『老後破産しないために』~夫婦で月13万円シニアはドケチであれ!

更新日:

経済評論家、森本卓郎さんの『老後破産しないために、年金13万円時代でも暮らせるメタボ家計ダイエット 』 (扶桑社BOOKS新書)。

帯には「貯蓄6000万円でも『破産』する!」と恐ろしい文句が。

 

なかなかすごい本でした。

老後、シニアはドケチであれ!というテーマ^^

ここでは、印象に残った点をご紹介、モリタク流13万円生活の予算も引用しています。

Sponsored Links

年金は月13万円になる

森永卓郎さんによると、将来は

70歳まで働いて月々18万円の年金をもらう

もしくは

65才で引退して13万円の年金をもらう」

という二者択一になりそうなのです。

 

70歳まで働いて...というのは年金はもらわず厚生年金を払い続けてという意味です。

もし会社が70歳までやとってくれなかったら?

夫婦二人で年金が13万円!いったいいくら貯金したら十分なの?

 

メタボ家計をスリム化せよ

低糖質ダイエットで4か月19.9kg減量に成功した森永さん。その体験を家計のダイエットにあてはめます。

家計をスリム化するために、食費などの変動費を大カット(糖質制限?)。

シニア2人家庭の食費として、月2万円。外食費込みなので共働きの夫婦だとちょっと考えられないくらい少なめですね。

 

驚くのは、森永さんが(平日は自炊)買い物すると、食費は1週間1500円ですむということ!え、え、え?

低糖質ダイエットでは肉や卵など動物性たんぱく質を積極的にとります。

スパゲティなどの炭水化物を摂りませんから、肉などで結構食費は高いはず。私も以前挑戦したとき、2日分の買い物で軽く3千円突破してびっくりしました。

でも森永さんはさすが経済評論家(またはケチ^^)。スーパーには閉店前に行く、など安くすませる強い意志と工夫があるんです。

 

幸せとは、したいことがあること

さて、老後破産しないための数々のアドバイスのあとで、森本さんが投げかけた質問は、これ。

「『生活の不安』がなくなったら、何をしたいですか?」

ここが、はっきりしない人は、お金について

「漠然とした不安に駆られ、必死に節約に励み、貯金額を増やしてみたけれど、結局、老後の不安はなくならなかったということにもなりかねません。」

 

好きなことがあって、自分が求められる場所、役に立つ場所があることが幸せ感を作る。それなしだと不安ばかりで満足できないんですね。

 

目標設定だけではつらい

なんだか身につまされました。

ちょっとずれますが、目標設定で同じようなことってないですか?

たとえば私は自営業なので、来月は「○○円」稼ぐ、などど目標設定することがあります。

すると、仕事をするのがいやになるんです。目標額が手に入っても「当然」という感じでうれしくないし、来月はだめかもとか先のことばかり心配したりします。

無理に目標を追いかけるより「何とかなるさ」と力を抜いて、お金を稼ぐプロセスを楽しむほうがずっと幸せで、お金も何とかなります。

 

森永さんが言っているのも、家計をスリムにして、生きていることを楽しもうということなのだと思います。*ご本人も、ペットボトルのキャップを集めたり、かなり人生を楽しんでいらっしゃいます。

 

リタイアした後、お金が少なくても幸せに生きる

このあと、森永さんは、森永さんらしく^^お金のかからない趣味を提案されていました。

Sponsored Links

シニアはドケチであれ!

結論は、シニアはドケチに生きようということ。

森本さんにとって「どけち」はほめ言葉。本当にけちなんです。

暖房費節約のために、窓にプチプチ(緩衝材)を貼っている方もいらっしゃるかと思いますが、プチプチってホームセンターで買いませんか?

森永さんは、宅急便の詰め物のプチプチが大きかったら、それを窓に貼るそうです。大きさは不ぞろいで見た目が悪いですよね。何だか恥ずかしいですが、そんなことではお金は貯まらないんですね。

・また、シニア夫婦の13万生活では、被服費と日用品の予算は月5千円です。「着るものはフリーマーケットでほとんどただで手に入ります」とのこと。

・・・きれいな似合う服が着たいんですが。

月13万円の予算とは

ドケチに暮らすとはいいながら、娯楽・交際費は、夫婦二人で月4万円確保。

使うところには使います。

モリタク流「月13万円」の予算
【固定費】
住居費    3万円
水道光熱費  1万円
医療費     0円
交通・通信費 1万円
保険料    1万円
その他    5千円
【変動費】
食費     万円
被服・日用品 5千円
娯楽・交際費 万円
計     13万円

~『老後破産しないために、年金13万円時代でも暮らせるメタボ家計ダイエット 』 (扶桑社BOOKS新書)から

 

ご自分にあてはめて計算なさってみてください。

わが家は賃貸。好みにうるさい猫もいます。期限切れ間近のペットフードは食べてくれないかもしれません。これは困った!

終わりに

特に会社の経営者というわけでもないけど資産を持つ人たちは、とてもケチな人が多いように思います。

愛読している「どケチ」ブログの方は、一人暮らしですが食費が月に4千円以下。資産は1億以上。海外旅行にも行かれています。

やっぱりメリハリ予算をめざして、リタイア生活を楽しまねば。

個人的におもしろかったことばかりを書きましたが、本には有益な情報がたくさん書いてあります。

興味を持たれたら図書館などでお探しください。ドケチで行きましょう!

Sponsored Links

LINEで送る
Pocket

こちらもどうぞ

-ライフスタイル

Copyright© はなずライフ , 2017 AllRights Reserved.