深草一ノ坪町41 パールハイツイナリ1F
【地図はこちら

【所要時間】JR稲荷駅から10分。京阪伏見稲荷駅から5分
【営業時間】11時~14時30分、17時~20時30分
【休み】水曜日+不定休が月に1日
【tel 】  075-641-1330
【URL】http://ameblo.jp/kendonya/
いなり寿司:土日祝日のみ   きつねうどん630円


おすすめ:京風のやわらかいうどんではなく、讃岐うどんの製法で作るもちもちしたコシのあるうどんが人気。

カツ丼、天ぷらなどもさくさくと揚がっておいしいという声がたくさん。地元のお客さんも多くて並ばないといけないことも^^


それでは!ここまでご覧いただき、どうも有難うございました。

ここでは人気のお店をあげました。でもふっと気に行った店に入るのも旅の楽しみ。

よい旅行になりますように。

Sponsored Links

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事