知りたい楽しみたい生活と人生!

はなずライフ

お弁当のごはんとおかず、簡単に早く冷ます方法!冷めた目安は?

更新日:

忙しい朝、ごはんやおかずを速く冷ますにはどうしたらいいのでしょうか。

また、夏の食中毒を予防するには、ごはんもおかずもしっかり熱を通した後、十分に冷ます必要があります。

どのくらいまで冷ますといいのでしょうか。

 

Sponsored Links

 

最高気温が30℃前後になる5月から9月。お弁当は食中毒菌が繁殖するのに最適な場所になります。

冬場は粗熱を取るだけでも大丈夫ですが、夏はごはんもおかずもしっかり冷ましましょう。

 

ごはんの冷まし方

ごはんはあたたかいまま弁当箱に入れて冷まします。

早く冷ます

冷まし方

・保冷剤で冷やす
・氷水+扇風機
・アルミホイルにのせて冷凍庫へ

1保冷剤が速くて簡単

一番簡単で速く冷やせるのは保冷剤やアイスノンです。

・保冷剤の上に弁当箱をのせる

もっと早く冷やすには、フタを軽くずらしてかぶせそこにも保冷剤をのせます。

大きい保冷剤が便利ですが、ケーキなどについてきた小さい保冷剤をいくつか使っても大丈夫です。

 

2冷凍庫は速いけど...

冷凍庫に入れると速く冷やせます。アルミホイルをしくとさらに速くなります。

ただ、冷凍庫の中の温度が急上昇してほかの食材によくない影響が。冷凍庫は、時間がない時の裏技にしましょう。

 

3扇風機やエアコンの風は

扇風機やエアコンの風で粗熱はすぐ取れます。でも十分冷やすには15分以上みておきましょう。

 

冷ます時はフタをする?

ごはんを冷ます時

・フタをずらしてのせる
・ふんわりラップをかける
・ごはんに海苔をのせる

保冷剤で冷やすならフタを少しずらすだけで大丈夫。

でも扇風機やエアコンで冷やすなら、表面が乾燥しないように軽くラップをかけたり海苔をのせたりしましょう。

*フタについた水滴は、お肉などに落ちて細菌を喜ばせます。きれいに拭きとりましょう。

 

おかずの冷まし方

おかずはしっかり熱を通してから冷やします。

おかずの冷まし方

金属トレーがベスト
・保冷剤

・氷水+扇風機
・凍らせたバット
*料理そのものを薄くする

金属トレーがベスト

熱伝導のよい金属のトレーが一番早く冷たくできます。

・・・保冷剤や氷水、水を入れて凍らせたバットの上に金属トレーをのせラップをしいておかずを並べて冷ましましょう。

金属トレーがなければ、タッパーをのせて。扇風機もあてると10~15分くらいで冷たくなります。

 

✔料理そのものを薄くするやり方も!

卵焼きはタマゴを薄く焼いてさめたら巻いてつめる、肉も薄く焼いて巻くという方もいます。

しっかり味付けすればおいしさも落ちずすぐに冷たくなりそうですね。

 

しっかり冷めた目安

冬のお弁当

冬は粗熱がとれたくらいでも、ほぼ大丈夫。

お弁当はすぐに冷たくなります。

粗熱がとれた目安

:ごはんやおかずの上に手をかざしてほんのり暖かさを感じる程度

寒くない時は

寒くなくなってきたら、常温まで冷ましましょう。

常温の目安

:手をかざして何も熱を感じないようになったらOK

夏のお弁当

しっかり冷まします。

冷やす目安

:手をかざしてひんやりするくらいまで

 

Sponsored Links

 

✔夏はお弁当にも保冷剤を

お弁当にも小さい保冷剤を一つか二つ入れましょう。

中学校
冷房がないところが7割。お弁当はずっと常温にさらされます。

幼稚園や小学生
遠足などではリュックを背中に密着させるのでお弁当の温度が上がりがち。5月でもゼリーを凍らせて入れるくらいではだめかも。

社会人
冷房の効いた所で働いていても通勤の時は熱気にさらされます。また冷房が入っていても節電で気温は高め。油断はできません。

 

[blogcard url=”http://hanasjoho.com/archives/1646.html”]

後記

ごはんやおかずは冬ならすぐに冷たくなってくれますが、夏は時間がかかります。

一番簡単に早く冷たくなる保冷剤に活躍してもらいましょう。

ひんやり冷ました夏のお弁当は、ほかの時期に比べるとちょっと味わいが落ちるかも。メニューなどで工夫なさって下さいね。

 

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

こちらもどうぞ

-子ども

Copyright© はなずライフ , 2017 AllRights Reserved.