夏はいつから!暦で気象庁で体感で

更新日:


ゴールデンウィークには夏のように暑い日があります。

5月から夏って言っていいのかな?

誰にでも共通するはっきりした区分を知りたいですね。

 

ここでは、夏がいつからいつまでか

暦の上気象庁の定義旧暦で、また体感ではどうかについてご紹介します。

Sponsored Links

 

夏はいつからいつまで

1)暦の上で

 

立夏~立秋の前日まで

2017年は
5月5日8月6日

*季語の夏もこれと同じです。

 

✔「暦」と「二十四節気」

昔の暦には、日付だけでなく干支・六曜(大安、仏滅などの運勢)・二十四節気(立春、夏至などの季節)などが書き込まれていました。

このため「暦の上(の二十四節気)では夏...」と言います。

*この日めくりは今も書店などで手に入れることができます。新暦の暦に、旧暦その他が書き込まれています。

 

二十四節気は、古代中国で太陽の高さを基準に季節を春夏秋冬の4つに分け、それをさらに6つずつに分けたものです。

・・・立春や秋分、夏至、冬至などよく耳にしますね。

 

2)気象庁の夏

6・7・8月

 

気候学上の夏は6~8月。これが一番わかりやすい。権威もありそう。

3)旧暦の夏

旧暦の4月~6月
・卯月(うづき)
・皐月(さつき)
・水無月(みなづき)

 

2017年は

4月26日8月21日

 

今年は旧暦では5月2回あります(5月と閏5月)。そこで旧暦6月が終わるのは新暦8月21日。

二十四節気の夏(8月6日まで)より少し長くなって、たまたま体感の夏とほぼ一致。

*旧暦は太陰太陽暦。日付は太陰暦でした。月の満ち欠けにかかる約29日間を1か月とするため、数年に1度「閏月(うるうづき)」がもうけられました。二十四節気は太陽暦です。

2016年は
5月7日~8月2日

 

昨年は旧暦の夏と二十四節気の夏は、ほぼ一致しました。

 

Sponsored Links

Sponsored Links

4)気温・体感での夏

5月~9月初め

 

東京では、7割近くの人が5月を初夏と感じるそうです。

・・・5月プライベートでは半袖で過ごせますね。やっぱり初夏といってよさそうです。

 

6月は梅雨で7・8月が夏。

 

9月に入っても昼間は変わらず暑い。

横浜では平年で9月5日まで最高気温は29℃台です。とても秋は実感できませんね。

 

それでも最低気温は、8月には1か月かけて1℃しか下がらなかったのに、9月になると1か月で5.4℃下がります。

朝晩が涼しくなるのを体感するのは、最低気温が20℃台に入る10日以降でしょうか。秋の虫や草花たちも出て来て秋の気配を感じ始めます。

 

体感としては、5月から初夏になり9月初め頃まで夏、というところでしょうか。

 

終わりに

夏は気象庁の区分で6月から8月。体感では5月の初夏から9月初めまで。

2015年、2016年と暑い年が続きました。今年2017年も夏は平年より暑い予想が出ています。

お元気でお過ごしください。


おすすめ記事

Sponsored Links

-天気・自然

Copyright© シンプルライフ60+ , 2017 AllRights Reserved.