知りたい楽しみたい生活と人生!

はなずライフ

中学受験塾のお弁当と夜食!体にも心にも栄養を

更新日:

受験塾に入り、これから塾の日は夕食は塾でとることになりました。

急いで食べられて体を壊さない、勉強に効くメニューは何がいいのでしょう。

それに小学4年生なのに家族で夕食を食べられないなんて、情緒的な発達は大丈夫でしょうか。

Sponsored Links

体の栄養

  • 塾弁:軽く~脳に即効の糖分を補給
  • 夜食:しっかり~タンパク質と野菜を補給

心の栄養

  • 夜食の会話:感情を解放、心を癒やす

1体の栄養

1)塾弁と夜食の栄養配分

夕食は、いつもと同じ位の時間にとらせたいですね。

でも、塾ではゆっくりお弁当を食べることができません。それにしっかり食べると血液が胃の方にまわって授業中眠くなったり集中できなくなります。

塾では軽く脳に即効の糖分を補給し、家に帰ってからタンパク質・野菜中心の食事をして栄養のバランスを取りましょう。

2)塾弁のポイントとおすすめレシピ

塾弁のポイント

  • 脳に糖分を補給する
  • 消化しやすい
  • べやすい
  • が汚れない
  • 量は少なめ

1)糖分補給

脳が一番消費するのが糖分です。吸収の早い果物や炭水化物がおすすめ。

2)消化しやすい

消化にエネルギーをとられると眠くなってしまいます

3)食べやすい

短い時間で食べますから食べやすいこと休憩時間は20分程度。前の授業が長引いたり、次の授業のテスト準備をしていると食べる時間は5分位のことも。

4)手が汚れない

唐揚げなど手がベタベタする油物はNG。手を洗いに行く暇はないかもしれませんしテキストがよごれます。

5)量は少なめ

手をかけたお弁当を持ってくるお子さんもいるかもしれません。でも塾で食べるお弁当は少なめの方が勉強に集中できます

休憩時間にたくさん食べるとその後眠くなってしまいます。

あまり食べないほうが頭は働きます。

 

エジソンがあまり食べなかったのは有名です。

トースターが売れるように1日3食をすすめたそうですが^^

少食の理由は「食べないほうが頭が働くから」ということでした。

 

おすすめメニューとレシピ

1おにぎり

おにぎりを基本にしましょう。

シンプルな塩むすびから炊き込みご飯まで。おかずをおにぎりの具にしてもいいですね。

 

2フルーツポンチ

果物は糖分とビタミンがいっぱい。また、果物はそれ自体酵素を含んでいるので消化に全く負担がかかりません。

白玉かお団子を入れると満足感があります。

家に帰る頃にはまたお腹ぺこぺこ。夕食の取り分けを食べさせましょう。

3おうどん

夏は冷やしでさっぱり食べやすく、冬は暖かいつゆをポットで持たせましょう。

 

3)夜食のポイントとおすすめレシピ

夜食のポイント

  • タンパク質・野菜を補給
  • 暖かく体をほぐすレシピ

塾弁でとれなかったタンパク質と野菜を。また欲しがるようなら少しごはんなど炭水化物も。

夕食を一人分取り分けておきましょう。

また暖かいポトフやシチューすいとんも血行を良くし、体がゆるんでおすすめです。

 

 

2心の栄養

1)緊張をほぐす会話

塾では勉強に集中して、脳がフル回転。帰宅してもまだ脳の緊張状態は続いています。

緊張をほぐし、ストレスを発散させるのは家族、特にお母さんとの会話です。

夜食をとりながら、子どもがほっとできるようにおしゃべりに付き合ってあげましょう。

2)国語力の基礎

また、親にその日あったことを話すのは、自分の感情を味わい開放するという情緒的な発達のためだけでなく、国語力を伸ばすというおまけもつきます。

相手に受け入れてもらいながらその日にあった出来事を要約する、組み立てることは国語力の基礎。毎日の経験が底力になります。

*その日に学習したことを親に教えるのも各教科にはとても効果があります。でもそれは食事が終わってから。

 

3)食事をストレスの場にしない

女の子 高学年

塾のテストの結果について詳しく聞いたり、励ましたり叱ったりするのは食事が終わるまで待ちましょう。

もし塾で苦労していたら、家でも苦労することになって子どもが生きる場所がなくなってしまいます。

勉強が大変そうなら一緒に復習してあげましょう。自分でやれる子の方が少数派です。

 

✔塾弁と記念日が重なったら

誕生日・クリスマスイブも塾には関係ありません。お弁当にはミニカード「おめでとう、お家でお祝いしよう、頑張って^^」といったメモを入れてあげましょう。

お誕生日おめでとうのキャラ弁を作ってあげてもいいのですが、時間が足りなくて

家で食べることになりそうです。

 

後記

家で食べる夜食をメインにして、塾弁は脳への糖分補給に徹しましょう。

夜食を食べながら、その日やったこと感じたことを自由に話させて心にも栄養補給を忘れずに。

勉強が思うように進まないといらいらしますが、親が一緒に復習してあげて解決していきましょう。大事なのは心の成長、それから知的な成長です。

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

こちらもどうぞ

-いつでも(1年中)

Copyright© はなずライフ , 2017 AllRights Reserved.