お花見の一品持ち寄り!残らないコツと簡単レシピ

お花見まで、もう少し。嬉しいですね。

でも、お料理にまだ自信がないと、ちょっと気が重い。

それに、持って行った料理が残っちゃったらどうしよう。恥ずかしい…。



初めてのメンバーだったり、気になる彼がいるようなお花見だと、どんなレシピにしたらいいか、どうしたら残らずに皆に食べてもらえるか、心配になりますね。



ここでは、一品持ち寄りのお花見で、

料理が残らないコツや、簡単に用意できて、みんなに喜ばれる一品のレシピをご紹介します。

皆が「あ、おいしい」と食べてくれますように!

Sponsored Links




1他の人とかぶらないために


親しい人たちとのお花見なら

メルアドを交換するくらい親しい間柄なら、何を持っていくか打ち合わせしましょう。

お花見持ち寄りのメニューは、大きく分けると
  • メイン(からあげ…)
  • ご飯もの(ちらし、ピラフ…)
  • つまみ(チーズ、ポテトサラダ…)
  • デザート(ケーキ、プリン…)
  • 飲み物
お料理にまだ自信がないなら、ご飯もの、つまみ、デザート、飲み物に名乗りをあげましょう。

もし、意中の彼がいる時は「飲み物だけ」はやめておきましょう^^

他の人が何を持ってくるかわからない時

人数が多かったり、初めて合う人達が多いと、打ち合わせができませんね。

幹事さんに聞けたらいいのですが、よく知らない人ということも。

その時は、みんなが軽くつまめそうな「つまみ」にしましょう。



それでは、まず「残らないためのポイント」をお伝えしますね。

それから、「喜ばれる人気のつまみレシピ」から、簡単なものをご紹介します。

2残らない!コツ

他の人とかぶらなくても、お料理が残ることはあります。

特に腕自慢の女子が多いと^^

そこで、手を伸ばしてもらうコツは
  1. 小分けにする
  2. 見た目をきれいに食欲を刺激
  3. 人数から数を決める
  4. 大きい菓子箱に入れる
では、1つずつ見ていきましょう。

1)小分けにしよう!


  • 食べやすい
  • こぼれにくい
  • 量が少ないので気軽に手を伸ばせる
お花見では、

取り皿は紙皿になりますが、紙皿ってバランスが悪くてこぼしやすいですよね。

お酒も入ったりすると、大きいスプーンやはしでの取り分けも面倒です。

小さいプラカップを使いましょう。


食べやすい
カップを持って食べられるので、食べやすいです。

直径6~7cmくらいが一番いいようですが、食べ物によって加減なさって下さいね。

☆紙コップをカットしても!

紙コップの上が、直径7cmくらいです。

紙コップを上手くカットでしたら、ちょうどよい入れ物になります。ただ、きれいに切るには、ちょっと練習が必要かも。
気軽に手を伸ばせる
さて、小分けの効果はそれだけではありません。

お腹がいっぱいになっていても、ほんの少しなら「食べてみようか」という気になるからです。

残りそうになって、「どうぞ」と勧めたときにも、相手に負担を与えないで気軽に取ってもらえそうですね。
*ピックを用意
食べ物なので、衛生面にも気をつけましょう。

カラフルなピックを用意しておきましょう。

また、食べ物によってはカップのふたも。乾燥しやすいものなどに効果的です。

2)きれいな見た目!食欲を刺激

お料理は味が大切ですが、まずは見た目。

きれいな見た目で、食べてい気持ちになってもらいましょう。

ポイント
  • 詰め方
-1色

お料理に、赤・緑・黄色が入っているととてもきれいに美味しそうに見えます。

カップの中に煮込みハンバーグ。
人参とブロッコリーを入れるときれいです。

ブロッコリーやミニトマト、うずらの卵は、何に入れてもきれいに見せてくれます。

ー2詰め方

煮込んだ料理など汁物は、カップにギチギチに詰めすぎないで。

・・・持っていく途中でこぼれやすいだけでなく、スペースがある方がきれいです。

ほかのおつまみは、少しはみ出すくらいが、おいしそう。

3)数を決める

用意するのは、
  • 10人までは人数分
  • 10人を超えたら、10人分だけ
メンバーが10人以上だと、島を作って別れて座る可能性もあります。

となりのグループには、料理を回しにくくなります。(回せたら回しましょう)

残るよりも、「あれぇ、食べたかったな」の方がいいですね。

4)大きい菓子箱が役に立つ!

大きい菓子箱がいいのは、
  • みんなに回しやすい
  • 手触りがいい
  • そのまま捨てたり、形を崩して持ち帰れる
から。

なんだか残りそうなときには、菓子箱のまま、まだ食べていない人、食べられそうな人に回します。

それに、紙箱は、タッパーより手触りがいいですね。

触る人の気持ちに影響しそうに思われませんか^^

*カップやピックを入れた後、紙箱に隙間ができたら、紙ナプキンなどでうめましょう。

また、紙箱は、帰りに捨てる場所があったら捨てられます。

もし、持ち帰らないといけなくても、紙ならつぶして運ぶこともできます。

3お料理が苦手でも簡単でおいしいレシピ


1)ご飯もの


ちらし寿司
寿司ご飯は、昆布だし入りすし酢を分量通りにいれて、いりゴマ(白)を混ぜたら出来上がり。



カップに入れ、いくら・ゆでエビに、ブロッコリー、ミニトマトなどをトッピング。

余裕があれば、ご飯の真ん中に鶏ミンチを甘辛く煮詰めたものをはさむと、食べる人は、ちょっと嬉しい。

もっと簡単にするなら、具入りの「すし太郎」などを使えば、トッピングだけで出来上がり。

カレー・ピラフ
カレー味は、結構人気があります。

ピラフは、ミックスベジタブルとウィンナー、エビなどを炒めてご飯と同じに炊くだけで簡単においしくつくれます。

もし、失敗したら、冷凍ピラフを買っておいて、そちらを使いましょう。



決め手はトッピング。

カップに入れて、ミニトマト半分、ブロッコリー、うずらの目玉焼きを乗せたらかわいくておいしそう!

目玉焼きが失敗したら、ゆでたまごで大丈夫。

卵とカレーって味が合いますよね^^




2)おつまみ

ピンチョス
小さく切ったパンなどに、ちょこっと食べ物をのせて、楊枝やピックでとめるピンチョス。

お花見などのパーティに、明るくてかわいくてぴったりです。


↑ズッキーニに炒めたハムをのせてオリーブでしめる!
ハンバーグが好きなのは子供だけじゃない。


ちくわキュウリ
AC
シンプルなのに、いつもおいしい。

こんなの恥ずかしいと言わないで。これも人気があります。

これだけだと、あんまり手抜きに見えるので、ピンチョスなども持って行きましょう。


枝豆
ピックにさすと食べやすくてきれいです。超かんたん。
きゅうりのスモークサーモン巻き
きゅうりを1/6くらいの太さにカットして、スモークサーモンで巻きます。

カップに斜めに入れて、少しはみ出す位の長さで。

楊枝などでとめましょう。

簡単ですごくおいしいです。他に、やまいもを巻いても。
ウィンナーなど串刺し
例:あらびきウィンナーを炒めて、うずらのゆで卵、燻製チーズ

例:わさびかまぼこ、きゅうり


カプレーゼ
トマトとモッツァレラチーズにバジルの葉っぱ、黒胡椒とオリーブオイルがあれば出来上がり。

きれいでおいしいですよね!

でも、きれいに盛りつけても、持って行く間に崩れてしまいます。

色合いがきれいになることにだけ気をつけましょう。

バジルの葉っぱがなかったら、バジルソースでも。

Sponsored Links

3)デザート

女子がすごく多いお花見なら、珍しいスイーツを買っていきましょう。

男子は、ランキングによると

1チーズケーキ
2ショートケーキ
3チョコレートケーキ

とふつうの定番が好き。

男子が多かったら、凝らずに甘さを控えた、またはふつうに甘いものに。
ティラミス
ブランデーに浸したスポンジケーキとマスカルポーネ・チーズを交互に重ねて、ココアパウダーをかけるだけでできるティラミス。

ビスケットをコーヒーに浸しても、ビターな感じでいいですね。


プリン
男子が好きな定番。

プリンの素で作って、そのままのものとコーヒー入りのものにして、マシュマロを入れましょう。

女子にも喜ばれます。





それでは!ここまで御覧いただいて、どうも有難うございました。

・お昼のお花見なら、朝から準備ができて、おいしい状態で一品を持っていけますね。

・夕方からなら、10時間以上後になるので、なま物やサラダは避けたほうがいいでしょう。



スモークサーモンはほぼ大丈夫ですが、チーズなどを使ったら、会社の冷蔵庫に入れたり、外に出しておいたり(北側の寒いところに)工夫なさって下さい。



お花見の頃の夜は、寒いです。

地面は、顔の高さ1.5mの所より5℃位低いとか。ストールなどで防寒なさって下さい。
楽しいお花見になりますように^^

Sponsored Links

 

シェアする

フォローする